ダイニングテーブルはいらない。置かない理由と代わりになる家具まとめ

更新日:

ヨコヤム
「ダイニングテーブルは無くても良いのでは……?」と思いながらも、「いやいや、やっぱりあったほうが良いのかも」とお悩みの方へ。
この記事では、「ダイニングテーブルは必要なし」と決めて自宅をリノベーションしたヨコヤムヤムが、そのメリットデメリット、実際の床座生活について徹底解説します。
ヨコヤム

ダイニングテーブルは必要ないかもしれない

我が家のリビング

家を建てるときや引越しなどを機に、「ダイニングテーブルを置くかどうか迷う……」という方は少なくありません。

「LDKであれば、置くのが普通でしょ?」と思う方は多いですが、実は「無くても困らない」家具の一つがダイニングテーブルです。

我が家も実際に「不要」と判断。現在もLDKにはダイニングテーブルを置いていません。

ダイニングテーブルを置く派のメリット

ポイント

  • 床よりも椅子に座るほうが楽
  • 子供の宿題スペースにできる
  • 長時間の作業がしやすい

床座に比べると、ダイニングセットのほうが座りやすいですよね?

そのため、来客の際や足腰の悪い方には便利。

お子さんが宿題をするスペースとして使いたいというご家庭も多いです。

また、パソコンを使うなど長時間の作業を行う場合は、床座よりもテーブルのほうが楽。

ダイニングテーブルを置く派のデメリット

ポイント

  • 場所を取る
  • テーブルの上が物置き化しやすい
  • 掃除しづらい

一方、ダイニングテーブルは場所を取るだけでなくテーブルの上に何かと物が溜まったり、掃除の手間も増えてしまいます。

小さなお子さんが部屋の中を動き回るご家庭では、テーブルの角で怪我をする可能性もあり心配です。

ダイニングテーブルは要らないと決めた我が家

リノベーション後の間取り

我が家の間取り

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家のLDKは約18帖。

ダイニングテーブルを置くことも可能な広さですが、リノベーションをする前から「LDKにダイニングテーブルは置かない」と決めていました。その理由は下記。

ダイニングテーブルを置かない理由

  • リビングを広く使いたい(見せたい)
  • DJブースを設置したい
  • 大きなソファを置きたい
ヨコヤム
家族構成にもよりますが、高さのある家具を置かないだけで、LDKはかなりスッキリした印象になるはずです。

ダイニングテーブルの代わりになる家具

では、LDKにダイニングテーブルを置かないと決めた場合どうすれば良いのでしょうか?

ここでは3つの方法をお伝えしながら、それぞれにおすすめのアイテムを人気家具ブランド「LOWYA」からご紹介します。

方法は3つあり

  1. ローテーブルを使う
  2. ソファダイニングを使う
  3. キッチンカウンターを使う

1. ローテーブルを使う

一つ目はローテーブルを使った床座スタイル。

ローテーブルは文字どおり高さがないため部屋が広く感じられます。

折りたたみ式を使えば、子供の遊び場や来客時の寝床としてスペースを有効利用することも可能。

その反面、足の悪い方には不向きですし長時間の作業がしにくいというデメリットがあります。

ローテーブルのメリットデメリット

  • 部屋が広く感じられる
  • フレキシブルに使える(冬はこたつにすることも可)
  • 人によっては立ち座りが大変
  • 長時間の作業には向かない

おすすめ家具|入れ子式ローテブル

サイズ調整が可能な入れ子式のローテーブルは、用途に合わせて使えるのが最大のメリット。

一つはリビング、もう一つは別の部屋で使うこともでき、重ねて収納すれば場所も取りません。

また、ローテーブルで食事する場合は下記のサイズを目安に選んでみてください。

1人用
幅80cm奥行50cm

2人用
幅1m奥行60cm

3人用
幅1.2m奥行70cm

4〜6人用
幅1.5m奥行80cm

レビュー数70件。1万円台でコスパが良いと評判です

2. ソファダイニングを使う

二つ目はソファダイニングを使う方法です。

ダイニングテーブルとソファをそれぞれ配置するのではなく、ソファとセットでレイアウトすればLDKをより広く使うことができます。

ソファダイニングのメリットデメリット

  • LDKを広く使える
  • 長時間の作業もしやすい
  • 人数が多い場合は移動が大変
  • ソファに合わせるためレイアウト変更しづらい

おすすめ家具|ソファダイニングセット

はじめからセット家具を選べば、サイズ選びに悩む必要はありません。

ソファも二人掛け・一人掛けと分かれているため、レイアウトを組みやすい点もメリット大。

脚つきであればより部屋が広く感じられるほか、掃除もしやすいです。

レビュー数157件。10畳のリビングに家族4人で囲んでも問題ありません

3. キッチンカウンターを使う

キッチンカウンターは食事だけでなく作業台としても使えて一石二鳥。

特に、壁付けキッチンのお宅にぴったりな家具です。

収納も兼ねるため、食材のストックや細々したもを仕舞うのにも便利なはず。

キッチンカウンターのメリットデメリット

  • キッチンでの作業台としても使える
  • 収納力があり便利
  • 通常のダイニングテーブルに比べ高さがやや高い
  • 大家族には向かない

おすすめ家具|収納つきキッチンカウンター

キッチン横に並べて配置するほか、リビングとの間仕切りにもなるキッチンカウンター。

可動板で収納部分を調整でき、レンジなどの家電も設置できます。

作業台として使う場合は、立ったままあるいは座るなど二通り選べる点も便利です。

レビュー数12件。4人家族でも食卓にできます

「ダイニングテーブルは要らない」によくある質問

Q. LDKが何帖あればダイニングテーブルは置ける?

ヨコヤム
キッチンを除くリビングダイニングの広さが、最低でも15帖以上あるほうがいいのでは?というのが個人的な意見です。

ソファやテレビも置くことを考えると、15帖未満では圧迫感を感じます。

実際、ダイニングテーブルを置くか置くまいか悩む方の多くは、リビングダイニングが15帖前後の方に多いです。

Q. ローテーブルで食事する時は正座ですか?

ヨコヤム
ローテーブルの高さ次第ですが、40cm以上の場合は座椅子やスツールがあると食べやすいです。

反対に、高さが30cmであれば正座がちょうど良いでしょう。

床がフローリングの場合はラグやカーペットの上にテーブルを設置してください。

ダイニングテーブルは要らないまとめ

賃貸物件の場合は広さ(または間取り)から、ダイニングテーブルの有無が決まりますが、新築やリノベーションをする場合は「置きたい家具を元に間取りを決める」のも一つの方法です。

ダイニングテーブル、ソファ、テレビの三つを置くときは、最低でもLDKが15帖前後ないと難しいと予想しますが、これは部屋全体の間取りも関係するため、必ずしもそうとは言い切れません。

「ダイニングテーブルを置いたら部屋が狭くなりそう……」と心配な方は先ず、床座生活からスタートし、それからダイニングテーブルの購入を検討しても遅くはないはず。

ご紹介のとおり代わりになる家具もあるので、これを機に「あって当たり前」を大いに疑ってみてください。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。リノベに関するお悩み相談やインテリアのアドバイザーをしながら、執筆や監修などライターとしても活動中。某フィットネスメディアの編集長でもあります。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.