リノベーションのデメリットは何? 思わぬ盲点とわたしの実体験

投稿日:

ヨコヤム
様々なメリットがあるリノベーションですが、そうは言っても決して良いことばかりではありません。今回は、マンションリノベーションのデメリットを具体的に解説するとともに、「それでもリノベーションをしたほうがいい」と感じた理由をまとめます。

リノベーションへの否定的な意見

リノベーション工事

中古住宅(戸建)を含め、マンションにも意外と否定的な意見が多いと感じるリノベーション。

中古マンションの築年数や、リノベーションに対する漠然とした不安は理解できますが、実際にフルリノベーション(スケルトンリフォーム)を体験した今のわたしたち夫婦にとって、「中古マンション購入 + リノベーション」という選択は正解だったと感じています。

良いことばかりではないマンションリノベーション

年々増える空き家問題や、中古マンションの成約件数が新築マンションを上回るなど、昨今の時代背景をもとに「リノベーション」は、住まいの選択肢として定着しつつあります。

同時に、リノベーション業者も増えているため、メリットばかりがクローズアップされがちですが、デメリットももちろんあります。

マンションリノベーションのデメリット

マンションリノベーションのデメリットは、中古マンションの築年数・構造・管理状態に左右されます。具体的には下記の5点。

デメリットと捉えるか……そういうものだと理解するか(笑)で大きく意見が分かれますが、わたしたちは後者です。

リノベーションのデメリット

  • 計画通り工事を進められない可能性がある
  • 追加工事が発生する場合もある
  • 物件の瑕疵が見つかるケースや想定外のことが起こる可能性がある
  • 工事を始めてみないと分からないこともある
  • 物件を契約してもすぐには住めない

マンションの構造によってはできない工事もある

スケルトンを前提とするフルリノベーションでは、大掛かりな間取りの変更や設備の入れ替えが可能ですが、建物の構造によっては制限されるケースもあります。

  • 取り除けない壁や柱がある
  • 電気やガスの容量によってオール電化にできない場合がある
  • 管理規約によって改修できない場所がある(床材やベランダなど)

ただし、これらは事前調査によって判断できることが大半なため、契約前の段階でそれを確認できないリノベーション業者であれば、その会社とは契約しないほうが良いかもしれません。

解体して初めて分かる物件の瑕疵と想定外の補修費用

一見、問題がないように見える物件でも、解体してから瑕疵が見つかることもあり得ます。

  • 排水管に水漏れがある
  • 部屋ごとに床の高さが異なる
  • 柱や壁に大きなヒビがある

可能性としては低いですが、これらが「全くない」とは言い切れないのがリノベーションのデメリット。

事前調査の段階では分からないことも少なからずあるため、上記のような疑いがある物件は「覚悟」が必要かもしれません。

物件を契約してもすぐには住めない

工事内容にもよりますが、マンションリノベーションは2ヶ月前後、なかには半年かかる場合もあります。

その間は、仮住まいの家賃がかかるほか、人によっては生活に支障をきたすことも考えられます。

そのため、予定したタイミングで工事が終わるかどうかは事前にしっかり確認しておきましょう。

  • 今住む賃貸物件の更新が3ヶ月後に迫っている
  • 子供の入園や入学に間に合わせたい

【実体験】リノベーションしたほうが良いと思う理由

ヨコヤム
マンションリノベーションのデメリットをご紹介しましたが、ここからは「それでもリノベーションをしたほうが良い」と感じたわたしの実体験をまとめます。

1. 既存の間取りにライフスタイルが合うとは限らない

マンションの間取り

2LDKや3LDKに区切られる日本のマンション。
「◯+LDK」が常識と思われがちですが、果たして本当にそうでしょうか。

ワンルームにするほうが実は勝手が良いというケースもあるはずですし、家族の数だけ部屋が必要という考え方も、実は思い込みかもしれません。

リノベーションをしないとなると、既存の間取りに生活そのものを合わせることになりますよね?

その間取りにうまくフィットすればいいですが、そうでない場合はストレスになってしまいます。

ヨコヤム
賃貸を卒業して分譲マンションを手に入れたとしても、中身を変えられないのであれば賃貸と同じ……。
物件の購入費とリノベーションの費用を合わせて、当初の予算より200万円オーバーという結果に終わったのは痛いですが(笑)リノベーションは実に楽しく、とても面白い体験でした。もちろんこの選択に今も後悔ありません。
ヨコヤム

2. 好みのスタイルにカスタマイズしにくい

真っ白のクロスに普通のドア……。

部屋の印象を決めるのは、壁・床・天井のためインテリアにこだわりがある人ほど「標準仕様」には物足りなさを感じるはずです。

また、なかにはカラダに合わない内装材が使われていることもあります。

アレルギーをお持ちの方や小さいお子さんがいらっしゃるご家庭は特に注意が必要です。

ヨコヤム
新築マンションだけが魅力だとは思いません。中古マンションとはいえ数千万円もの住宅ローンを組むわけですから……どうせなら自分たちだけの住まいに作り変えてみたいと思いませんか?
新築マンションには手が出ないぶん、中古マンションなら手が届く。けれど、そのまま住むのは嫌。きっと、リノベーションを選択する方の多くが、わたしたちと同じ理由だと思います。
ヨコヤム

3. ○○できない理由を家のせいにしてしまうかもしれない

例えば以下のこと。

  • 片付けられない
  • 家事効率
  • 仕事

もともと片付けが苦手な人や家事が得意でない人ほど、できない理由を家のせいにしてしまうかもしれません。

収納スペースが少ないことで余計に片付けられなくなったり、家事動線が悪ければ毎日の炊事洗濯もますます億劫になってしまいます。

自宅で仕事をする人も同様です。
集中できないまたは落ち着かないという場合は、間取りに問題があるかもしれません。

住まいの広さや設備に加え、住まう人の性格が既存の住まいに合っているかを確かめることも、リノベーションでは大切なポイントになります。

リノベーションのデメリットまとめ

リノベーションのメリットデメリットをお分かりいただけたら、最後はご自身が「リノベーションに向いているか、向いていないか」で判断してみてください。

ポイント

  • リノベーションに向いている人 :要望希望を少しでも叶えたい。想定外なことがあったとしても割り切れる
  • リノベーションに向いていない人:多少の予算が掛かっても安心感を優先したい。新築へのこだわりを捨てきれない

リノベーションは住まいと暮らしの再編集!

長々と書きましたが、リノベーションには情熱が不可欠です。あれこれ頭を悩ませる時間もまた理想の家づくりには必要なことだと……わたしは思います!

今月の人気記事TOP3

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【おしゃ家ソムリエおしゃ子】絶妙な突っ込みが癖になるインテリア漫画 2

2017年4月にこのブログでご紹介した「おしゃ家ソムリエおしゃ子!」に関する記事を、2年以上が経った今、リライトを加えて再び公開します。何度読んでも飽きないおしゃ子の絶妙な突っ込みを、ぜひ皆さんにもお読みいただきたいです!

ベストバイ 3

ファンヒーターや加湿器の製造販売で有名なダイニチ工業から、2019年9月新しいハイブリッド式加湿器「LXシリーズ」が発売されました。ハイエンドモデルのため決して安くはないお値段ですが、「今年は本気で加湿する」というわたしの願いを見事叶えてくれた優秀アイテムをご紹介します。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.