【ドライフラワーの飾り方】おすすめドライ8つを画像とともに厳選紹介

投稿日:

ヨコヤム
季節を問わず飾れるインテリアといえばドライフラワー!リビングやダイニング、廊下や階段など飾る場所を選ばないうえ、水やりなどの手間も必要ないのがドライフラワーの最大のメリットです。今回は、我が家を例におすすめのドライフラワー8選と飾り方をご紹介します。
ただし……わたしは可愛くて華奢な花よりも、ワイルドで存在感のある花が好きなため(笑)好みが合わない方もいらっしゃるかもしれませんが……悪しからず!
ヨコヤム

ドライフラワーは最高のインテリアアイテム

アイアンラックにハンギングしたドライフラワー

「グリーンインテリア」や「インドアグリーン」とも呼ばれるように、観葉植物や多肉植物は今や定番のインテリアアイテムとして認識されていますよね。

ここ数年で人気が増した塊根植物やハーバリウムをはじめ、今回ご紹介するドライフラワーも、その仲間入りを果たすアイテムだと思います。

ドライフラワーの3つの魅力

そんなドライフラワーの最大の魅力は下記の3つではないでしょうか。

「ペットを飼っているため植物を置きにくい」「小さな子供がいるので植物の置き場所に困る」という方でも、ドライフラワーであれば飾りやすいと思います。

ポイント

  • 枯れる心配がない
  • 水やりなどの手間が掛からない
  • インテリアに馴染ませやすい

インテリアに合うドライフラワーの選び方

ヴィンテージの漁船ランプにドライフラワーを入れてみました

ヴィンテージの漁船ランプにドライフラワーを入れてみました

インテリアアイテムとしてドライフラワーを選ぶ際は、家具や部屋全体のカラートーンに合わせるのがポイントです。

ヨコヤム
床の色が濃く、オークやウォルナット調の色味で家具を統一している我が家では、「どちらかと言うとシャビーで暗めの色」が合います。

反対に、パイン材やヒノキなど明るい色味を基調とした空間には、鮮やかな花や緑との相性が抜群です。

おすすめのドライフラワー8選と飾り方

ドライフラワーは、スワッグとして売られているものを飾って楽しむのはもちろん、様々な種類をミックスしながらアレンジをして見せ方を変えてみるのもおすすめです。

ここからは、我が家での飾り方を例におすすめのドライ8選をご紹介します。

おすすめ1. バンクシア

枝ものと一緒にディスプレイしたバンクシア

枝ものと一緒にディスプレイしたバンクシア

生花でも人気のバンクシア。一口にバンクシアと言っても、その種類は実に豊富です。

ヨコヤム
わたしが好きなのは、スライスしたバナナを焼いたような?形をしているバンクシア。

おすすめ2. アーティーチョークとプロテア

キングプロテアとアーティーチョーク

手前に見えるのが「プロテア」奥に見えるのが「アーティーチョーク」です

◎◎ アーティーチョーク・ミニ N(ナチュラル)(約3本)【ドライフラワー】【ドライ】【花資材】【花材】【EARTHMATTERS】【ハーバリウム】【dry】【大地農園】

画像は、存在感のある見た目が人気の「キングプロテア」と、プクッとした可愛らしいフォルムとトゲトゲしさが特徴の「アーティーチョーク」です。

プロテアは一つあるだけでパッと華やかになるため、同じ種類を2〜3個束ねて飾るのもおすすめです。

おすすめ4. パームボート

パームボートは、ヤシの葉の外皮のこと。大小さまざまあるため、サイズによって使い分けするのが良さそうです。

2メートル前後にもなる大振りサイズは、店舗装飾に使われたり照明としてアレンジされることもあります。

おすすめ5. 石化月見草

石化月見草は枝ものドライと一緒に飾っています

石化月見草は枝ものドライと一緒に飾っています

平たい麺のような形をしているのが「石化月見草」。茎が帯状に変化することで、こう見えるそうです。

ヨコヤム
我が家では、2メートル近くあるものをチョイスし、枝ものと一緒にディスプレイしています。

おすすめ6. スモークツリーと雲龍柳

花木 庭木の苗/スモークツリー:リトルルビー4号ポット

先程ご紹介した「石化月見草」と一緒に映っているのが、「スモークツリー」と「雲龍柳」です。

生花で購入したあとドライにするのもおすすめ。他のドライと組み合わせやすく、アレンジしやすいのが特徴です。

おすすめ8. シーブッシュ

バンクシアで出来たの花器にシーブッシュを挿しています

バンクシアで出来たの花器にシーブッシュを挿しています

「海辺によく落ちていそうな枝」という見た目をしたシーブッシュは、シンプルに花器に挿すだけでも意外と絵になります!

おすすめのドライフラワーと飾り方まとめ

生花と違いドライフラワーは、吊るす、挿すとディスプレイの幅が広く、インテリアに馴染ませやすいのが人気の理由だと思います。

好きなものを組み合わせて自分でスワッグにするのも楽しいですし、生花をドライにして数を増やしていく工程もまた、楽しみの一つだと感じます。

「種類があり過ぎてどれを選んで良いか分からない」という方は、ぜひこの記事を参考に、お気に入りのドライを見つけてみてください!

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 3

家具のサブスクリプションサービス全6社「サブスクライフ」「クラス」「エアルーム」「スタイリクス」「kaggレンタル」「フレクト」の特徴や料金、サービスを徹底比較。実際にレンタルしたサブスクライフのレビューも含め、レンタル家具のメリットデメリットをまとめています。

-収納とインテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.