24時間換気のフィルター交換を3年放置…。掃除と交換方法のまとめ

更新日:

ヨコヤム
突然ですが皆さんは、24時間換気のフィルターを定期的に交換していますか? わたしはフィルターの存在に気が付かず、お恥ずかしいことになんと3年間も放置してしまいました……!
そこで今回は、この失敗を例に給排気口フィルターの掃除と交換方法についてまとめます。
ヨコヤム

フィルター交換と掃除についてすぐに知りたい方はここをクリック(見出しへジャンプします)


【閲覧注意】3年間放置した我が家の24時間換気フィルター

24時間換気とは

24時間換気のスイッチ

先ずは24時間換気について整理しておきましょう!

24時間換気とは

「常時換気システム」と言われる24時間換気は、1年じゅう換気をつけっ放しにするシステムのこと。

内装材や建材によるホルムアルデヒドなどの化学物質を排気し、新鮮な外気を室内に取り入れるのが設置の目的です。

2003年に改正された建築基準法によって、現在は住宅への設置が義務化されました。

24時間換気が義務化された理由

戸建もマンションも、住宅に使われる建築資材には化学物質が微量に含まれています。

そのため、「シックハウス症候群」や「アレルギー」などの症状を訴える人が増えてしまい、その防止策として空気を強制的に換気する24時間換気の設置が義務化されました。

24時間換気の種類

24時間換気には3種類あり、それぞれで特徴が異なります。

ヨコヤム
ただし、住宅で採用されるのは第1種換気または第3種換気のどちらかです。

第1種換気

排気・給気ともに機械が管理。

ポイント

  • メリット :排気した空気の熱をだけを再利用し、給気から再度取り込める(24時間換気による寒さを感じにくい)
  • デメリット:導入のコストがかかる。大量の換気ができないため物件によっては複数台設置する必要もある。

第2種換気

排気を自然換気し、給気を機械で管理。

ポイント

  • メリット :屋外より屋内の気圧差が高くなるためチリや埃が室内に入りにくい
  • デメリット:室外の影響をダイレクトに受けるため夏の蒸し暑い空気や冬の冷たい空気をそのまま室内に取り込んでしまう

第3種換気

排気を機械が管理。給気は自然換気で行う

ポイント

  • メリット :第1種に比べ消費電力を抑えられ換気機器の価格も安価
  • デメリット:空気を加工せず外から取り入れるため外気温に左右されやすい(冬は寒くなりがち)

24時間換気は止めても良いの?

結論から言うと、一時的に止めるのは問題ないですが 長時間の停止は基本的にNGです。

近年は、高気密・高断熱の住宅ほど性能が良いと言われますが、その反面「換気されにくい」のがデメリット。

ヨコヤム
となると、前述した化学物質などにより体に悪影響を及ぼすこともありますよね?
と同時に、部屋の空気もよどんでしまいます。

また、換気されないことによって結露が発生し、知らない間にカビが生えてしまうこともあります。

24時間換気が義務化されたことを踏まえるとやはり、止めてはいけません。

意外と知られていない24時間換気の停止方法

24時間換気のスイッチには「ON/OFF」の表示があるものの、実際にはボタンをOFFにしても24時間換気を止めることが出来ない機器もあるようです。

三菱電機の公式サイトを見たところ、下記のような回答がありました。

Q. 24時間換気が停止出来ないのですが、どうしたら良いですか?

A. 24時間換気運転を停止するには、全ての運転を停止した後、コントロールスイッチの『停止』ボタンを
3秒以上押し続けて下さい。24時間換気の表示ランプが消えたら停止します。

ただし、トイレや脱衣所の換気をしている機種の場合、トイレや、脱衣所の換気スイッチが『入り 』
になっていると、そちらの運転を優先しますので、運転は停止できません。

詳しくは、取扱説明書をご確認ください。
引用:三菱電機

ヨコヤム
我が家もそうなの? と思い、試したみたところ……スイッチを押した瞬間ランプが消え、あっさりOFFになりました(笑)ちなみに我が家は第3種換気です。

【閲覧注意】3年間放置した我が家の24時間換気フィルター

下記の画像は、我が家に取り付けられている給気レジスターと、驚きの黒さを放つフィルターです(苦笑)

給気レジスターもかなり汚れていますよね……。

我が家の給気レジスター

24時間換気の給気レジスター

我が家の給気レジスター

汚れたフィルター

3年間放置した24時間換気の給気口フィルター

(左)3年間放置してしまったフィルター(右)新品のフィルター

ヨコヤム
もう本当に……お恥ずかしい限りなのですが、3年ものあいだ放置してしまった給気口フィルターがこちら。

そりゃもう、真っ黒!あたたたたた……です。

レジスターの向こう側

ここは、レジスターを外して見えた給気口の向こう側。

ここから外気が入り、フィルターを通して空気が室内に取り込まれるという仕組みです。

24時間換気システムのフィルター交換と掃除方法

給気レジスターは時々外して掃除していたというのに、フィルターの存在には気が付かず、レジスターに書いている文字も最近になってようやく気付いたというダメダメなわたし。

ここからは、我が家のような事態に陥らないよう、日々のメンテ方法とフィルター交換についてご紹介します。

【給気口】給気口のフィルター交換

給気口のフィルター交換

出典:Nasta

我が家の給気レジスターは、Nasta(ナスタ)というメーカーの「KS-8803PR」「KS-8603PR」 というシリーズです。

ナスタには数種類のレジスターがあるため、同じメーカーの方は換気口フィルターお手入れ方法から該当の機器をお探しください。

給気口のフィルター交換

  1. 24時間換気システムを停止する
  2. 使用済みフィルターを取り外す
  3. レジスターを掃除する
  4. 新しいフィルターを取り付ける

水洗いと交換が前提の純正フィルター

KS-8803PR

楽天で見る

わたしは純正のフィルターを使用していますが、ネットで検索すると「使い捨て」もあるようです。

純正フィルターには「2〜3ヶ月に一度、水洗いをし、半年〜1年を目安に交換してください」と商品に書かれていますが、使い捨てのほうが便利という方は、そちらを使っても問題ないと思います。

給気レジスターはサイズに注意

サイズ違いの給気レジスター

ヨコヤム
わたしが実際に失敗したのですが……部屋によって給気レジスターの大きさが違うことに全く気が付かず、フィルターを何枚も買ってしまいました。

みなさんは購入前にしっかりとサイズを確認してくださいね!

【給気口】給気レジスターの掃除方法

給気レジスターの掃除方法

給気レジスターも汚れたら洗います。

水でだいたいの埃や汚れは落ちるため、それ以外のことは特にしていませんが、レジスターはフィルターよりも頻繁に洗ったほうが良いのかもしれません。

【排気口】排気口のフィルター掃除

排気口のフィルター掃除

排気口フィルターは掃除のみで交換の必要はありません。

なかのフィルターを外したら洗って乾燥させ、元に戻すだけでOKです。

排気口のフィルター交換

  1. 24時間換気システムを停止する
  2. フィルターを取り外す
  3. フィルターを掃除し取り付ける

24時間換気のフィルター交換まとめ

3年間も気が付かずにいた24時間換気フイルターでしたが、「あれって交換が必要なの?」と驚かれる方は案外多いかもしれません。

たったの1ヶ月でも、フィルターはおそらくかなり汚れると思うので、それを3年間も放置してしまった自分が今は憎いです(笑)

「まだ一度も交換していない」という方は、早速フィルターのチェックをしてみてくださいね!

今月の人気記事TOP5

1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 3

家具のサブスクリプションサービス全6社「サブスクライフ」「クラス」「エアルーム」「スタイリクス」「kaggレンタル」「フレクト」の特徴や料金、サービスを徹底比較。実際にレンタルしたサブスクライフのレビューも含め、レンタル家具のメリットデメリットをまとめています。

【ニトリのウッドシェルフDIY】初心者も安心の簡単3ステップリメイク術 4

安くて便利なニトリの組み立て式ウッドシェルフ(パインラック)を、インダストリアルに簡単リメイクできるDIY術をご紹介。「塗る・擦り込む・乾かす」たったこれだけで、ニトリだとは気付かれないオープンラックが完成します。

注文住宅にもアリ!参考にしてほしいマンションリノベーションの人気アイデア8選 5

一度は見て欲しいリノベーションのアイデアをご紹介。この記事を読めば、どんな家(部屋)が自分に合うのか、どんな家にカスタムしたいのか、自ずとヒントが見えてくるはず!マンションリノベーションに限らず、注文住宅にもおすすめのアイデア集です。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.