ニトリEXPRESSエクスプレスの次はデコホーム。同じニトリで何が違う?

投稿日:2019年2月24日 更新日:

2020年までに道内初の札幌出店

「都市部での新業態(小型店業態)」として、首都圏などで既に出店してるニトリ デコホームが、いよいよ札幌(地方)に出店というニュース。

小型店舗の売り上げが好調⁈

全国に500を超える店舗数のニトリ。売上高も右肩上がりで、増収を牽引するのは関東の店舗なんだとか。

本来のニトリに加えて、ニトリEXPRESS(エクスプレス)やデコホームの出店を増やしていることも、関係しているのでは?と思います。

既存ニトリとの差別化

63店舗目となるトレッサ横浜店(2018年3月オープン)では、デコホーム初めての試みとして

  • 店名から「ニトリ」を取る
  • ロゴカラーを変更
  • 店舗デザインも一新

したそう。これはかなり大きな変化ですよね。

ニトリとの差別化を図るデコホーム

出典:デコホーム

 

実際「ニトリEXPRESSとデコホームは何が違うの?」と、その違いがイマイチ分かりにくいという方は多いハズ。

ニトリEXPRESSとデコホームの違い

今のところ一番違うのはオリジナル商品の有無だと思います(たぶん)

  • 店舗の立地&広さはほぼ同じ
  • 大型家具以外の身近なアイテムが中心

どちらも、利便性の良い立地に店舗があり、買ってそのまま持ち帰られる商品展開が中心。

大型店・ニトリにもあるアイテムを厳選した商品展開のニトリEXPRESSと、それに加えてPB(オリジナル)商品も扱うデコホームという感じでしょうか。

女性を味方に

ファミリーがターゲットのニトリですが、生活雑貨やインテリアに関しては主に「女性」が中心になりますよね。

女性ウケするPB商品の開発に力を入れるハズですし、SNSの影響も受けて、デコラティブな商品の展開や、写真映えするアイテムの販売も増えていきそう。

オリジナル商品もある『デコホーム』

出典:デコホーム

出店エリアにもよりますが、

  • 大型家具や定番アイテムは大型店舗のニトリ
  • 季節やトレンドを意識したアイテム探しはデコホーム
  • 手軽に買い物を済ませたいときはニトリEXPRESS

という具合に使い分けできれば「ニトリ」の存在感はさらにUPしそうです。

おわりに

札幌出店は2020年までにとのことですが、冬季オリンピック・パラリンピック(2026年)の招致や、北海道新幹線の延伸を見据えた再開発が活発な札幌なので、出店エリアは当然、札幌駅周辺になるのでしょうか。

ニトリEXPRESS・1号店オープン(札幌)と同様、デコホーム札幌初出店の際も、取材に行ってみようと思ってます。お楽しみに!

注目記事

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー兼フリーライターのヨコヤムヤムです。2012年ファッション系広告代理店を経て東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベの体験をもとに住まいやインテリアに関するお役立ち情報を発信しています。

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.