ダイニチ工業の加湿器LX1219の効果。20帖以上でも余裕の加湿

更新日:

ヨコヤム
ファンヒーターや加湿器の製造販売で有名なダイニチ工業から、2019年9月新しいハイブリッド式加湿器「LXシリーズ」が発売されました。
ハイエンドモデルのため決して安くはないお値段ですが、「今年は本気で加湿する」というわたしの願いを見事叶えてくれた優秀アイテムをご紹介します。
ヨコヤム

知っておきたい加湿器の種類について

加湿方法や加湿力によって電気代などが異なる加湿器には、主に下記の4種類があります。

ここでは簡単に、それぞれの特徴とメリットデメリットを解説します。

※上から電気代の安い順に並べます

  • 気化式
  • 超音波式
  • ハイブリッド式
  • スチーム式

4種類ある加湿器のメリットデメリット

4種類ある加湿器のメリットデメリット

気化式

  • フィルターを通すためクリーンな空気が出る
  • 本体価格も電気代も安い
  • コンパクトなサイズは少なめ
  • フィルターの定期的な交換が必要

電気代:1時間約0.72円程度

超音波式

  • 加湿スピードが早い
  • コンパクトでデザインも豊富
  • ホワイトダスト(白い粉)が出る
  • こまめなメンテナンスが必要(放置すると雑菌をバラまくことになる)

電気代:1時間約0.9円程度

ハイブリット式

ハイブリット式には「加熱気化式」と「加熱超音波式」がありますが、ここでご紹介するLXシリーズは加熱気化式です。

  • 加湿スピードが早い
  • 雑菌を放出しない
  • 音が静か
  • 本体価格も電気代も高め

電気代:1時間約4.8円程度

スチーム式

  • 熱を使うため加湿能力が高い
  • ホワイトダストが出ない(蒸発皿に残る)
  • 消費電力が高い
  • 倒してしまった時などに火傷の可能性あり

電気代:1時間約7.2円程度

【2019年最新】ダイニチ工業のハイブリット式加湿器LX1219を購入した理由

ダイニチ工業のハイブリット式加湿器を購入した理由

購入したダイニチ工業の加湿器「LX1219」

「ダイニチ工業の加湿器はデザイン性に欠ける」と正直思っていましたが(笑)2019年の新モデルを知った瞬間、見方が一変!

そもそも……大型モデルのハイブリッド式加湿器となると、デザイン性の良い商品はほとんどありません。

そのため見た目には目を瞑ろう……と諦めかけていましたが、その時に出会ったのが、今回ご紹介するLXシリーズでした。

タンクには7Lの水が入り(LX1219のみ)33帖の広さをカバーするうえ、「静音」という高い機能性に惹かれたのが購入に至った理由です。

エコモーター搭載のLXシリーズ

ハイブリット式加湿器LXシリーズの仕組み

ハイブリット式加湿器 LXシリーズのここが凄い

2019年に新登場したLXシリーズには「LX1019」と「LX1219」の2種類があり、大きな違いは下記の通りです。

  • HD-LX1019(プレハブ洋室27畳まで/木造和室16畳まで)
  • HD-LX1219(プレハブ洋室33畳まで/木造和室20畳まで)

※色はホワイトとグレーの2色展開

LXシリーズのここが凄い

  • ターボ運転でも音が静かで気にならない
  • 50%、60%、70%と3段階で湿度設定が可能
  • 気化式運転(※ecoモード)に切り替えられる
  • メンテナンスが簡単
  • タンクキャップに抵菌アタッチメントがある
  • 持ち運びが楽

※eco運転時の電気代は約149円/月
1日8時間×30日運転(電気代27円/kWh(税込)50Hzの場合)

我が家のリビングダイニングは18帖ですが、隣接する2部屋のドアを季節問わず開けっ放しにするため、全室を加湿できる点はかなりの高ポイント!

また、メンテナンスも楽です。トレイカバーが使い捨てのため掃除の必要がありません。

ハイブリット式加湿器LXシリーズを実際に使ってみた感想

ここ数年、毎年加湿器を新調していた我が家(笑)

どれも気に入ってはいましたが、実は必ず悩んでいたことがありました。

ヨコヤム
それは……どの加湿器も部屋の広さに合っていなかったということ。

「きっと大丈夫」と楽天的に考えていましたが(笑)それだとやはり、真冬は加湿が追い付きませんでした(泣)

使い心地は100点満点中80点

ヨコヤム
使い心地は100点満点と言いたいところですが、実際のところは80点!

なんと言っても北海道のFF式ファンヒーターは威力が強いため……一般的な石油ストーブやエアコンを使う部屋に比べると加湿器にとっては過酷だと思います(笑)

そのせいか、ファンヒーターを付けた状態で50%以上の加湿は難しいかもしれない……という状況ですが、40%〜50%の数字はキープ出来ているため、この点は合格と言えるかと!

デメリットは特に感じませんが、タンクの容量が7Lと大きいため、キッチンや洗面台の造りによっては水を入れるのが大変かもしれません。

ダイニチ工業ハイブリット式加湿器LXシリーズまとめ

リノベーションを機に無垢フローリングにした我が家では、冬のあいだ人だけでなく木(床)も乾燥します。そのため加湿は必須!

これまでは加湿が足りず、自分の体よりも床が心配でしたが(笑)今年はその心配もなさそうです。

大型モデルでありながらデザイン性も良いため、ハイブリッド式加湿器をお探しの方には特におすすめです。

\ 楽天で見る /

今月の人気記事TOP5

1

ヨコヤムお花のサブスクとは、定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。ここ数年で認知度が増し、「おすすめを知りたい」と気になって検索する方が増えています。 そこで今回は、安くて始めやすいサービスを厳選 ...

2

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

3

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

4

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 5

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.