スケルトンリフォームって実際どうなの?メリット・デメリットを経験者が語ります

更新日:

ヨコヤム
スケルトンリフォーム(フルリノベーション)は実に面白いですが良いことばかりではありません。どんなメリット・デメリットがあるのかを充分に理解したうえで工事に挑まなければ、あとで後悔することも無きにしも非ずです……。その理由をヨコヤムヤムが解説します。

マンションのスケルトンリフォーム(フルリノベーション)とは

マンションのスケルトンリフォーム(フルリノベーション)とは

スケルトンリフォーム中の我が家

住居の内装や設備を取り払い、専有部のほぼ全てを丸裸=スケルトンにすることを指すスケルトンリフォーム。

設備の交換やクロスの張替えなど、部屋の一部をリフォームする工事と比べかなり大掛かりな作業になりますが、スケルトンにすることで間取りや水まわりの変更が可能になるため、リフォームの自由度は格段に高くなります。

スケルトンリフォームによって現る躯体や配管

壁も壊し、天井も剥がし、フローリングも全て撤去。こうすることで構造体を初めて知ることができます。

解体後はコンクリートの躯体が丸見えになるだけですが、普段は絶対に見られない場所!

天井や梁のクラックもこの時にチェックできます。ひどい状態のひび割れがあるのは怖いですが……(笑)

スケルトンリフォームのメリット

1. 自分たち仕様のカスタマイズが可能

自分たち仕様のカスタマイズが可能

スケルトンリフォーム後のリビング

住居を骨組みだけにするということは、住まいを一旦ゼロにリセットするということ。
ラーメン構造の場合は、室内の壁をほぼ全て撤去できるため、間取りを自由に作り変えることが可能です。

反対に壁式構造の場合は、取り壊しNGな壁があるのでご注意を。

キッチンを対面式やアイランド、ペニンシュラにすることも可能ですが、配管の関係で水まわりを動かせない、または床を少しだけ高くする必要がある、などの場合もあります。

2. 耐久性を高めることができる

スケルトンリフォーム(フルリノベーション)で樹脂サッシに交換

スケルトンリフォーム中のリビング

住居を丸裸にする機会なんてそうはないはず。不具合が出るたびに対処するよりも、一気に家全体の性能を強化するほうが、結果的にはコスト削減に繋がります。

築年数の古いマンションほど、スケルトンリフォームは効果的。
既存の断熱材を交換あるいは追加したり、二重窓へ変更することで断熱効果はかなりの差になります。

給排水管も同様。交換できるのは専有部のみになりますが、一度交換しておけば2〜30年は保つはずです。

3. 新築よりもお得に自分好みの家を手に入れられる

 新築よりもお得に自分好みの家を手に入れられる

SUUMOスーモマガジン「新築VS中古リノベ」に我が家が掲載されました

わたしが住む札幌も、今は新築・中古ともにマンションの価格が非常に高い!
ましてや人気の中央区エリア&地下鉄沿線・駅近物件ともなれば、3LDKで6,000万円なんて物件もざらにあり、1億円を超える物件も珍しくありません。

平均年収の低い札幌で6,000万円だなんて……。一般的な地元のサラリーマンには手が出ない価格です。

決められた間取りにそんな大金を払うなら(払えませんが(笑)わたしは自由にカスタマイズできるリノベーションのほうがいい!と早々に決意。

「中古マンションって大丈夫?」という漠然とした不安はありましたが、中古マンション購入&リノベーションを選んだことに、今は一ミリの後悔もありません。

スケルトンリフォームのデメリット

1. コストが掛かる

住居の解体にはコストが掛かります。廃材の処分費用も必要です。

また、解体作業が発生することで工期も長くなります。わたしたちの場合は1週間ほどでしたが、マンションの広さ、工事可能な時間帯、周辺環境によってはもう少し時間がかかる場合もあります。

2. 希望通り工事できるどうかは分からない

工事の自由度が高いスケルトンリフォームですが、だからと言って全てが思い通りになるとは限りません。

なぜならマンションは共同住宅だから!
マンションの管理規約は無視できないですし、勝手にリフォームしてはいけない部分があります(玄関やバルコニーなど)。

3. 追加工事が発生する可能性あり

追加工事が発生する可能性あり

スケルトンリフォームで知った床レベルの違い

解体してはじめて分かることもあります。
柱や梁に問題があった場合はその部分を修繕しなければなりません。そうなれば費用もかさみます。

あるいは、部屋によって床の高さが違う!なんてこともあり得ます。その場合は平らに均す工事が発生することも……。

そういうときのために、余裕のある資金計画をしておくことをおすすめします。

パートナー選びにも注意を

パートナー選びにも注意を

フルリノベーションする場合は、部分的なリフォームを得意とする会社ではなく、スケルトンリフォームの実績が多い会社を選ぶほうがベストです。

また、施主側もメリット・デメリットを充分に理解したうえで工事に挑みましょう。
管理規約の内容や管理組合との調整も出来る限り把握し、トラブルや失敗を未然に防ぐ努力を!

共同住宅ゆえ、工事中は特に隣・上下階に住む方々への配慮も必要です。

築浅物件の場合は要検討

築31年の中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたちですが、築浅物件を購入する方は、フルリノベーションの必要がない場合もあると思います。

築浅ゆえのポテンシャルを活かしながら、一部の機能追加やカスタマイズを選ぶことも賢い選択かと!

スケルトンリフォームまとめ

スケルトンリフォーム(フルリノベーション)は本当に楽しいです。
変わる前と変わったあとの両方を見られますから!

何もないところに家が建つことにも感動しますが、見違えるほど変化していく我が家を間近に見られる経験も良いものです。

中古マンション購入&リノベーションという住まいの選択が、自分たちにはピッタリだったと今こうして思えることに感謝しつつ、この体験とこのブログがどなたかのお役に立てればこれ幸いです。

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 3

家具のサブスクリプションサービス全6社「サブスクライフ」「クラス」「エアルーム」「スタイリクス」「kaggレンタル」「フレクト」の特徴や料金、サービスを徹底比較。実際にレンタルしたサブスクライフのレビューも含め、レンタル家具のメリットデメリットをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.