無垢フローリングのワックス問題。おすすめはアウロのワックスシート

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。
この記事では「無垢フローリングにワックス掛けは必要なの?」「自宅の無垢床にワックス掛けが必要か分からない」という方に向け、その判断基準を詳しく解説。
ヨコヤム
ヨコヤム
そのうえで無垢フローリングのお手入れに便利な、天然成分のアウロアイテムもご紹介します。

無垢フローリングにワックス掛けは必要なのか

ワックス掛け中のフローリング

ポイント

  • 表面の仕上げ材が浸透性塗料の場合:ワックス掛け必要なし
  • 表面の仕上げ材がコーティング系塗料の場合:ワックス掛け必要
無垢フローリングにワックス掛けが必要かどうかは、無垢材の仕上げによって異なります。
ヨコヤム

一見、何も塗っていないように見える無垢材ですが、実際は木の表面に「塗装」を施されていることがほとんど。

そのためワックス掛けが必要かどうかは、「塗料の違い」によって決まります。

結論1. 浸透性塗料が塗られた無垢材はワックス掛け不要

無垢材は本来、その自然な質感や調湿効果(※)を最大限に生かすため、オイル、蜜蝋など「浸透性塗料」で仕上げることが多い素材。

「浸透性塗料」は無垢材の表面に膜を作ることなく木の中に浸透するため、呼吸を妨げません。

ヨコヤム
つまり、浸透性塗料で仕上げた無垢材にワックスはご法度。

ワックスの代わりに、同じ浸透性塗料を使う「再塗装」のお手入れがおすすめです。

例えば、

  • オイル塗装の無垢材にはオイルを再塗装
  • 蜜蝋塗装の無垢材には蜜蝋を再塗装

というように、定期的に塗り重ねすると無垢材のかさつきを防ぎ、より美しい経年変化を楽しむことができます。

※調湿効果とは、室内の温度にあわせて湿度調整する無垢材の作用のこと

結論2. コーティング系塗料が塗られた無垢材はワックス掛けが必要

同じ無垢材であっても、仕上げに「コーティング系塗料」が塗られている場合はワックス掛けが必要です。

コーティング系塗料とは「木の表面に膜を作る塗料」を指し、ウレタン塗装などが代表的。
ヨコヤム

木の表面に蓋をする塗料の場合は、再塗装ではなくワックス掛けでお手入れすると艶の維持や傷防止に役立ちます。

おすすめは後述するアウロのフロアー用ワックス

木樹を問わない天然原料で体に優しいアイテムです。

知っておきたい無垢フローリングのお手入れ方法

フローリングを乾拭きする人の手

ここでは、無垢フローリングの基本的なメンテ方法を解説します。

基本は「乾拭き」ですが、月に1〜2度は水拭きやワックス掛けもおすすめです。

お手入れ方法1. 無垢フローリングは乾拭きが基本

ヨコヤム
無垢フローリングの掃除は乾いた雑巾を使って、表面を拭き取るのが基本です。

このとき、洗剤は不要。

薬剤などが含まれていない布で汚れを拭き取ります。

お手入れ方法2. 一ヶ月に一度は水拭きをする

普段のお手入れは乾拭きが基本ですが、1ヶ月に一度は固く絞った雑巾で床を水拭き(※)してください。

汚れやすい窓際や玄関は特に、水拭きすることで汚れが落ちやすくなります。
ヨコヤム

※表面の塗料によっては水拭き不可の場合もあります。不明点がある場合はメーカーに問い合わせてください。

お手入れ方法3. ワックスシートを使ってワックス掛けをする

ヨコヤム
無垢フローリング専用の「ワックスシート」を使って、床を綺麗にする方法もあります。

ワックス掛けが不要の無垢床であっても、表面を綺麗にしたい人、ペットを飼っていて床が汚れやすい人におすすめです。

次項でご紹介するアウロのアイテムをぜひ、掃除に取り入れてみてください。

無垢フローリングのメンテナンスにはアウロのワックスシートが便利

無垢フローリングの水拭きついでに「表面をより綺麗にしたい」という時は、アウロのワックスシートがおすすめです。

ヨコヤム
アウロのワックスシートは、汚れ落としとワックス掛けが一度にできる便利アイテム。

「ワックス」と言っても使われているのは天然成分のため、無垢材を傷めることはありません。

アウロについて

愛用しているアウロのメンテナンスワックスシート

我が家もアウロを愛用しています

アウロは、塗料、ワックス、洗剤など全ての製品を100%天然原料で造るドイツの自然塗料メーカー。

昨今では当たり前のように使われる石油系合成原料を含まず、 生物や環境に負担となる防腐剤なども一切含んでいません。

使い方は簡単。フローリングワイパーに付けて床を拭くだけ

ワックスシートの使い方は至って簡単。

お手持ちのフローリングワイパーにワックスシートをセットし、あとは床を拭くだけです。

もちろん、素手に持って床拭きしてもOK。

アウロのワックスシートは1枚あたり12帖をカバー

シートには1パックあたり10枚入っており、品質保持期限は1年。

月に2回の使用であれば一年使えます。
ヨコヤム

また、シートは厚手で簡単には破れません。

人工的なツヤやベタつきがなく、天然原料のおかげで小さなお子さんやペットを飼っている家庭でも安心して使用できます。

アウロでおすすめのワックス

ここからは、「他にもおすすめのワックスを知りたい」「年に一度はワックス掛けをしたい」という方に向け、アウロでおすすめのワックスをご紹介。

一つ目は「無塗装の無垢材向け」、二つ目は「木樹を問わないワックス」と、どちらも使いやすいワックスです。

無塗装の無垢床にはツーインワンオイルワックス

アウロのツーインワンオイルワックス

無塗装の無垢材に塗る場合は、本格的なワックス(油性・溶剤不使用)をおすすめします。

一度塗りで塗装が完了するため初心者に優しく、施工性、安全性、コスパのバランスが良い人気商品。

無塗装の無垢床はワックスで表面の保護が必要です

 

汚れを落としながらワックス掛けしたい人にはフロアー用ワックス

アウロのフロアー用ワックス

フロアー用ワックスは木の種類を問いません。

バケツの水にワックス液を混ぜ、雑巾で拭くだけという手軽さのため、汚れを落としながらワックスを掛けたい人には一石二鳥の商品。

30倍に薄めて使うため経済的です。

汚れやすい木樹やお子さんがいらっしゃる家庭におすすめ

 

無垢フローリングのワックス問題まとめ




2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。

LDKを無垢フローリングにしましたが、これまで一度もワックス掛けはしていません。

普段は乾拭きし、月に2回だけアウロのワックスシートを使って床拭きしています。

おかげで今も、無垢フローリングは綺麗な状態。

ワックスシートは「手軽に無垢床を綺麗にしたい」という人にとって、もってこいのアイテムです。

簡単手間要らずで無垢床を綺麗にできる

 

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-リノベーションの基礎知識
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.