yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





ヘビーデューティーなルックスが魅力。LYON(リオン)社のスチールロッカーがかっこいい!

この記事をシェアする

不動の人気LYON(リオン)ロッカー


インダストリアルなインテリアや、ヴィンテージアイテムに興味のある人には、言わずと知れた人気アイテム「LYON(リオン)ロッカー」。中古市場にあまり出回らないことからしても、人気のほどが伺えます。

旭川area23で見つけたLYON(リオン)社のスチールロッカー

スチールロッカーのパイオニア LYON(リオン)


スチールロッカーのパイオニアとして知られる、アメリカのLYON社は、1901年創立の老舗メーカー。現在も、学校什器などを製造しています。

複数使いで抜群の存在感


日本製のロッカーにはないカラバリや、細部のデザインが人気の秘密。ドアのデザインは「ダイヤカット」or「ルーバーカット」の2種類で、2ドアタイプもしくは5ドアタイプが定番人気。

スチール製なので、耐久性があり、長く使えることにも定評があります。 

本棚や下駄箱に

ダークトーンで無骨な印象のロッカーですが、色使いによって雰囲気はぐっと変わります。ロッカーを並べて置くときは、ダイヤカットとルーバーカットを混ぜて使うのも◎

ハーフロッカーに天板を載せれば、机に早変わり!デスクとして使うのはもちろん、収納ボックスをスタッキングしたり、ディスプレイスペースにも出来て◎ 子供の学習机としても良い気がします。 

BISLEY(ビスレー)やASPLUND(アスプルンド)も

イギリス ' BISLEY '

ロッカーと言うより、キャビネットが一番人気(たぶん)のBISLEY(イギリスのスチールファニチャーメーカー)。カラバリも豊富なので、インテリアに合わせやすいのが◎

同じロッカーでも、LYONとはまた違う雰囲気。「LYONよりBISLEY派」というファンも多いです。

ASPLUNDのESSEN(エッセン)シリーズ

1950年代のヴィンテージスタイルを再現したESSEN(エッセン)シリーズ。BISLEYに比べると、LYON社寄りのデザイン。個人的には濃いグレーが好み!

おわりに
空間の雰囲気をガラリと変えてくれる&インテリアとしても優秀なロッカー収納。長く使うことで出る「味」も、ロッカー使いの楽しみかと。わたしも始めます、ロッカーライフ!

RECOMMENDこちらの記事も人気です