初心者必見。中古マンション購入の流れと5つの注意点を経験者が解説

投稿日:

ヨコヤム
2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。
物件の購入申込から契約、そして決済までわたしたちが実際にかかった期間は45日でした。
ヨコヤム
ヨコヤム
また、初めての不動産購入は分からないことだらけ……。今回は、中古マンション購入の流れと注意点をまとめます。

流れ1. 買い付け申込み

買い付け申込みの内容

  • 購入希望価格
  • 契約日、引渡し希望日
  • ローン利用の有無
  • 手付金(金額交渉)

「買い付け申込み」はマンション購入の最初の一歩。物件購入はここから始まります。

ときどき勘違いされる方が居ますが、買い付け申込みはあくまで「買いたい」という意思表示。契約ではありません。

仲介業者を通じて売買条件を売主と交渉してもらいます。

注意点|事前審査と既存住宅瑕疵保険の加入依頼を済ませておく

ポイントと注意点

  • 購入申込までに事前審査を済ませておくとスムーズ
  • 築古物件の場合は売主に「既存住宅瑕疵保険(※)」の加入依頼をする

※「既存住宅瑕疵保険」とは、中古住宅売買に際し、保険対象部分に隠れた瑕疵により生じた損害を補償する保険のこと。既存住宅瑕疵保険に加入できれば、築年数が古いマンションでも住宅ローン控除を受けられます

流れ2. 売買契約の締結

売買契約の締結で行うこと

  1. 手付金の支払い
  2. 重要事項説明(1時間程度)

売買契約は前項の「買い付け申込みの内容」を元に進めます。

また、「重要事項説明」は非常に大切

不明点や不安なことは契約締結前に必ず解決しておきましょう。

注意点|重要事項説明の内容をしっかり確認する

重要事項説明で確認すべき3つのポイント

●契約解除に関する事項

  • 手付解除
  • ローン特約による解除

住宅ローンの本審査否決などによって契約を解除する場合、「手付金を戻してもらえるか?」などの取り決めについて確認してください。

●抵当権は整理されているか?

「仮登記」という設定がある場合は注意。このままだと所有できなくなる可能性があります。

●管理規約

  • 土地は所有権なのか借地権なのか
  • 付帯設備表や物件状況確認書を見ながら、過去に雨漏が起きていないか?などの確認をする

流れ3. 住宅ローンの正式申込(本審査)と貸付承認

マンション 契約

住宅ローンは「事前審査」と「本審査」の二段階に分かれます。

事前審査を通過したあとは下記の点に要注意。

注意点|本審査が終わるまで気を抜かない

ポイント

  • 住宅ローンの本審査が終わるまでは、借金や車のローンに注意が必要

事前審査の後に「車を買った」「借金をした」などがあると、本審査で否決される可能性があります。

これは、住宅ローン審査の「返済比率」が関係しており、収入に対する借金の割合や返済額を見るためです。

この内容が事前審査の時と異なると、銀行からは「貸し付けしない」とジャッジされることもあり得ます。

流れ4. 新住所移転手続

新住所移転手続の内容

  • 住民票を変更する

住宅ローンの審査に通過した後は、購入したマンションの住所に住民票を移します。

これは「抵当権の設定」と「減税手続」に必要な手順。

「引越しのはまだ先なのに、このタイミングで住所を変更するの?」と思いますが、この流れが業界通念のため気にせず進めます。

注意点|「引越しました」という前提で住民票の変更を行う

ポイント

実際にはまだ引越前でも、役所の窓口では「引っ越しました」という前提で住民票の変更を行ってください。

馬鹿正直に説明する必要はありません。

流れ5. 金銭消費貸借契約(ローン契約)と支払い

金銭消費貸借契約とは

金銭消費貸借契約(きんせんしょうひたいしゃくけいやく)とは、将来の弁済を約束したうえで金銭を消費するために借り入れる契約のこと。

「金消契約」「ローン契約」とも呼ばれます。

金銭消費貸借契約は住宅ローンを借りる銀行で行います。時間は1時間前後。

借主の口座に借り入れた額が振り込まれますが、そのお金はすぐさま不動産会社などに送金されます。

注意点|給与口座を借入する銀行口座に変更しておく

ポイント

給料の受取口座が借入金融機関と違う場合は、借入銀行の口座に変更しておくと楽。

住宅ローンは自動引き落としとなるため、給与口座と同じにしておけば払い忘れもありません。

中古マンション購入の流れと注意点まとめ

手間と時間がかかるマンションの購入手続きですが、最後まで気を抜くことなく慎重に進めてください。

  1. 買い付け申込み
  2. 売買契約の締結
  3. 住宅ローンの正式申込(本審査)と貸付承認
  4. 新住所移転手続
  5. 金銭消費貸借契約(ローン契約)と支払い

また、不動産会社にもよりますが、上記の手順をあらかじめ丁寧に説明してくれる方はほとんど居ません。

「金銭消費貸借契約」なんて言葉も、初心者にとってはちんぷんかんぷん。

ご紹介した流れを事前に理解しておくことは、決して無駄にはなりません。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-住宅ローン
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.