壁付けキッチンに後悔なし!選んだ理由とメリットデメリットまとめ

投稿日:

ヨコヤム
2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションした我が家。システムキッチンには、あえての「壁付け」を選択しました。「キッチンはやっぱり対面式でしょ?」というイメージが強い日本ですが、必ずしも「Yes」とは言い切れません。

壁付けキッチンを選んだ理由

壁付けキッチンを選んだ理由

  • リビングに広がりを持たせたい
  • 玄関からリビングに入った時シンクが真っ先に見えてしまうのは嫌
  • 収納はなるべく見えないようにしたい
  • 匂いの広がりを最小限にしたい
  • シンクからの水はねを避けたい

日本では、「アイランド」や「ペニンシュラ」「L型」など、今や対面式キッチンが主流ですが、壁付けキッチンも根強い人気があります。

それぞれに一長一短があり、正解は選ぶ人次第ですが、わたしの答えは「壁付けキッチン」でした。

壁付けキッチンのメリットデメリット

壁付けキッチンと一口に言っても、オープンなのかセミオープンなのか、あるいは間取りによっても使い勝手は異なります。

オープン型の壁付けキッチンにした我が家が感じるメリットデメリットは下記です。

壁付けキッチンのメリットデメリット

  • リビングを最大限に広く使うことができる
  • 料理に集中できる
  • キッチンカウンターを作業台として使える
  • 間仕切などで目隠ししない場合はキッチンが丸見えになる
  • 吊戸棚を付けられるメリットはあるものの圧迫感が出てしまう

キッチンは「見せる」と「隠す」のバランスが大切

家の中で一番、生活感の出やすい場所といえばキッチン。

どんな配置であれ、キッチンを「オープン」な状態にすると、カップボードや家電がどうしても視界に入ってしまいます。

そのため、「キッチンをなるべく見せたくない」という方は「クローズ型(独立型)」が一番です。

また、「I型」も「Ⅱ型(セパレート型)」も、「アイランド」も「ペニンシュラ」も……オープンキッチンにする場合は必ず「見られます」。

壁付けキッチンであれ何であれ、結局のところキッチンは「見せる隠す」のバランスが大切。

壁付けキッチンの魅力は空間の一体感と省スペース化

壁に沿って一列に並ぶ壁付けキッチンは、部屋がスッキリして見えるだけでなく、リビングやダイニングを広く使うことができます。

リビングダイニングと一体感を持たせやすいうえ、「見せる収納」を意識すれば、インテリア映えさせやすいところも特徴の一つ。

また、対面式キッチンに比べ、スペースを取らずに済むのも大きなメリットです。

システムキッチンはクリナップのラクエラ

リノベーションの際、我が家がキッチンに採用したのはクリナップの「ラクエラ」シリーズです。

決してグレードの高いキッチンではないですが(笑)特に不便はありません。

詳細は下記の記事にまとめています。

吊り戸棚は不要。おすすめは使い勝手の良い飾り棚

足場板とアイアンで設置した壁付けキッチンの飾り棚

壁付けキッチンといえば、多くの場合「吊り戸棚」が設置されています。

収納力が魅力の吊り戸棚ですが、気になるのが圧迫感。

さらに、手が届く高さが限られる点や、扉の開け閉めが面倒なところもデメリットだと言えます。

ヨコヤム
反対に、扉のない飾り棚は「丸見え」になりますが、そのぶん普段使いするものを手に取りやすいため便利です。

毎日使うキッチンだからこそ、動線は非常に大切。

「整理整頓が苦手」「ものが多い」方には不向きですが、そうでない方にとっては特にデメリットは感じないと思います。

【海外事例】キッチンのアイデアは海外がおすすめ

ダイニングテーブルでリビングと間仕切る

インダストリアルな海外の壁付けキッチン

出典:clvser

「省スペース化」を目的に壁付けキッチンを採用する場合は、ダイニングテーブルを置くのが一般的なレイアウト。

シンクの高さとテーブルの高さが合うと、見た目にもスッキリします。

ワークテーブルとダイニングテーブルを一緒に配置

海外の壁付けキッチン

出典:Instagram

スペースに余裕があるときは、大きなワークテーブルを置いたり、カウンターテーブルをセットにしながら、ダイニングスペースを作ることもできます。

Tの字にダイニングスペースを設ける

出典:BHG.COM

日本ではなかなか、ここまでのスペースを確保できませんが、Tの字にダイニングをセットするとまた、雰囲気が変わります。

長い一枚板を使えば、半分を作業スペース、半分をダイニングにすることもでき、使い勝手が良くなります。

壁付けキッチンまとめ

実は、悩みに悩んで「壁付けキッチン」を選択したわたしたち(笑)ですが、後悔は全くありません。

「対面式が普通」と思われがちな昨今ですが、「壁付けキッチンも悪くない」ということを、今後も熱く語っていきたいと思います(笑)

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 3

家具のサブスクリプションサービス全6社「サブスクライフ」「クラス」「エアルーム」「スタイリクス」「kaggレンタル」「フレクト」の特徴や料金、サービスを徹底比較。実際にレンタルしたサブスクライフのレビューも含め、レンタル家具のメリットデメリットをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.