マンションリノベーション10日目|遮音等級L45の正体

更新日:

ヨコヤム
マンションリノベーション10日目。今日は、普段はなかなか見ることのない遮音材「L45」が現場に届いていました。

リノベーション工事10日目の様子

終わりを迎える解体とはじまる再生

現場に到着すると、「昨日ね、床材が搬入されていましたよ」と教えてくれたマンションの管理人さん。

工事の状況を管理人さんと話していると、どこからか「ドンドンドンドン。カンカンカンカン」。どうやら我が家の工事の音です。

マンションはコンクリート造だからか、音が響く響く……!

管理人さんは「今日なんて序の口。これからもっと大きくなりますよ」と、まるで現場監督のような発言(笑)

理解ある管理人さんで良かった……と胸を撫で下ろしつつ、心の中で「住人のみなさまごめんなさい」と謝りながらエレベーターに乗って現場へ向かいました。

造作するキッチンカウンター

造作するキッチンカウンター

造作するキッチンカウンターの下地

キッチンとリビングの間に、間仕切り代わりの造作カウンターを造ります。これはその下地。

画像右側、天井まで下地があるところは、リビングから冷蔵庫が見えないよう、壁を作ります。

カーテンボックスを撤去

  • リフォーム前のリビングの窓上の木枠
  • リフォーム後のリビングの窓上の木枠

Before→After

窓まわりに梁がある我が家。そこに加えてカーテンボックスまであるため、なんだか見た目にスッキリしません。

そのため「カーテンボックス(画像左側)は取ってしまおう」と思い、「梁ギリギリまで木枠を取ってください。カーテンレールも必要ありません」と、先日現場で大工さんにお願いしたところ、綺麗に撤去されていました。

図面では全く気付かなかったため、現場に足を運んで良かったことの一つです。

これが遮音材「 L45 」の正体

遮音等級L45

遮音材が敷かれたリビング

現場に行くと、遮音材「L45」が敷き詰められていました。

わたしたちのマンションの場合、遮音性能についての規約があり「L45以上」というルールになっています(マンションリノベをお考えの方は、工事前に必ず管理規約の内容をチェックしましょう)

「床は4センチ高くなります」と設計士さんが仰っていた理由は、この上に無垢木を乗せるからなんですね。

リノベーション工事10日目まとめ

リノベーションで露にしたリビングのコンクリート天井

現場に寝っ転がり……撮ってみた我が家の天井。思っていたより綺麗でニヤリニヤリ。

日に日に変化していくリノベーションの様子が見られるのは、楽しくて仕方ありません!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。リノベに関するお悩み相談やインテリアのアドバイザーをしながら、執筆や監修などライターとしても活動中。某フィットネスメディアの編集長でもあります。

-我が家のリノベ記録
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.