これぞ究極のセルフビルド建築。三田のガウディが作るアリマストンビル

投稿日:2019年3月12日 更新日:

ヨコヤム
東京・三田にある「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」をご存知でしょうか? 東京、それも都心の一角に自力でビルを建てている建築家・岡啓輔氏。今回は「日本のサグラダファミリア」と呼ばれる蟻鱒鳶ルの真相に迫ります!

日本のサグラダファミリア「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」

聖坂にある蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

この聖坂の先に蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)が鎮座しています。

東京・三田にある蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)。

東京、それも都心の一角に、自力でビルを建てている建築家が居る……。

これはかなり気になる!ということで、ご本人著書の本を買い、この目でそのビルを拝見すべく、札幌から東京までひとっ飛びして参りました。

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)とは

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)とは

正面から見た蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

ヨコヤム
面白いですよね、このネーミング。

自力建設中のビルに付けられた蟻鱒鳶ル(あり ます とんビ ル)という名前の由来は、陸海空を生きる動物「蟻」「鱒」「鳶」に、この建物を手掛ける岡啓輔さんが尊敬する、あの建築家ル・コルビュジェの「ル」をくっ付けたもの。

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)を建てたのは建築家・岡啓輔さん

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)を建てたのは建築家・岡啓輔さん

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)の入り口

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)をセルフビルドしているのは、建築家・岡啓輔(おか けいすけ)さんという方。

岡さんは1965年・九州生まれ。
有明高専建築学科を卒業されたあと、住宅メーカーを経て、土木・鳶・鉄筋屋・型枠大工などの現場経験を積まれ、2005年に蟻鱒鳶ルを着工しました。

この説明だけでは、どこにでも居そうな建築家に終わりそうですが……岡さんは少し違います。

スケッチブック片手に自転車で日本国内を武者修行したり(これは建築を学ぶため)、岡画廊というギャラリーを主催していたこともあれば、舞踏をはじめたり……。

ね? 建築家によくあるイメージとは真逆と言いますか、そういうところが岡さんの面白いところであり魅力だと思います。

建築に関係あることもないとこも、最終的にはその全てが岡さんの仕事、つまり蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)に表現されているのかと!

「踊るようにつくる即興の建築」に驚愕

「踊るようにつくる即興の建築」に驚愕

横から見た蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

木造ならまだしも……鉄筋コンクリート造ですよ?
コンクリートを自分で打つんですよ?

それを聞いただけでも驚きなのに「蟻鱒鳶ルには設計図がない」という更なる驚き! ※ 建設にあたって必要な手続・書類などは勿論、届け出されています。

要は、外壁や内装のデザインを「その場」で決めていくというスタイル。

70センチづつコンクリートを打っていく中で、その時々の様々なアイデアを反映しながら、家の外側と内側を創り上げていくそうです。

ヨコヤム
一体全体どういうこと? わたしの興味はますます加速……!

コンクリートの型枠が実にユニーク

コンクリートの型枠が実にユニーク

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)の外壁

コンクリート造に欠かせない「型枠」。
蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)は、この型枠作りが実にユニークです。

ご覧のとおり、コンクリートの表面が「普通」ではないですよね?

首が痛くなるほど(笑)あちこち拝見しました。

下から見上げる蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

下から見上げた蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

200年保つ蟻鱒鳶ルのコンクリート

200年保つ蟻鱒鳶ルのコンクリート

ヨコヤム
200年ってどういうこと⁈  100年コンクリートなら聞いたことがあるけれど、200年はありません。

その鍵を握るのは「水」だということを岡さんの本で学んだわたし。

水分量が多くなるほど、コンクリートの強度は低下します。
コンクリートは下記の4つを混ぜ合わせて作りますが、

  • セメント
  • 砂利

世に出回るコンクリートの水セメント比(セメントの質量に対する水の割合)は60%に近いそう。

一方、蟻鱒鳶ルの水セメント比は37%という数字!

水分が少ないぶん、固まる前のコンクリートは粘り気が強く、型枠に打ち込むのも一苦労ですが、蟻鱒鳶ルは徹底してコンクリートの質にこだわってます。

水分量だけでなく、混ぜ合わせる砂利や砂まで、それらがどこで採れたものなのか?までにこだわって、コンクリートを作っているという事実。

いやぁもう……本当にこれは凄いことだと思います。

あなたはどれに当てはまる? 3つに分かれる建築家のタイプ

岡さんの本を読んでいて、とても印象的だったのか以下のこと。

建築家・石山修武さんが本の中で仰っていたもの、建築家はどうやら3つのタイプに分かれるらしく、

  • [タイプ1]徹底して頭で考えるタイプ
  • [タイプ2]頭ではあまり考えず手でつくるタイプ
  • [タイプ3]1と2の中間にあてはまるタイプ

岡さんはタイプ2の感覚派。
また、世の有名建築家はそれぞれ、下記に分類されるよう。

  • [タイプ1]ミースファンデルローエ
  • [タイプ2]ガウディ、フランクロイドライト、アルヴァアールト
  • [タイプ3]ル・コルビュジェ

建築の「け」の字も分からないわたしも、この説明によってなんとなく理解できたような……。

わたしはつい考え過ぎてしまうタイプなので、岡さんやガウディのように、感覚でものを創ることは出来ないだろうなぁと自己分析(笑)

コンクリートに魅せられる

コンクリートに魅せられる

蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)の入口に書かれている文字。

蟻鱒鳶ルが、なぜコンクリート造なのか?
これについては割愛しますが、岡さんの本を読むとそれがよく分かります。

わたしもコンクリートの住人(マンション住まい)なので、コンクリートには興味津々。

マンションの建築現場で、おそらく多々あるであろう「コンクリートの水増し問題」は、知れば知るほど怖くなりますが……気になるのも事実。

マンションの基礎工事で、杭の数を偽装する業者も居ますから……自分のマンションは大丈夫だろうか……と不安になってしまいます(笑)

という感想もあるものの、岡さんの本、そして蟻鱒鳶ルは、とにもかくにもエキサイティング!!

建築に興味のない人にも是非、この本をお読みいただきたい。
関東にお住まいの方は是非その目で、蟻鱒鳶ルをご覧いただきたい。

と、言いますのも……

再開発による蟻鱒鳶ルの危機

再開発による蟻鱒鳶ルの危機

再開発エリアに建つ蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

蟻鱒鳶ルが建つ敷地が、再開発地エリアに含まれるらしく、先々どうなるか今まさに危うい状況とのこと。

本を読み、建物を見て、蟻鱒鳶ルのファンと化した今のわたしに出来ることは、このブログを通じて一人でも多くの人に「蟻鱒鳶ル」を知ってもらうこと。

そして、蟻鱒鳶ルがただの建物ではなく「東京・三田の文化財」として認められるべき建築物だという理解を得られたら幸い……です。

こんなに魅力的な美しきビルを、簡単に壊して欲しくはない。そう、強く思います。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-取材
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.