人気家具を月額でレンタル!subsclife サブスクライフとは

投稿日:2019年6月1日 更新日:

ヨコヤム
ここ最近増えつつあるサブスクリプション。一般的な買物とは違い、商品やサービスの利用期間に応じて料金を支払うビジネスモデルの一つですが、今回ご紹介するサブスクライフはその家具版!

subsclife サブスクライフとは?

subsclife(サブスクライフ)は、ライフスタイルに合わせて家具を月額制でレンタルできるサービスのこと。

「ひとり暮らしや同棲をはじめる」「単身赴任が決まった」などのタイミングで利用するケースが多そうですが、新しい家具を購入するにあたって比較検討したいとき、あるいは近くにお目当ての店舗がない方にとっても、あると便利なサービスかと。

しかもそれが、人気のデザイン家具となれば「一度は使ってみたい」と思う方も多いはず!わたしもそのひとり(笑)

3つの人気家具ブランドにデザイン家電が仲間入り

今のところsubsclife(サブスクライフ)で借りられる家具ブランドは以下の3つ。

  • ACME Furniture
  • journal standard Furniture
  • SIMPLES

そして、これまでは無かった家電が今回新たに追加されました。

新登場の cado と TWINBIRD

新登場したのは、ヴィジュアル良し&高機能で評判の cado(カドー)と、コスパ良し&デザインも◎なTWINBIRD(ツインバード)のアイテム。

cado 空気清浄機 LEAF120

空気清浄機 LEAF120/月額1,980円〜

この空気清浄機は、国際的に権威のあるドイツ「iF デザイン アワード」で「iF ゴールド アワード 2018(デザイン賞)」を受賞したんだとか。他にもスタイリッシュな家電6種類がズラリ。

また、TWINBIRDからは8種類のアイテムが登場しています。どちらのブランドも白物家電ならぬ黒物家電が印象的。

ACME Furniture SIERRA CHAIR をレンタル

ここからは、数ヶ月前にわたしが実際にお借りしたアクメファニチャーの椅子についてご紹介。

subsclife(サブスクライフ)でACME Furniture SIERRA CHAIRをレンタル

アクメファニチャーの椅子を使うのは今回が初でしたが、思った以上にしっかりとした造りで好印象。他の家具との相性も悪くありません。

また「ナラ無垢材 × レザー」の我が家のソファ(右)とまるで兄弟?な質感と色味。

  • ACME Furniture SIERRA CHAIR
  • ナラ無垢材とレザーのソファ

ダイニングテーブルは置かないと決めている我が家なので、椅子の用途がほぼ無いわけですが(笑)ちょっとした物を置いたり、場所を変えてインテリアとして楽しんだり、模様替え&気分転換には充分でした。

わたしは返却をしましたが、購入目的でレンタルされる方であれば、部屋じゅうどこでも好きに試せるので、サイズや使い心地を確認できるぶん、ミスマッチは防げるかと!

subsclife サブスクライフ月額利用のメリット・デメリット

利用期間は3ヶ月〜24ヶ月の間で自由に選べます。

また、レンタルなので当然、送料&回収手数料が発生します(北海道は安くない・・ここが少し痛いかも(笑)

  • 中古ではなく新品の家具をレンタルできる
  • レンタルした家具を気に入ればそのまま購入することも可能
  • 嬉しい補償付き(故意・重過失は補償の対象外)
  • 月額払いなので気になる家具を気軽に利用できる
  • 設定した利用期間をうっかり忘れてしまいそう 
  • 梱包材を取っておくスペースが必要⁈

レンタルした家具が気に入らず、申し込んだ利用期間に満たないうちに返却したい場合は、中途解約手数料(申し込み期間全ての利用料)が掛かるので、大型の家具は利用期間の設定に気を付けたほうがいいかもしれません(置いておくスペースの問題もありますし)

レンタルした家具を「返す」と決めている場合は、梱包材を取っておきたいところですが、そのスペースが無い場合は悩ましい。

ヨコヤム
カスタマーサポートの方に教えていただいたところ、利用期間終了の1ヶ月前には、継続/返却/購入の確認が入り、返却の場合は梱包材を再度ご手配いただけるとのことでした!

subsclife サブスクライフの今後に期待

定期的に模様替えをしたくなるわたしにとって(笑)レンタル家具は嬉しい存在。3ヶ月スパンで借りる家具を変えていけば、1年で4回楽しめますもんね!

なので他に、もう少しブランドを選べるといいなぁと。でもって、家具のコーディネート例が少ないので、ここも強化してもらえると、選ぶときより便利かなぁと感じます。部屋の中でのサイズ感や色味が掴みづらいという方も居ると思うので。

と言いつつ、実際に subsclife(サブスクライフ)を体験して思うのは「賢く使えば失敗もなく、新しい家具や家電を手軽に借りられて楽しい」ということ。これもレンタルだからこそかと。

まだまだ今後も増えるであろうアイテムやブランドをチェックするのが楽しみです!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-インテリア
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.