リビングの一角に!壁面収納を使ったDJブースの設置アイデア

更新日:

ヨコヤム
リノベーションをする際、「リビングにはDJブースの設置がマスト」と決めていた理由はとてもシンプル。
友達と一緒に自宅で飲む機会も多いため、好きなレコードをセレクトしながらお酒を飲みたいじゃないですか(笑)あとは、なるべく広い空間で音楽を楽しみたいからです。
ヨコヤム

NO MUSIC NO LIFE。音楽は完全に生活の一部

リビングのDJブース

自宅でDJをするヨコヤムヤム(わたし)です

ストリートダンス(ジャンルはハウス)にハマったのが16歳。

ハウスのレコードを集め始めたのもこの頃ですが、当時(90年代)はメロコアやスカコアも好きでした。

ヨコヤム
BRAHMANやHUSKING BEE、Hi-Standardなど……懐かしい!

ショーに出たり、インストラクターとしてスタジオで教えていた時期もありましたが、20代後半は仕事仕事仕事だったため、踊る機会は徐々に減り……。

気が付けば、ダンスよりもDJのほうが楽しくなってしまいました。

夫婦共通の趣味は音楽とDJ

奥に見るのはCD専用の収納ラック

夫も長年、DJをしているためCDやレコードは凄い量。

賃貸時代はDJブースをリビングに置くことができず、夫婦ともに物足りなさを感じていたため、マンションを買ってリノベーションするからには「ブースは絶対にリビングに置く」と決めていました。

リビングにDJブースを設置するときは壁面収納がおすすめ

壁面収納とは

  • 壁面収納

出典:Pinterest

壁面収納といえば、「壁一面にフィットさせる造り付けの家具」という印象ですが、置き型の家具や組み立て式の家具でセットするパターンもあります。

また、「隠すのか、見せるのか」によって雰囲気もガラリと変わりますよね。

ヨコヤム
「置き家具の壁面収納が欲しい」という方には、LOWYA(ロウヤ)がおすすめです。キャットウォークを兼ねた収納棚があるなど、素材もデザインも種類豊富!


\ 公式サイトを見る /

壁面収納のメリットデメリット

壁面収納のメリットデメリット

  • インテリアのスタイルに合わせて造作可能
  • 床から天井までムダのない収納スペースを作ることができる
  • 移動できない(置き型、組み立て式の場合は別)
  • 設置方法によっては圧迫感を感じる
  • 見せる収納の場合は埃がたまる
  • 見せる収納の場合は見栄えが悪くなることもある

主に、テレビや本棚の収納スペースとして採用する方が多い壁面収納。

設置する場合は、メリットデメリットをしっかり確認しておきましょう。

上半分を「造作」下半分を「自作」した我が家のDJブース収納計画

1. 造作の飾り棚とDIYしたDJブース

壁面収納とDJブース

上半分/CD収納    :足場板とアイアンの飾り棚
下半分/レコード収納:組み立てボックスと合板を使ってDIY

我が家の壁面収納は、上半分を造作、下半分を自作にしています。

2. レコード収納にモニタースピーカーをセット

モニタースピーカーは、レコードラックの真ん中に設置。

メインスピーカーはブースの反対側にあるTVボードに置いています。

モニターとして使用中のスピーカーは本来、BBQやキャンプで使えるように買った「TDK|Boombox」ですが、今ではすっかり自宅用になってしまいました(笑)

そして、モニタースピーカーをブースの真ん中に置いたのは、ブースをなるべくコンパクトにするためです。

また、こうしてスピーカーを配置すると、部屋のどこに居てもバランス良く音を聴くことができます。

3. フォーカルポイントを意識

視線が集中する場所=フォーカルポイント

見せる収納は、このフォーカルポイントを意識することも大切です。

フォーカルポイントを作ることで空間にメリハリが出るため、スペースを多く取る収納にこそ効果的。

DJブースは場所を取りますが「それならばインテリアにしてしまえ」がブース設置のテーマでした。

機材やレコードで雑然としがちなため、まとまりや統一感を持たせた点もポイントです。

4. 模様替えできるよう配置は最低2パターンを想定

DJブースとソファの位置を入れ替えています

DJブースの移動は大変ですが……スピーカーの位置を変えたときやインテリアに飽きたとき(笑)のために、移動可能な配置をあらかじめ考えられるとベストです。

移動後もコンセントの位置や数、配線の長さで困ることがないよう、事前にしっかり確認しておくと、いざというときも安心です。

DJブースまとめ

夫婦のどちらかがBGM代わりにDJしたり、買ったばかりのレコードをじっくり聴いたり、DJブースをリビングに置いたことで使い勝手が良くなりました。

友達とB2B(※1)して遊んだり出来るのも嬉しいです。

場所は取りますが……(笑)音楽好きの方にはぴったりだと思います。

※1 B2B(バック・トゥ・バック):2人のDJが左右のターンテーブルを担当し1曲づつ交互に曲をかけること

ヨコヤム
実は下記の「FLASH」に我が家のDJブースが登場しています(笑)詳しくは下記の記事をご覧ください!

1cmからオーダー可能な「ユアニチャー」でDJブースを自作するのも良さそうです

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 3

家具のサブスクリプションサービス全6社「サブスクライフ」「クラス」「エアルーム」「スタイリクス」「kaggレンタル」「フレクト」の特徴や料金、サービスを徹底比較。実際にレンタルしたサブスクライフのレビューも含め、レンタル家具のメリットデメリットをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.