yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

ダイソンでもなくマキタでもない。買ってよかった『±0(プラスマイナスゼロ)』のコードレスクリーナー

スポンサーリンク

※過去記事をリライトしました※

インテリアに馴染むプラスマイナスゼロのコードレスクリーナーVer.2 A020


ダイソンの良さも分かるし、ルンバもいい。
メインの掃除機を買い換えるなら、ハイエンドなものに惹かれますが、サブ掃除機にダイソンやルンバは勿体ない。

残るはマキタか・・と悩み続けて、最終的に選んだのは、日本発のデザイン家電ブランド『プラスマイナスゼロ』のコードレスクリーナー。
プラスマイナスゼロ | ±0の公式サイト

邪魔しないデザイン&サブ掃除機としての手軽さ

 

気が付いたときに、ささっと手に取れて掃除できるコードレスが欲しい!という訳で『リビングに置いてもOKなデザイン』が掃除機選びのテーマでした 。

Ver.2 A020の気になるスペック


初代『Ver.1(Y010)』と、後継機種の『Ver.2(A020)』がありますが、わたしが購入したのはVer.2。

  • 総重量:約2.3㎏(スタンド含む)
  • バッテリー:リチウムイオン電池
  • 充電時間:6時間
  • 連続使用時間:ハイパワー・約20分/ 強・約30分/ 標準・約70分

隙間ノズル用のホルダーがあるので、ロングノズルにセットしたままの状態で掃除も収納もOK。
また、ロングノズルを外して、隙間ノズルを付ければハンディクリーナーとしても使えます。
無垢の床とプラスマイナスゼロのコードレスクリーナー
ヘッドが小さ過ぎない?とはじめは思いましたが、この方が掃除しやすいと実感。
ハイパワーにすると音もそこそこ出る気がしますが、あまり気にはなりません。そして、軽い!

プラスマイナスゼロ・コードレスクリーナーのバッテリー
手の平サイズのバッテリー。
画像のように取り外した状態or本体にセットしたままの状態、どちらでも充電できます。

洗えて便利。EPAフィルター

 

紙パック式ではなく、洗って繰り返し使えるサイクロン式だったことも選んだ理由のひとつ。
水で洗ってしっかり乾かすだけでOKです。

使い方にもよると思いますがEPAフィルターの交換目安は1年だそう。買い替えと言っても安いので、これまたポイント高し。

別売りでブラシノズルや布団圧縮袋用のアダプターなどもあります

ブラシノズルが別売りでなければ・・なんて思っちゃいますが、機能面もデザイン性も気に入ってます(ツヤなしタイプもあればベスト)。
吸引力はマキタと同等か、少し劣るくらいかと。

おわりに

床がカーペットだったり、ペットを飼っているなど「吸引力にこだわりたい」という方は多いと思いますが、我が家のようにラグやマットが一枚もない&全室フローリングであれば、そもそもハイエンドな掃除機は必要ないかも・・って最近思います。

RECOMMENDこちらの記事も人気です