素人でも受かる⁈ ライフスタイルリフォームアドバイザー資格に挑戦!

投稿日:2018年3月26日 更新日:

ヨコヤム
2016年に新設された民間資格「ライフスタイルリフォームアドバイザー(LSRA)」の取得に挑戦したわたし。素人でも受かるのか不安でしたが……無事合格!この実体験をもとに試験の難易度や流れについてご紹介します。

ライフスタイルリフォームアドバイザー LSRAに合格

ライフスタイルリフォームアドバイザー(LSRA)合格通知書

まだまだマイナーな資格だとは思いますが(笑)2018年3月、「ライフスタイルリフォームアドバイザー(LSRA)」という資格試験に合格しました!

ライフスタイルリフォームアドバイザーとは

ライフスタイルリフォームアドバイザーとは

ライフスタイルリフォームアドバイザーは、一般社団法人・輸入住宅産業協会による民間資格で、2016年に新設されたもの。
リフォームやマーケティングに焦点を当てた資格で、住まいやリフォームに関心のある人なら誰でも挑戦できます。

LPS ライフスタイルプランナーの姉妹資格

既にあるLPS(ライフスタイルプランナー)の姉妹資格という位置付けで、「輸入住宅でのリフォーム&リノベーション分野のニーズ開拓・提案に特化したもの」でもあります。

一般社団法人・輸入住宅産業協会が認定する、リフォーム市場に期待される新たな人材を育成する資格制度。

これからのリフォーム市場に欠かせない専門性を持ったマーケティングが実施でき、性能や機能だけでなく、ライフスタイルやインテリアから始まる豊かな暮らし方を提案できる人材が求められています。

既存住宅の流通からリフォームに欠かせない設備、コンサルティングやプレゼンテーションなど、リフォームアドバイザーに欠かせない基礎知識が学べるカリキュラムが構成されています。

LSRAは何に役立つの?

ライフスタイルリフォームアドバイザー(LSRA)の試験会場

この資格があれば○○できるというものではなく……取得して得することがあるの? と聞かれるとわたしもハテナです(笑)

既に住宅業界で働いている方が、研修やセミナーの一環として取得しているような気もします。が、「取っておいて損はない」と思います。

試験の流れと難易度

1. 受験申込みから試験日まで

ライフスタイルリフォームアドバイザー(LSRA)ライフスタイルリフォームアドバイザーのテキスト

申込み後3日以内に、下記の2つが自宅に届きます。後述しますが、試験前はこの2つを使って予習します。

  • ライフスタイルリフォームアドバイザー(テキスト)
  • LSリフォームアドバイザー資格模擬試験問題集

2. 試験当日

試験は1日で終わります。はじめに4時間の講座があり、そのあとに筆記試験が行われます。

  • 受験対策講座(約4時間)
  • 試験(約1時間)マークシート25問&400文字の小論文

3. 試験の難易度

難易度は「簡単」だと思います(笑)

事前に送られてくる「LSリフォームアドバイザー資格模擬試験問題集」には回答が載っていませんが、輸入住宅産業協会のサイトで閲覧可能なライフスタイルプランナーハンドブックを読み込めば答え合わせが可能です。

【試験対策】事前に3時間の予習をすれば大丈夫

ライフスタイルリフォームアドバイザー(LSRA)資格模擬試験問題集

わたしの場合ですが、受験を申し込んだのが試験日1週間前だったため、テキストが届いたのは試験のほぼ直前。

前述の通り、回答のない問題集を解いたあと、ライフスタイルプランナーハンドブックを閲覧しつつ、回答であろう箇所を読み込んで、分からないところはメモをしておきました。

試験当日は4時間の講座で復習

試験の前に行われる約4時間の講座は、事前に配布される「LSリフォームアドバイザー資格模擬試験問題集」を元に進められます(この講座をしっかり聞いておけば大丈夫!)

受験して思うこと

リフォームやリノベーションに興味のある方であれば誰でも合格できそうな資格ですが、トライしてよかったと思っています。

何より、4時間の講座が面白かった!講師の方(普段、設計士をされている方でした)の説明は、ド素人のわたしにも分かりやすい内容でとても勉強になりました(ブログにも活かせますし!)

おわりに

受験後の自己採点でミスは1問だけだったので受かるはずと思ってはいましたが「おめでとうございます」の通知を見たときは、やっぱり嬉しかったです。

まだまだ小さな一歩ですが、これからはブログを書くだけでなく、活動の場を少しづつ広げていきたいと思ってます!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-ライフスタイル
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.