ダイソンマキタと比較。プラスマイナスゼロのコードレスクリーナー

投稿日:2019年6月12日 更新日:

ヨコヤム
今や当たり前と化したコードレスクリーナーですが、どのメーカーを選ぼうか悩む……という方は少なくないはず!そこで今回は、ダイソンやマキタと迷ってプラスマイナスゼロを選んだ理由と、使って2年以上が経つ今の感想をまとめます。

ダイソンのコードレスクリーナーは色がダサい

「ダイソン のコードレスクリーナーは色がダサい」だなんて、ダイソンユーザーの方々ごめんなさい。
ですが……同じことを思った人はきっと多いと感じます。

「機能重視で色は我慢」。
そんな声も聞こえてきそうですが、もしそうだとすればデザインに納得していないユーザーを、機能面で推せるダイソンもこれまた凄いメーカーだと思います。

メタリックな感じは決して嫌いではないですが、なぜ赤や青なのでしょう……。
「他の色も欲しい」という声は絶対あるはずなのに、なぜ変えないのだろうかと考えてしまいます。

もし今後、マットブラックやマットグレーのダイソンが発売されたら、その時はわたしも購入しようと思います(笑)

障害物や段差が気になるためルンバは却下

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしたわたしたち夫婦。
「新居にルンバはどうだろう?」と考えましたが最終的には却下。その理由は主に下記の3つです。

乗り越えられない段差がある
椅子などの障害物を撤去しておく必要がある
部屋が完璧に綺麗になるわけではない

使い始めたばかりの頃はきっと、隅々まで掃除を出来ているかチェックしますよね?
綺麗になるならOKですが、部屋の四角や気になる場所というのは大抵、掃除しにくい場所のため……当然ルンバでも難しいと予想します。となると結局は「人の手」が必要です。

また、掃除がもともと好きなので自分の目で見ながら掃除するほうが、納得もできるし達成感があります(笑)

あると便利な家電ですが、無くても全く問題なし。ならばもっと実用的なコードレスクリーナーを買おう!と思ったのがダイソンやルンバを見送りにした理由です。

プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーはインテリアに馴染む

ダイソンは色がNG。残るはマキタか……と悩み、最終的に選んだのは日本発のデザイン家電ブランド「プラスマイナスゼロ」のコードレスクリーナーでした。

マキタも定評のあるメーカーのため、どうしようか家電売り場で散々考えましたが……デザイン優先でプラスマイナスゼロに決定。
マキタには無いすっきりとしたフォルムとデザインがツボでした。

コードレスクリーナーはハンディクリーナーとしても使用可能

出典:プラスマイナスゼロ公式サイト

プラスマイナスゼロ・コードレスクリーナーのスペック

  • 総重量:約2.3㎏(スタンド含む)
  • バッテリー:リチウムイオン電池
  • 充電時間:6時間
  • 連続使用時間:ハイパワー・約20分/ 強・約30分/ 標準・約70分

コドレスクリーナーは、隙間ノズル用のホルダーがあるため、ロングノズルにセットしたままの状態で掃除も収納もできます。
また、ロングノズルを外して隙間ノズルを付ければハンディクリーナーとしても使用可能。

気になる掃除機の音

とにかく軽いプラスマイナスゼロのコードレスクリーナー。
「ヘッドが小さ過ぎやしないか?」とはじめは思いましたが、これが掃除しやすい理由だと実感します。

ハイパワーにすると音はそこそこ出ますが(笑)
「掃除機ってこんなものかな?」という感じです。標準モードであれば、音はそれほど気になりません。

手の平サイズのバッテリーで充電も楽

プラスマイナスゼロ・コードレスクリーナーのバッテリー

コードレスクリーナーのバッテリー

バッテリーは手の平サイズでとてもコンパクト。
画像のように取り外した状態もしくは本体にセットしたままでも充電ができ便利です。

紙パックレスで洗えて便利なEPAフィルター


紙パック式ではなく、洗って繰り返し使えるサイクロン式だったこともプラスマイナスゼロを選んだ理由の一つです。

使い方は簡単。
水で洗ってしっかり乾かすだけでOKです。

また、気になるEPAフィルターの交換目安は1年。
買い替えと言っても安いため、これまたポイント高し!です。

別売りでブラシノズルや布団圧縮袋用のアダプターなどもあります。

プラスマイナスゼロの掃除機を2年使ってみた感想

強力な吸引力が必要だとは限らない

無垢の床とプラスマイナスゼロのコードレスクリーナー

床がカーペットのお宅やペットを飼っている人であれば、吸引力にこだわりを持つのも理解できますが、我が家のようにラグやマットが一枚もなく、全室がフローリングの場合は、そもそもハイエンドな掃除機は必要ないと感じます。

もちろん、吸引力があるに越したことはないですが、日頃の掃除の仕方に合わせて価格に見合う機能と納得のいくデザインで、掃除機を比較してもいいのでは? というのがわたしの意見。

見た目はオモチャみたいなプラスマイナスゼロの掃除機ですが、購入を後悔したことはありません。

ヘッドが硬くて取り外しにくい

プラスマイナスゼロ コードレスクリーナー

出典:プラスマイナスゼロ公式サイト

プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーを使いはじめて早2年。
総じて便利なのですが、一つだけ不満があります。それはヘッドの付け替えが大変という点。

と言いますのも……画像のようにヘッドを隙間ノズルに付け替えて掃除したいとき、ヘッドが硬くてなかなか外れない……のです!
これは困った困った。

わたし一人ではどうにもならず、夫になんとか外してもらっていますが、毎回これでは不便。
わたしの使い方のせいでしょうか……。はじめはスル〜っと外せていたので不思議です。

新しいモデルでは、その点が改良されている……?といいのですが。
以上、参考になれば幸いです!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-ベストバイ
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.