【ダッチインダストリアルのある暮らし】フリソクラマーの名作チェア

投稿日:

ヨコヤム
オランダを代表するインダストリアルデザイナーといえば「フルソクラマー」。ダッチインダストリアルに代表されるコンパスレッグの椅子は、フリソクラマーによるリザルトチェアやリボルトチェアが特に有名です。
この記事では、わたしも好きなフリソクラマーの名作チェアについてと、実際に我が家も使用しているフリソクラマーのスツーツをご紹介したいと思います。
ヨコヤム

ダッチインダストリアルとは

オランダを代表するインダストリアルデザイナー「フリソクラマー」

フリソクラマーのリザルトチェア

「オランダ」を意味する「Dutch(ダッチ)」に、インダストリアルをくっ付けたこのワードは、「オランダ生まれのインダストリアル」を指すインテリアスタイルの一つ。

そして、ダッチインダストリアルの代表格といえば、オランダで活躍したデザイナー「Friso Kramer(フリソクラマー)」です。

「フリソクラマー」はオランダを代表するインダストリアルデザイナー

フリソクラマーは、インダストリアルデザインを得意分野とし「ダッチデザイン」と言われる中でも一際その存在を確立しています。

オランダの家具メーカー「Ahrend(アーレンド)」社で活躍し、「リザルトチェア」や「リボルとチェア」など、今もなお愛される名作チェアを世に送り出しました。

名作「Result Chair(リザルトチェア)」と「Revolt Chair(リボルトチェア)」

  • オランダFriso Kramer(フリゾクラマー)デザインのリザルトチェア(Result Chair)
  • オランダFriso Kramer(フリゾクラマー)デザインのリボルトチェア(Revolt Chair)

1文字違いでややこしいリザルトとリボルト。

二つの椅子は、フリソクラマーとウィムリートフェルトによってデザインされた椅子で、1950年代に発表されました。

オランダミッドセンチュリーの象徴「コンパスチェア」

出典:galvanitas

V字に開いた椅子の脚が特徴的な上記の椅子は、通称「コンパスチェアまたはコンパスレッグ」とも呼ばれます。

フリソクラマーによるリザルトチェアをはじめ、他にもダッチデザインとして有名な「GALVANITAS(ガルファニタス)」などがあり、これらの椅子は1950〜1960年代当時、学校や公共機関など多くの場所で使われていました。

コンパスレッグが魅せるインダストリアル

コンパスレッグが魅せるインダストリアル

フリソクラマーのドラフティングテーブル

上記は、製図用のデスクとして作られたドラフティングテーブル。

こちらもフリソクラマー&ウィムリートフェルトによるデザインです。

リザルトチェア同様、コンパスレッグのフレームがなんとも素敵ですよね。天板の高さと角度も調整できます。

名作「リザルトチェア」がHAY(ヘイ)により復刻

名作「リザルトチェア」がHAY(ヘイ)により復刻

HAY(ヘイ)により復刻されたリザルトチェア

ヨコヤム
2017年、フリソクラマーによる名作椅子「リザルトチェア」が、HAY(ヘイ)により復刻するという嬉しいニュースが発表されましたよね!

「HAY(ヘイ)」は、2002年に設立されたデンマークのインテリアブランド。IKEA同様、日本でも人気があります。

そんなHAYが、2017年にリザルトチェアを復刻したというニュース。

製作は、当時生産を手掛けていたオランダの「Ahrend(アーレンド)」社と共に行ったそうです。

ヴィンテージにも惹かれますが……復刻版が誕生したとなれば、そちらも気になります。

「HAY TOKYO」の店頭でリザルトチェアをチェック

「HAY TOKYO」でご紹介したリザルトチェアを実際に見られます。

復刻版が気になる方はぜひ、HAY TOKYOの店頭で実物をご覧ください。「スキーマ建築計画」が手がけた店内デザインも見ものです!

フリソクラマーの名作スツール

フリソクラマーの作品にはスツールも複数あります。

ドラフティングテーブルとセットで使うスツールから、背もたれのあるタイプまで何パターンかありますが、普通の椅子とは違い高さを変えられるスツールは実に便利!

ここからは、わたしが実際に購入したビンテージのスツールをご紹介したいと思います。

「置く」「座る」「飾る」の3パターンを使い分けできる万能スツール

フリソクラマーのヴィンテージスツール

2018年に購入したフリソクラマーのヴィンテージスツール

我が家に仲間入りしたフリソクラマーのヴィンテージスツールがこちらです。

コンパクトなサイズで持ち運びしやすく、場所を取らないうえにディスプレイにも使えるという万能っぷり。

今は、上記のようにボルネードの卓上ファンを乗せて使っています。

スツールはインテリアにも馴染ませやすく、座る以外の用途にも優れているため「ちょっと置き」にぴったりのアイテム。

「名作スツール」と聞くと、柳宗理の「バタフライスツール」や、アルヴァアアルトの「スツール 60」を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、人とカブリにくいオランダ生まれのフリソクラマーもおすすめです。

フリソクラマーの名作チェアまとめ

Friso Kramer(フリソクラマー)のテーブル&椅子

出典:Pinterest

ここ数年、静かに注目を集めている「ダッチインダストリアル」。

好みは大きく分かれますが、我が家のようなインテリアスタイルがお好きな方にはぜひ、チェックいただきたいプロダクトです。

ただし、実物を目にする機会は少ないため、購入はネットが良いかもしれません。

わたしのおすすめは「COLOR AND FORM」さん。

フリソクラマーをはじめ、コンパスチェアやインダストリアルな椅子が豊富です。気になる方はぜひ!

今月の人気記事TOP3

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【おしゃ家ソムリエおしゃ子】絶妙な突っ込みが癖になるインテリア漫画 2

2017年4月にこのブログでご紹介した「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」に関する記事を、2年以上が経った今、リライトを加えて再び公開します。何度読んでも飽きないおしゃ子の絶妙な突っ込みを、ぜひ皆さんにもお読みいただきたいです!

ベストバイ 3

ファンヒーターや加湿器の製造販売で有名なダイニチ工業から、2019年9月新しいハイブリッド式加湿器「LXシリーズ」が発売されました。ハイエンドモデルのため決して安くはないお値段ですが、「今年は本気で加湿する」というわたしの願いを見事叶えてくれた優秀アイテムをご紹介します。

-収納とインテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.