yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





合板(複合)フローリングは冷たい!買ってよかったLOWYA(ロウヤ)のラグで寒さ対策

この記事をシェアする

合板(複合)フローリングと無垢フローリングの違い


フローリングは主に、複数の薄い木板を接着剤で貼り合わせた「合板(複合)フローリング」と、天然木そのままの「無垢フローリング」に分かれます。

どちらも「木」には違いないですが、コスト/施工の手間/経年変化/メンテナンス方法は、それぞれ異なります。

合板と無垢木の見分け方


合板には、表面に突板(つきいた)もしくはシートが貼られているのをご存知ですか?

突板というのは、丸太を0.2mm~0.6mm前後まで薄くスライスもの。この薄い突板を合板の表面に貼るとこで、無垢木と変わらない見た目に加工できるんです。つまり化粧するということ。なので「天然木化粧合板」とも呼ばれます。

見た目には分かりづらい合板と無垢木ですが「断面」を見れば一目瞭然。

  • 無垢の断面:年輪が見えます
  • 合板の断面:張り合わされた木板が見えます

合板(複合)フローリングと無垢フローリングの断面の違い
出典:https://www.rakuten.co.jp/sikoku-kako/

合板(複合)フローリングが冷たい理由

ポイントは伝熱性と調湿性

前述のとおり合板は何枚もの木板をぴったりと張り合わせて作られるため、中に空気がほとんどありません。これが原因。つまり熱伝導率が高いということ。冷たい空気をどんどん取り入れてしまうため、冷えてしまうんです。

無垢木は呼吸する=暖かい

無垢木は反対に、中に空気があるため熱伝導率が低く、冷たくなりにくいんです。調湿効果もあるので、合板と違い、夏にベタ付く感覚も少ないはず。

ただし、木の種類によってはやや冷たく感じることもあります。

部屋の一部を(複合)フローリングに


玄関・リビング・キッチンを無垢フローリング(ナラ材)にした我が家。冬は暖かく、夏はサラっとして気持ちがいいので、とても気に入っています。

f:id:yokoyumyum:20190110173750j:plain

左が合板(複合)フローリング。右が無垢フローリング

ただ、贅沢はこの3ヶ所まで・・ということで(笑)寝室ともう一部屋(フリースペース)は、合板(複合)フローリングを採用。

冬の合板(複合)フローリングは裸足じゃ無理

そりゃもう、冷たい冷たい(笑)無垢フローリングと比べると、笑っちゃうくらい冷え冷えです。裸足で歩くのは辛い。

LOWYA(ロウヤ)で冬限定のラグ生活


せっかくの無垢フローリングなので、我が家は普段ラグやマットは敷きませんが、合板フローリングの部屋に限り、今年から冬限定でラグライフ開始!(笑)

コットン100%・LOWYA(ロウヤ)のラグ

長居しない部屋にお高いラグはもったいない。「お手頃価格」で探すには・・と目を付けたのがLOWYA(ロウヤ)でした。

お値段なんと6,990円

手織りのコットン100%。洗濯しても色落ちしません。ホットカーペットや床暖房にも対応OK。

柄物のおかげで、殺風景なフリースペースが少しはマシになったような(笑)

低価格で機能的なLOWYA(ロウヤ)


LOWYA(ロウヤ)でお世話になるのは今回で3度目。前回はテレビボードと座椅子を購入しましたが、どちらも機能性・使い心地・価格ともに◎です。

「ニトリや無印良品ではもの足りたい、でもお手頃価格で探したい」という人にハマるのが、LOWYA(ロウヤ)のブランドポジションだと思ってます(違っていたらごめんなさい(笑)。

テレビボード&座椅子についてもUPしているので気になる方は↓こちらへ!