カワサキ250TRをチョッパーに。カスタム内容をブログで公開

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!バイク初心者のヨコヤムヤムです。

2020年に普通自動二輪免許を取り、250TRをフルカスタムしたわたし。

この記事では「ヨーロピアンチョッパー」をテーマにカスタムしたわたしのTRをご紹介します。

「250TRをチョッパーにしたい」「ノーマルに飽きた」という方の参考になれば幸いです。

ヨコヤム

250TRは5つのスタイルにカスタムできる

ノーマルのKAWASAKI 250TR

ノーマルのKAWASAKI 250TR|出典:bikebros

総排気量(cc)シート高(mm)燃料タンク容量(L)
2497757

カスタムの方向性

  • ライトカスタム
  • オフロード
  • カフェレーサー
  • スクランブラー
  • チョッパー(フリスコ、ボバー)

1990〜2000年代前半に巻き起こったストリートバイクブーム。

当時、人気を博したバイクといえばTWやFTRです。

ヨコヤム
カワサキ250TRは、TWやFTRと同様ストリートトラッカーの流れを汲んだバイク。

エンジンはエストレアと同じです。

トラッカー好きはもちろん、カスタムベースとしての自由度が高いため、「チョッパーにして乗りたい」という人は少なくありません。

チョッパーにカスタムしたときの特徴

  • ヘッドライトが小さい
  • フロントフォークを延長もしくはインチサイズアップ
  • ハンドルバーが高い
  • タンクが小さい
  • 前後フェンダーは小型もしくは取り外し

250TRに限りませんが、チョッパーカスタムの多くは上記のような共通点があります。

さらには「フリスコ」「ボバー」というスタイルにも細分化。
ヨコヤム

次項ではそれぞれの違いを見ていきましょう。

チョッパーはさらにフリスコやボバーに細分化される

イージーライダー

出典:eiga.com

チョッパー(Chopper)とは余計なものを切り落とす、あるいは大胆に加工することを指します。

「チョッパーって何?」と聞かれたら、映画イージーライダーに出てくるワイアット(キャプテンアメリカ)が乗るハーレーと答えるのが最も分かりやすいでしょう。

フリスコの定義

フリスコを一言で説明するなら、すり抜けしやすいチョッパー。

ロングフォークチョッパーを街で乗りやすくするために進化させたと言われています。

ボバーの定義

ボバー(bobber)という名称の由来には二つがあり、

  • 短く切り落としたフェンダーが走行中に揺れている様子(bobbing)から生まれたという説
  • 短く切り落とす(bobb)という言葉に由来するという説
ヨコヤム
特徴としては下記のようなスタイルを言います。
  • 短い前後フェンダー
  • チョッパーよりハンドルが低い
  • チョッパーのようにフロントフォームの延長や角度変更はしない

わたしの250TR。チョッパーカスタムのポイント7つ

わたしの250TRチョッパーカスタムのポイント

納車当時の様子。ここからフロントタイヤをさらにカスタムしました

「ヨーロピアンチョッパー」をテーマにフルカスタムしたわたしの愛車がこちら。

もはや原型をとどめていませんが、このスタイルをとても気に入っています。

1. フレーム

フレームは部分的にカットし、車体をローダウン。

これに伴いシートもワンオフで作っていただきました。

おかげで足つきが良く取り回しにも楽に。

2. タンク

250TRのタンク

タンクとリアフェンダーの色を同じにしています

タンクはバイクの顔。

わたしはピーナッツタンクをチョイスしました。

塗装をどうするかかなり悩みましたが、結果的には地の色を活かしクリア塗装に。

3. ハンドル

ハンドルはアタックバーを採用。

Tバーとも呼ばれるアタックバーは、フリスコスタイルやストリートチョッパーなど、ナローなスタイルによく合います。

4. フロントタイヤ

250TRチョッパー

思い切ってフロントタイヤをカスタム。細いタイヤに変えたことで車体全体がスッキリしました

ノーマルでは前輪19インチ後輪18インチですが、わたしは前輪を21インチに変更。

納車当時は19インチに太いタイヤをはかせていましたが、その後21インチ&細いタイヤに交換しました。

タイヤのインチアップそして太さを変えたことで、乗り味も大きく変わっています。

交換前はどちらかと言うとボバー。

ヴィンテージ感のある見た目も気に入っていましたが、今はこのスタイルがしっくりきます。

5. バッテリーボックス

シートの下にあるバッテリーボックスはワンオフ。

ローダウンした車体に合わせて作っていただきました。

6. マフラー

250TRトランペットマフラー

左が250TR。右はバルカン

マフラーはトランペットマフラー。

前オーナーさんが付けていたものを塗装し直しています。

音は「大音量」というより「爆音」。

わたしは気に入っていますが、人によっては「うるさ過ぎる」と感じるかもしれません。

7. スピードメーター

デイトナのスピードメーターを、専用のステーでフォークマウントに。

インジケーターはニュートラルボタンだけを活かし、その他は配線していません。

250TRをカスタムベースに選んだ理由

「アメリカンでもなく、カフェレーサーでもない」そんなカスタムをしたいと思い、250TRを選んだわたし。

前述のとおり250TRはカスタムの幅が広いため、ベース車としては申し分のない車種だと感じています。

理由1. ブラックアウトされたエンジン

250TRのエンジンは直立したデザインが美しいだけでなく、ブラックアウトされている点も魅力の一つ。

わざわざ黒に塗装する必要がないため、「エンジンはブラックが良い」という人にはもってこいです。

理由2. カスタムしやすい

カスタム途中の250TR

カスタム途中の250TR

250TRはカスタムに対する許容度が高い点も特徴。

メーターやシート、ヘッドライドなどは全て取り外しやすいようシンプルな固定方法になっています。

意外と知られていませんが、250TRのコンセプトは「フリースタイル」。
ヨコヤム

つまり、自由にカスタマイズして楽しむことを前提に設計されたモデルなのです。

理由3. 街乗りに最適

250TRは通勤や通学など日々の「足」にしたい人にぴったりのバイク。

ヨコヤム
難しく考えずに乗れる大きさのため、街乗りならストレスも感じません。

その反面、高速運転には向かずパワーもないですが、気軽に乗れる点は250TRならではです。

カワサキ250TRチョッパーカスタムまとめ

250TRは「フリースタイル」をテーマに作られたとあって、カスタムパーツも豊富。

同じ250ccのバイクと比較してもやはり、パーツが多いです。

様々な素材を探してあなたもぜひ、お気に入りのチョッパーを完成させてください!

こちらの記事も合わせてどうぞ

YouTube「Garage Film」に愛車250TRの紹介動画が公開されました

YouTubeチャンネル「Garage Film」に愛車Kawasaki250TRの紹介動画が公開されました。番組名でもあるGarage Filmは北海道で活動するクリエイティブグループの名称。「世界で1台しかないあなただけの愛車を作品に」をテーマに数々のバイク、車を紹介している番組です。

続きを見る

バイクコンテナの選び方。保管ガレージの出し入れとわたしの失敗談

バイクコンテナ(ガレージ)を探したいという人に向け、バイクコンテナの選び方を徹底解説。実際にレンタルしているヨコヤムヤムが出し入れ、サイズについてまとめています。コンテナを借りたもののバイク保管に失敗したという実体験も掲載中です。

続きを見る

女性のバイク免許取得は難しい? 悩む人に届けたいわたしの体験談

女性がバイクの免許を取るのは難しい? 免許を取れる気がしない……という方に向け、わたしの体験談とワンポイントアドバイスをご紹介。上達するコツ、苦手な課題を克服する方法もまとめています。

続きを見る

おすすめのバイク動画TOKYO BBを無料視聴。バイクバカ必見番組

おすすめのバイク動画「TOKYO BB(東京バイクバカ)」をサブスクで楽しむ方法を解説。数あるハーレーはもちろん、カンニング竹山などの芸人が登場する点も見どころです。おぎはやぎ矢作の愛車、マッコイ斉藤のバイクも必見。

続きを見る

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-バイク
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.