【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

キッチンの高さは85?それとも90?後悔しないための判断基準を解説

キッチン 高さ 85 後悔
ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

一般的に、キッチンカウンターの高さは85cmから90cmの間で設定されます。

しかしながら、「85cmと90cmで迷う」「155cmの女性にあうのはどっち?」と高さについて迷う方が少なくありません。

そこでこの記事では、キッチンの高さを決める方法と、後悔しないためのチェックポイントをご紹介します。

キッチンの高さについてお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

ヨコヤム
ヨコヤム

我が家のキッチンの高さは85cm

キッチン 2550か2700

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家のキッチンは、高さ85cmです。

ヨコヤム
ヨコヤム
わたし(妻)の身長が155cmと低いため「高さを85cmにて大丈夫?」と不安を抱きましたが、結果的には何の問題もありません!

夫の身長176cm 妻の身長155cm

キッチンの高さを85cmにしたのは、夫の身長を考慮したことも理由の一つです。
ヨコヤム
ヨコヤム

夫の身長は176cmのため、キッチンの高さをわたしにあわせると、食器洗いや調理をする際、腰が痛くなるかもしれません。

ヨコヤム
ヨコヤム
後述しますが、キッチンが高い場合はマットを敷くなどで対策できるので、「低くしたことで後悔した」というのを避けるためには、少々高いほうを選ぶほうが良いと感じています。

知っておきたい!キッチンの高さを決める方法

キッチンの高さを決める方法

  • 身長から割り出す
  • 床から肘までの高さから割り出す
  • 今使っているキッチンと比較して決める

キッチンの高さを決める方法には、主に3つあります。

次項で詳しく、みていきましょう。

決め方1. 身長から割り出す

身長 ÷ 2+5cm

身長から割り出す方法は、キッチンメーカーのカタログなどでも紹介されており、日本ではよく使われている計算式です。
ヨコヤム
ヨコヤム

例えば、身長が160cmの場合は「160cm ÷ 2 + 5 =85」で85cmになります。

決め方2. 床から肘までの高さから割り出す

肘高−10cm

ヨコヤム
ヨコヤム
こちらは海外でよく使われている計算式です。

料理や洗いものなどの動作の大半が、肘を起点に腕を動かすため、これによって考えられた計算式です。

一昔前までは、身長で割り出す方法が主流でしたが、近年は「肘高−10cm」を取り入れる方が増えています。

決め方3. 今使っているキッチンと比較して決める

もし、今のキッチンの高さに不満がなければ、新しいキッチンも同じ高さで問題ないかもしれません。

しかし、「高さがイマイチあっていない」と感じる場合は、前述した「身長」もしくは「床から肘までの高さ」から、ベストな高さを検討してみてください。
ヨコヤム
ヨコヤム

高さは調整できる!キッチンの高さで迷ったら高いほうを選ぶ

迷うときの判断基準

  • 高さに迷うときは「高い」ほうを選ぶ
  • 家族の誰にあわせるか迷うときは、キッチンを頻繁に使う人の身長にあわせる
ヨコヤム
ヨコヤム
繰り返しになりますが、キッチンカウンターの高さは一般的に、85cmから90cmの間で設定されます。

85cmから90cmという数字は、大多数の人々にとって作業しやすく、料理や準備作業を行うのに適しているとされているからです。

しかし、「それでも迷う」という方は、高いほうもしくは、キッチンを頻繁に使う方の身長にあわせて、高さを決めましょう。
ヨコヤム
ヨコヤム

我が家の判断基準

  • 夫の身長:176cm(176cm ÷ 2 + 5 =93cm)
  • 妻の身長:155cm(155cm ÷ 2 + 5 =82.5cm)

例えば、わたしたち夫婦の場合、夫の高さにあわせると90cm前後になりますが、キッチンを使うのは主にわたし(妻)です。

ヨコヤム
ヨコヤム
そのため、わたしに身長から割り出した82.5cmに、2.5cmをプラスし、85cmにしました。

キッチンの高さで後悔しないためのチェックポイント

チェックポイント

  • キッチンマットの有無
  • スリッパの有無
  • まな板の厚み
  • ガスコンロ or IHのどちらか
キッチンの高さを決める方法に続いて、チェックしておきたいのが、上記の4つです。
ヨコヤム
ヨコヤム

例えば、キッチンマットを敷くご家庭であれば、その厚みを考慮した高さにすると良いしょう。

また、スリッパを履く場合も同様です。

なお、厚い木のまな板をお使いなら、高いキッチンで料理すると「使いにくい」と感じるかもしれません。

ガスコンロの場合は五徳(ごとく)の高さに注意が必要

キッチンの熱源がIHであれば問題ないものの、ガズコンロの場合は「五徳(ごとく)」の高さに注意が必要です。

ヨコヤム
ヨコヤム
仮に、身長の低い人がキッチンを高くした場合、五徳が原因での手元の高さが高くなってしまい、重たい鍋を扱うのが大変かもしれません。

そのため、キッチンの高さの目安を決めたら、あとは足元(マットやスリッパ)と手元(まな板や熱源)をチェックし、最終判断してください。

キッチンの高さで後悔しないために!リノベーションのことがよく分かる資料3選

フォーカルポイント インテリア

ヨコヤム
ヨコヤム
「キッチンの高さについてもっと知りたい」「キッチンの事例をみてみたい」と思った方は、無料で利用できる資料請求をぜひ活用してみてください。

資料を通じてリノベーション事例を見られるほか、費用や工期に関する疑問も解消できます。

1. 全国展開が心強いリノべる。

全国展開が心強いリノべる。

リノべる。は物件探しから設計施工までワンストップ

リノベる。のここが凄い

  • ネームバリューがあり全国的に知られている
  • 施工実績が豊富
  • デザインのテイストもさまざま

ネット広告でよく見かける「リノべる。」の資料は、クオリティが高いと評判です。もちろん無料!

ヨコヤム
ヨコヤム
多くの施工事例をみられるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなしです。

また、リノベーション業界のリーディングカンパニーとあって口コミにもさまざまな書込みがありますが、リノべるに施工をお願いするユーザーは少なくありません。

リノベる。向きの人

こんな人におすすめ

  • 実績豊富な施工会社に依頼したい人
  • 認知度の高いリノベーション会社を探している人

リノベーションのことがよく分かる資料「RENOVERU FILE.」が人気

 

2. センス抜群のリノベーションならマイリノ

センス抜群のリノベーションならマイリノ

フルリノベーションならマイリノ、リノベーション済の物件を探すならリノコレ

マイリノのここが凄い

  • デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションに定評あり
  • リノベーション済の物件も検索可能
  • 年間300件以上の実績あり

都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめなのが、異業種とのコラボで知られる「マイリノ」です。

グローバルベイスには、フルリノベーションサービスの「マイリノ」と、リノベーション済の物件を検索できる「リノコレ」の2種類のサービスがあります。
ヨコヤム
ヨコヤム

ユナイテッドアローズとのマンションリノベーションを見るとお分かりいただけますが、それはそれはもう素敵!

参考になること間違いなしの施工会社です。

マイリノ向きの人

こんな人におすすめ

  • とにかくデザインにこだわりたい人
  • 物件探しから施工までワンストップでお願いしたい人

デザインにこだわるフルリノベーションならマイリノ 

 

3. ひかリノベはシンプルモダンなリノベーションに定評あり

ひかリノベはシンプルモダンなリノベーションに定評あり

ショールームが多数あるのも「ひかリノベ」の魅力

ひかリノベのここが凄い

  • リノベーション向き中古物件の検索が可能
  • 住宅+リノベーション(リフォーム)ローンを一本化できる
  • 充実の工事保証

関東を中心に展開している「ひかリノベ」は、これまでに延べ1万件以上の実績があることから、技術面での信頼が厚い施工会社です。

ヨコヤム
ヨコヤム
物件探しから施工まで、まとめて依頼できる点も魅力で、ショールームは都内以外に湘南や横浜・長野にもあります。

「デザインの自由度はそれほど高くない」という声もありますが、定額制プランには定評があり、シンプルモダンなスタイルがお好みの方にはぴったりなリノベーション会社です。

ひかリノベ向きの人

こんな人におすすめ

  • 派手さよりも普遍的なデザインを好む人
  • できるだけ多くの物件から候補を絞りたい人

リノベーション相談会開催中

 

キッチンの高さは85?それとも90?後悔しないための判断基準まとめ

高さのあわないキッチンを使い続けていると、作業効率が落ちるだけでなく、腰痛などの身体的なトラブルを引き起こす場合もあります。

そのためキッチンを購入する際は、ショールームで実際にシミュレーションをすることも大切です。

この記事でご紹介した内容を参考に、あなたにあうキッチンの高さを見つけてみてください。

  • この記事を書いた人
yokoyumyum

ヨコヤムヤム

こんにちは!LSリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年東京から札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。リノベと暮らしとインテリアに役立つ情報を更新中。専門誌やWeb媒体への寄稿・監修もしています。

-リノベーションの注意点
-