バーチカルブラインドはニチベイのアルペジオ。取り付け方と機能について

投稿日:2019年5月21日 更新日:

ヨコヤム
フルリノベーションしたリビングの掃き出し窓には絶対にバーチカルブラインド!(縦型ブラインド)と決めていたわたしたち。種類や機能が様々ある縦型ブラインドの中で、我が家が選んだ生地や取り付け方法・実際の使い勝手についてまとめます。

知らないのは損!ウィンドウトリートメントの種類

窓には布地のカーテンが当たり前? いえいえ、そうではありません!カーテン派の人には疎遠に感じるブラインドですが、一口にカーテン・ブラインドと言っても実は様々な種類があるんです。

カーテンシェード
ロールスクリーン
ハニカムスクリーン
プリーツスクリーン
ベネシャンブラインド(横型)
バーチカルブラインド(縦型)

最近はハニカムスクリーン(蜂の巣構造)やプリーツスクリーン(蛇腹のプリーツ加工)を取り入れる人も多い様子。

  • ハニカムシェード/出典:楽天
  • プリーツスクリーン/出典:楽天

ここからが本題↓

塗り壁の色味に合わせてニュートラルグレイを採用

塗り壁(ゼオライト)の色味に合わせてオーダーした我が家のバーチカルブラインド。

メーカーはタチカワとニチベイで比較。悩んだ結果、ニチベイのアルペジオをチョイスした決め手は「色味」でした。選んだのはラインドレープのニュートラルグレイ・A7891(遮光1級)

  • 出典:楽天
  • 出典:楽天

バーチカルブラインドは正面付けに

掃き出し窓のすぐ上に梁がある我が家。

リビングの掃き出し窓元々はカーテンボックスがありましたが、リノベーションの際に撤去。窓枠から梁まで10センチに満たないですが、そこになんとかレールを設置しています。

バーチカルブラインドの取付け方

カーテンボックスとカーテンレールを撤去

カーテンレールに取付け可能なバーチカルブラインドもありますが、見た目はイマイチ。ブラインドを取り付けるときは天井付け or 正面付けをおすすめします。

バーチカルブラインドは賃貸でも取り付け可能

賃貸時代も愛用していたバーチカルブラインド。カーテンレールを外し、そこに取り付けていました。

壁に少し穴を開けることにはなりますが・・退去する際(原状回復)壁に開けた穴は壁専用のパテで埋めれば大丈夫。ホームセンターに行けば数百円で売られています。

フルオーダーに掛かったバーチカルブラインドの価格

パッと見には分かりませんが左右それぞれで大きさが違うリビングの窓。

リビングのバーチカルブラインド

購入時の金額は二つ合わせて¥77,000(税込)でした。

  • 左側の窓:W 1610 H 1910/左タメ左操作 ¥35,750(定価 ¥55,000)
  • 右側の窓:W 1900 H 1900/右タメ右操作 ¥35,750(定価 ¥55,000)

ルーバーを寄せる方向とループコード(ボトムコード)

二つ並ぶ掃き出し窓の間にストーブがある我が家。ストーブは動かせないため(自動給油)それを考慮して、ルーバーをたたむ際どちらに寄せるかを決めています。

窓のまわりに障害物がなければ問題ないですが、我が家のような場合は片開き or 両開きも含めて、事前にしっかり確認してください!

また「ループコードは無い方が良い」という方も多いですが、あってもそれほど気になりません。ただし、小さいお子様・ペットには不向き(子供やペットが触る可能性大。足を引っ掛けるとすぐに壊れてしまいます)

バーチカルブラインドとカーテンの遮光性と断熱性

バーチカルブラインド vs カーテンの話になると「カーテンに軍配あり」と言われる機能や日々の使い勝手。わたしもそうだと思いますが(笑)家の造りやライフスタイルによっては、必ずしもそうとは言えない気が!

遮光性

カーテンのほうが良さそうですが、ルーバーの向きを変える or 全て閉じることでブラインドも調整できます。

我が家は遮光1級なので、ルーバーを全て閉じれば真っ暗。遮光性は高いと感じます。

断熱性

断熱性の高さは窓の造りも左右します。我が家はマンションなので木造住宅に比べそもそも部屋が温かく、窓周辺にも断熱材がしっかり入っているため、寒さはそれほど気になりません。樹脂サッシ&二重窓のおかげで結露もなし。

カーテンのほうが良さそうとも思いますが実際はそれほど変わらない気も・・!

まとめ

設置が面倒&風が強いときは窓を開けるとうるさい、というデメリットもありますが、そのうち慣れます(笑)

縦ラインの美しさがバーチカルブラインドの一番の魅力。カーテンにはない光の入り方もなかなか良いですよ!

バーチカルブラインド越しに入る日の光

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.