木毛セメント板を内装仕上げに!メリット・デメリット施工方法を紹介

投稿日:

木毛セメント板を内装仕上げに!メリット・デメリットと施工方法を紹介
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

我が家では、洗面・脱衣所をリノベーションした際、内装の仕上げ材として「木毛セメント板」を使っています。

この記事では、「木毛セメント板を内装として使った事例を見てみたい」「デメリットは何?」と疑問を抱く方に向け、施工方法と我が家の事例をご紹介します。

家づくりやリノベーションを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

ヨコヤム

木毛セメント板とは

木毛セメント板とは

内装材として使った、我が家の木毛セメント板です

ヨコヤム
「木毛板」ともいわれる「木毛セメント板」とは、木材を細長いリボン状に削りだし、セメントペーストで圧縮成型した建材のことをいいます。

一見するとコンクリート打ちっぱなしの質感に見えますが、表面に凹凸があり、木にもクロスにもない独特の風合いが特徴的な建材です。

木毛セメント板の種類

種類

  • 普通木毛セメント板
  • 中質木毛セメント板
  • 硬質木毛セメント板

 

普通木毛セメント板中質木毛セメント板硬質木毛セメント板
かさ密度0.4以上0.7未満かさ密度0.7以上1.0未満かさ密度1.0以上

※かさ密度とは、一定容積の容器に粉体を目一杯充てんし、その内容積を体積としたときの密度のこと

木毛セメント板は、主に3種類あります。
ヨコヤム

他に、「木毛パーライトセメント板」や「壁耐火30分」「壁耐火1時間」などもありますが、上記が代表的な種類です。

木毛セメント板の価格

ヨコヤム
木毛セメント板の価格は種類にもよりますが、910mm×1820mm(3×6)1枚あたり約1,500〜6,000円です。

厚みが、15/20/25/30/40/50mmと複数あり、種類と厚みによって価格が異なります。

ちなみに……

我が家が内装に使った木毛セメント板の価格は、1枚あたり1,300円でした。
ヨコヤム

木毛セメント板の施工方法

木毛セメント板の施工方法

ヨコヤム
ここからは、我が家を例に木毛セメント板の施工方法をご紹介します。

内装材に使った場所は、洗面・脱衣所です。

1. 木毛セメント板を塗装

木毛セメント板を塗装

木毛セメント板をそのまま使うのも良いですが、我が家は表面を「白」に塗装しています。
ヨコヤム

スプレータイプの塗料を使い、表面に吹き付ける方法です。

ヨコヤム
白のクロスと比べるとグレーの色味が強いですが、白くすることで少し明るい印象になります。

使ったのはこれ!

ヨコヤム
塗料がキリ状に噴射されるため、たれにくいのが特徴です。

人が触れたり、ものをあてたりして表面が削れても、スプレーならささっと塗り直しできます。

2. 石膏ボードの下地に木毛セメント板を貼る

石膏ボードの下地に木毛セメント板を貼る

画像の左側に見える白い壁が石膏ボードです。
ヨコヤム

この場所は2回目のリノベーションとなるため、既にクロスが貼ってありますが、ここに木毛セメント板を取り付けています。

3. 木毛セメント板をビス止め

  • 木毛セメント板をビス止め
  • 木毛セメント板をビス止め
ヨコヤム
壁の面積にあわせて木毛セメント板をカットし、画像のように順番に貼っていきます。

場合によっては、木毛セメント板と床の境目に「巾木」を取り付けますが、我が家は「巾木なし」にしました。

※巾木とは壁と床の境目に取り付ける部材のこと

4. 棚などを取り付けて施工完了

棚などを取り付けて施工完了

洗面・脱衣所に木毛セメント板を貼ったばかりの状態がこちらです。
ヨコヤム

内装工事が終わり、ここからは洗面台や照明などの設備を設置していきます。

木毛セメント板を内装仕上げに使った洗面・脱衣所

木毛セメント板を内装仕上げに使った洗面・脱衣所

ヨコヤム
木毛セメント板を一部の壁に貼ったことで、クロスだとのっぺりしがちな壁に表情が生まれました。

木毛セメント板は水まわりに使っても大丈夫

当初は、「木毛セメント板を水まわりに使っても大丈夫?」と不安を抱きましたが、水がバシャバシャとかかる場合を除けば、問題ありません。

その点、我が家の洗面台はハイバックのため、水はねの心配がなく安心です。

木毛セメント板のメリット

メリット

  • 耐火性がある
  • 防腐剤やホルムアルデヒドを含んでいない
  • 吸音・防音性が高く、調湿効果に期待できる
ヨコヤム
木毛セメント板には、さまざまなメリットがあります。

耐火性がある

木毛セメント板は「燃えない建材の代表格」ともいわれ、火事がおきても燃えにくいです。
ヨコヤム

防腐剤やホルムアルデヒドを含んでいない

ヨコヤム
木毛セメント板は「木・水・セメントのみ」で作られているため、防腐剤やホルムアルデヒドを含んでいません。

そのため、火災や地震などの被害にあっても有害物質が飛散しません。

吸音・防音性が高く、調湿効果に期待できる

木毛セメント板は外部からの音を遮断し、内部の音を吸収する特性があり、調湿効果にも期待できます。
ヨコヤム

断熱にも優れているため、夏は涼しく、冬は暖かいのも特徴です。

また、脱臭性があることから、トイレなどの内装材として使うのも有用といえます。

木毛セメント板のデメリット

木毛セメント板のデメリット

ヨコヤム
「木毛セメント板にデメリットはない」といいたいところですが、強いていえば手触りです。

表面が荒いため、手で触りにくい

木毛セメント板は、見た目のとおり表面に凹凸があり、触るとざらざらします。

そのため、子供がよく触る場所などには向きません。
ヨコヤム

内装材として使うときは、「人があまり触れない場所」を選ぶ必要があるでしょう。

木毛セメント板はインテリア性が高い

木毛セメント板はインテリア性が高い

ヨコヤム
前述のとおり、木毛セメント板はメリットが多く、内装材としてぴったりの建材です。

コンクリート打ちっぱなしのような雰囲気があるため、「クールな空間にしたい」ときにも、インテリアとして役立ちます。

アクセントクロスの代わりに取り入れるのも一つの手

アクセントクロスとは、一部のクロスを別のもので仕上げる貼り方のこと。

リビングやトイレなどで、アクセントクロスを使う方が多いですが、その壁に木毛セメント板を貼る方法もあります。
ヨコヤム

「クロスでは物足りない」「素材の違いを楽しみたい」という方には、もってこいの内装材ではないでしょうか。

木毛セメント板を使ってリフォームするならタウンライフリフォームで見積りを

「タウンライフリフォーム」は、全国440社以上のリフォーム会社が登録しているリフォームの比較サイトです。

ヨコヤム
小さなリフォームから全面改修まで、全てに対応しています。

評判が悪いと判断された業者は、登録を削除される仕組みになっているため、安心して使うことができる点も魅力の一つです。

洗面台のリフォームプランを全て無料で作ってもらえる

タウンライフリフォームでは、無料で複数の工務店から見積を取り寄せられるとあって、利用者数は現在30万人を超えています。
ヨコヤム

見積はもちろん、リフォームの要望を入力するだけで、オリジナルの提案を受け取れるのも嬉しいポイントです。

あなたもぜひ、これを機に相談してみてください。

簡単無料!プラン・見積を作成してみる

 

木毛セメント板を内装仕上げに!まとめ

木毛セメント板は見た目のインテリア性が高いのはもちろん、建材としても非常に優れているため、部屋の一部にアクセントとして設えるだけでもおすすめです。

塗装して色を変える、あるいは素材感をそのまま生かすのも良い建材です。

使い方次第で、さまざまな表情を見せてくれます。

リフォームやリノベーション、家づくりを検討している方は、木毛セメント板をぜひ使ってみてください。

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションのアイデア
-,

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.