新築マンションを買うなら!オーダー家具はGNASH(ナッシュ)がおすすめ

投稿日:

ヨコヤム
そのオプション……ちょっと待った!新築マンションを購入する際、多くの人が「オプション追加」をしますが、そこには「中間マージン」が発生することをご存知でしょうか。そこで今回は、マージンがなく、日本製で永年保証付きというオーダー家具の「GNASH(ナッシュ)」をご紹介します。

新築マンションに必ずあるオプション販売会

新築マンションに必ずあるオプション販売会

新築マンションを購入する際に、必ず行われる「オプション販売会」。

このオプション販売会とは、キッチンの追加工事(カップボード造作)や、壁面収納の追加、設備のグレードアップなどをオプションによって変更することを言います(内容はマンションによって異なります)。

モデルルームで見学した通りの「仕様」を求める場合は、大抵このオプション追加が必要(モデルルームは贅を尽くした造りになっていますから(苦笑)

当然オプションのため、物件購入額とは別に追加料金が発生します。この制度は「日本のマンションディベロッパーあるある」な慣習の一つ。結論から言いますと……

新築マンションのオプションは割高

新築マンションのオプションは割高

新築マンションのオプション追加は割高です。

それゆえに「オプションとして購入すべきか悩む」とう方は少なくないはず。なかには、無料で対応可能な工事などもありますが、グレードアップする場合はそのほとんどが有料です。割高になる理由は主に二つ。

仕入れ価格の値上り
オプション追加による「諸経費」の上乗せ

キッチンや家具の仕様が標準であれば、大量発注できるため、仕入れコストの削減が可能ですが、仕様が変わるとなれば、そうもいきません。

また、仕様変更に伴う工事には「人件費」が発生します。

ディベロッパー(マンションを分譲する会社)とゼネコン(マンションを施工する会社)による工事の請負契約では、標準仕様の範囲が決められているため、グレードアップに伴う追加工事ともなれば、人件費や現場管理料が上乗せされてしまいます。

年間納品実績500件!GNASH(ナッシュ)のすすめ

GNASH(ナッシュ)は、群馬県に本社&自社工場を構える株式会社ジョイクラフトによるオーダー家具サービスのこと。年間納品実績はなんと500件にも及ぶそう!

オーダー家具「ナッシュ」の特徴とメリット

新築マンションの場合、オプションによって家具をオーダーする場合は「家具会社→ディベロッパー→マンション購入者」という構図で、中間マージンが発生してしまいます(これはどうしようもない……ですが、それゆえに割高)。

ナッシュは、直接取引のためマージンが発生しません。

ポイント

  • マンションのオプション価格より安い(20%~場合によっては50%安い場合も)
  • 中間マージンが発生しない
  • 支払いは納品完了後でOK
  • 永年保証サービス付き
  • 日本製(国内工場にて製作)

国内の工場にて、職人によって作られるため、品質にも定評があります(永年保証付きが可能なのは、自社製品に自信があるからこそ!)支払いも納品後なので安心です。

新築マンション購入時の家具製作はもちろん、注文住宅やリノベーションにも対応可能。

ナッシュの施工事例

  • GNASH(ナッシュ)の壁面収納
  • GNASH(ナッシュ)のロフトベット

壁一面の本棚、憧れるなぁ(笑)画像・右のロフトベットもいい感じです!

食器棚やカウンター収納など、キッチン周りは特に人気があります。

オーダー食器棚を買うならGNASH

オーダー家具の魅力

中古マンション購入&フルリノベーションした我が家も、一部のキッチン家具はオーダーメイドしています(ナッシュではないですが(笑)。

オーダー家具の良さは、素材やデザインにもありますが、何と言ってもサイズ感!幅や奥行きなど、どれも「ぴったり」に作ってもらえるので、収まりも使い勝手も抜群です。

対応エリアは首都圏のみ

対応エリアは首都圏のみ

残念ながら北海道は対象外。

対応エリアは首都圏(東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/群馬県/栃木県/茨城県)のみです。

また、ナッシュはウェブでの集客がメイン。こういう点も、価格を抑えられる理由のひとつですよね。

新築マンション購入時の家具オーダー、自宅のリフォームやリノベーション、住宅新築など「オーダー家具」にご興味のある首都圏の方にはぜひ一度チェックしていただきたいです!

\ GNASH(ナッシュ)の公式サイトを見る /
https://joy-craft.co.jp/

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-マンション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.