マルジェラの足袋ブーツは裏張りがおすすめ。理由、値段を愛用者が解説

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

先日遂に、メゾンマルジェラの足袋ブーツをゲットしたわたし。

この記事では「裏張りのタイミングは?」「おすすめの店舗は?」などの疑問について徹底解説します。

本州ならまだしも、冬の北海道でマルジェラを履きこなすわたしの体験談もご紹介。ぜひ参考にしてください。

ヨコヤム

結論。マルジェラの足袋ブーツは新品のときに裏張りしたほうが良い

新品のときのマルジェラ足袋ブーツ

足袋ブーツのアウトソール

ヨコヤム
結論からお伝えすると、マルジェラの足袋ブーツ(シューズ)は新品のうちに裏張りするほうが良いです。

理由は主に2つあります。

理由1. 新品のときに裏張りするほうが綺麗に仕上がるから

足袋ブーツは何度か履いたあとよりも、新品のうちに貼るほうが加工の手間を抑えられます。

ただでさえ、つま先が割れている足袋ブーツは裏張りに手間がかかるもの。

靴底が擦り減ったり、左右でかかとの高さが変わってしまうと、結果的に裏張りの費用が高くなる場合もあります。
ヨコヤム

何より、新品のうちに裏張りするほうが見た目に綺麗です。

理由2. 足袋ブーツはつま先が減りやすいから

裏張りしたマルジェラの足袋ブーツ

わたしは寒冷地仕様のソールを貼っています

指先で地面をグリップしやすい足袋ブーツはそのぶん、つま先の摩耗が早く、人によっては直ぐに擦り減ってしまいます。

またマルジェラの足袋ブーツは思っているより靴底が薄いです。

そのため「擦り減るのは案外早い」と思っていたほうが良いでしょう。

長く大切に履き続けるためにも、新品のうちに裏張りするほうが良いと言えます。

マルジェラ足袋ブーツの裏張りによくある質問

ここからは初めて足袋ブーツを履く人に向け、マルジェラに関するよくある質問についてまとめます。

Q. マルジェラの足袋ブーツはかかとも裏張りしたほうが良い?

ヨコヤム
かかとにも裏張りすることをおすすめします。

足袋ブーツの靴底は皮しかなく、それゆえに滑りやすいのが理由です。

なかには半張りだけする人もいますが、「滑るのが怖くて、結局かかとにも裏張りした」という人は少なくありません。

Q. マルジェラの足袋ブーツはミスターミニットでも裏張りできる?

ヨコヤム
足袋ブーツはミスターミニットでも裏張りできます。

ただし、店頭で依頼した際「当店ではちょっと……」という反応であれば、避けたほうが良いでしょう。

一般的な靴の裏張りには慣れている人でも、マルジェラとなると必要な技術が異なります。

仕上がりにこだわる人はミスターミニットよりも、経験豊富な職人に依頼するのがベスト、というのがわたしの意見です。

Q. マルジェラの足袋ブーツに裏張りするときの値段は?

ヨコヤム
ミスターミニットのようなチェーン店の場合、裏張りにかかる費用は大体3,500円前後です。

しかしながら、レザーの破損やソールが擦り減っている状態であれば、修理費が別途必要。

ちなみに、北海道に住むわたしが専門の職人に依頼したときの費用は約7,000円でした。

Q. マルジェラの足袋ブーツに裏張りしない人の意見を聞きたい

ヨコヤム
マルジェラの足袋ブーツを裏張りしないまま履く人は正直、少ないです。

ですが「裏張りしない」と決めた人の意見として、下記のような声があります。

  • 履く場所を限定しているから
  • ゴムが見えるのが嫌だから
  • そのままのデザインを楽しみたいから

Q. 足袋ソックスではなく足袋タイツはないの?

ヨコヤム
足袋ブーツに合うタイツはAmazonや楽天で購入できます。

足袋ソックスや5本指ソックスはあっても、意外と売っていないのが足袋タイツ。

秋冬も足袋ブーツを楽しみたい人はぜひ、ネットをチェックしてみてください。

マルジェラの裏張りにおすすめの店舗

Instagramで事例を見られる実店舗をピックアップ

北海道でマルジェラの足袋ブーツを履くわたしの体験談

メゾンマルジェラの足袋ブーツ

わたしはTabiのライディングブーツを愛用中

ヨコヤム
2021年、わたしが購入したのは足袋のサイドゴアブーツ。

こはぜ(留め具のこと)がないため脱ぎ履きしやすく、ヒールがフラットで歩きやすいのが特徴です。

マルジェラの足袋ブーツは裏張りをすれば雪道でも歩ける

度々「ツルツル路面で足袋ブーツを履くの?」と聞かれますが、裏張りすれば問題ありません。

何十cmにもおよぶ積雪では厳しいものの、除雪された道であれば十分、足袋ブーツで歩けます。
ヨコヤム

ただし、裏張りするソールによって滑りやすさが異なるため、裏張りする時はソールの種類が多い靴の修理屋を選んでください。

マルジェラの裏張りを依頼したのは札幌にあるASHIDO(アシドウ)さん

実は東京から札幌に移住した際、自宅近くのチェーン店で冬に備えて靴の裏張りをしたのですが……

ヨコヤム
正直、安かろう悪かろうで「二度と頼みたくない」と思ったわたし。

安価な靴ならともかく、決して安いとは言えないマルジェラを技術のないお店に任せるわけにはいきません。

そんなとき、見つけたのが札幌にあるASHIDOさんでした。

ASHIDOさんは東京、名古屋、札幌で修業を積んだ職人による靴修理の専門ショップ。
ヨコヤム

店頭では裏張りに関するアドバイスを受けられるほか、靴磨き、壊れた靴の修理相談も可能です。

※ASHIDOの職人さんは靴磨きに関する書籍も出版されており、靴磨き界で知らない人は居ない靴磨き職人の一人です

マルジェラ足袋ブーツの裏張りにかかった時間は3週間

依頼する店舗にもよりますが、わたしの場合は裏張りに3週間かかりました。

ヨコヤム
これはASHIDOさんが人気店なのも関係しますが、専門の職人さんはスピードよりも質重視。

ひとつ一つ手作業するため、どうしても時間がかかります。

その点チェーン店は時間勝負なので、質にこだわりたい人には向きません。

マルジェラの足袋ブーツ裏張りまとめ

まとめ

  • マルジェラは新品のときに裏張りしたほうが良い
  • チェーン店の場合、裏張りの費用は大体3,500円前後
  • 仕上がりにこだわりたい人は経験豊富な職人に依頼するのがベスト

マルジェラを履くなら裏張りは必須、と言っても過言ではないくらい滑り止めは大切。

長く履きたいのであれば尚更です。

これから足袋ブーツを買う人、まだ滑り止め対策をしていない人はぜひ、この機会に裏張りをしてみてください。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-コラム

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.