yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

スケルトンリフォーム10日目|『 L45 』の正体

スポンサーリンク

 解体と再生

「昨日ね、床材が搬入されてたよ」と教えてくれたマンションの管理人さん。
工事の様子を管理人さんと話していると、どこからか「ドンドンドンドン!カンカンカンカン」
どうやら我が家の工事の音。マンションはコンクリート造だからか、音が響く響く・・。

管理人さんは「今日なんて序の口。これからもっと大きくなりますよ」と、まるで現場の職人さんのようにサラり。

理解ある管理人さんで良かったと胸を撫で下ろしつつ(話しやすくて親切な方なんです)、心の中で「住人のみなさまごめんなさい」と謝りながらエレベーターに乗って現場へ!

これが『L45』なのか!

現場に行くと、遮音材?と言うのでしょうか『L45』と呼ばれるモノが敷き詰められていました。
わたしたちのマンションの場合、遮音性能についての規約があり『L45以上』というルールになってます。
(マンションリノベをお考えの方は、工事前に必ず管理規約の内容をチェックしましょう!)
「床は4センチ高くなります」と設計士さんが仰っていた理由は、この上に無垢を乗せるからなんですね。

遮音材が敷かれたリビング

造作するキッチンカウンター

キッチンとリビングの間に、間仕切り代わりの造作カウンターを造ります。これはその下地。
画像右側、天井まで下地があるところは、リビングから冷蔵庫が見えないよう、壁を作ります。

キッチンの造作カウンターの下地

カーテンボックス撤去

窓周りにも梁があり、更にカーテンボックスまであるおかげで、なんだかスッキリしない窓周り。
カーテンボックス(画像左側)は、取っちゃおうと思い「梁ギリギリまで木枠を取ってください。カーテンレールも必要ないです」と、先日現場で大工さんにお願いしたところ、綺麗に撤去されていました(これでスッキリ!)
図面では気付かなかったことなので、現場に足を運んで良かったことのひとつです。

↓Before

リフォーム前のリビングの窓上の木枠 

↓After

リフォーム後のリビングの窓上の木枠木枠を削りスッキリさせたリビングの窓周り

おわりに

寝っ転がって撮ってみた我が家の天井。思っていたより綺麗。ニヤリニヤリ。

リノベーションで露にしたリビングのコンクリート天井

RECOMMENDこちらの記事も人気です