yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





マンションリノベ・リフォーム。対面式か壁付けか?壁付けキッチン支持派の意見

この記事をシェアする

壁付けキッチンは見せる・隠すのバランスが大事


壁に沿って一列に並ぶ壁付けキッチンは、部屋がスッキリして見えるだけでなく、リビングやダイニングを広く使うことができます。

壁付けキッチンと造作カウンター上のアイアンラック

「キッチンを見られたくない」ならクローズ型(独立型)が一番!

I型もⅡ型(セパレート型)もアイランドもペニンシュラも・・オープンキッチンにする場合は必ず「見られます」。結局のところ、どのキッチンも「見せる・隠す」のバランスの違いでしかないと思うんです。

 

空間の一体感と省スペース化


壁付けキッチンは、読んで字の如く、壁に沿わせるので、リビングやダイニングと一体感を持たせやすく、見せる収納で、インテリア映えさせやすいのが良いところ。

また、対面式に比べると壁付けの方がスペースを取らずに済みます。

圧迫感の軽減=飾り棚


収納力が魅力の吊り戸棚ですが、気になるのが「圧迫感」。手が届く高さは限られる&扉の開け閉めが面倒なので、普段使いするものをあまり入れておけないというデメリットもあります。

一方、「丸見え」な飾り棚ですが、扉がない分、普段使いするものを手に取りやすいというメリットが。毎日使うキッチンなので、こういう動線は非常に大事!

足場板とアイアンで設置した壁付けキッチンの飾り棚

ワークテーブルやカウンターテーブルで自由自在に


「省スペース化」が目的の壁付けキッチンの場合は、ダイニングテーブルを置くのが一般的なレイアウトですが、スペースに余裕があるときは、大きなワークテーブルを置いたり、カウンターテーブルを使って、リビングと間仕切ることもできます。

インダストリアルな海外の壁付けキッチン1

出典:Honeymoon

インダストリアルな海外の壁付けキッチン2

出典:Instagram

インダストリアルな海外の壁付けキッチン3

出典:Industrial Meets Rustic in this Kitchen

おわりに

賃貸時代と同様、わたしたちも当初は対面式を検討しましたが、悩みに悩んで壁付けを選択。今では少数派かもしれないですが、全く後悔ありません!

RECOMMENDこちらの記事も人気です