ダイソンマキタと比較。プラスマイナスゼロのコードレスクリーナー

更新日:

ヨコヤム
今や当たり前と化したコードレスクリーナーですが、どのメーカーを選ぼうか悩む……という方は少なくないはず。
そこで今回は、ダイソン、マキタと迷ってプラスマイナスゼロを選んだ理由と、愛用歴4年で分かったメリットデメリットをまとめます。
ヨコヤム

「ダイソン」「ルンバ」「マキタ」の3社と比較

ダイソンは色がダサい

ダイソンのコードレスクリーナー

出典:楽天

ヨコヤム
「ダイソンのコードレスクリーナーは色がダサい」。そう感じる方は少なくないはず。

※ダイソンユーザーの方々ごめんなさい

「機能重視で、色は我慢」。という意見もあるため、デザインに納得していないユーザーを機能面で推せるのはダイソンならでは。

メタリックな色味は決して嫌いではないものの、なぜ赤や青なのでしょうか……。
ヨコヤム

「他の色も欲しい」という声は絶対あるはず。

なのになぜ、そのスタイルを変えないのだろうかとつい、考えてしまいます。

もし今後、マットブラックやマットグレーのダイソンが発売されたら、その時はわたしも購入すると思います(笑)

ルンバは音がうるさく床に物があると掃除できない

モニターとしてルンバをレンタル

実際にレンタルした「ルンバe5」

2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしたわたしたち夫婦。

ヨコヤム
「新居にルンバはどうだろう?」と思いサブスクを利用しましたが、最終的には却下。

その理由は主に下記の3つです。

ルンバのデメリット

  • 床に物があると掃除できない(家具に衝突する)
  • 効率良く動けない
  • 音がうるさい

音が想像以上にうるさいため、ルンバを使うのは家を留守にするとき以外おすすめしません。

また、家中の部屋全てを掃除できる機種もありますが、価格の安い機種は基本的に1部屋しか掃除できないのも残念ポイント。

床に置いてあるものを移動させるのは面倒ですし、家具にバンバンあたるのも許せません(笑)
ヨコヤム
  • ルンバ一台で家中を掃除できない(一部の機種は可能)
  • 部屋の隅や家具と壁の隙間など、結局は人の手が必要
  • 床に置いてあるものや家具を動かすのが手間

あると便利な家電ですが「無くても全く問題なし」と、わたしは判断。

「実用的でデザインにも納得のいくコードレスクリーナーのほうが役に立つ」と思ったのが、ダイソンやルンバを見送りにした理由です。

マキタは機能的な反面デザイン性に劣る

ヨコヤム
「ダイソンは色がNG。残るはマキタか……」と悩み、最終的に選んだのは日本発のデザイン家電ブランド「プラスマイナスゼロ」のコードレスクリーナーでした。

マキタも定評のあるメーカーのため、どうしようか家電売り場で散々考えましたが……デザイン優先でプラスマイナスゼロに決定。

マキタには無い、すっきりとしたフォルムとデザインがツボでした。
ヨコヤム

プラスマイナスゼロ「コードレスクリーナー」のメリットデメリット

わたしが購入したプラスマイナスゼロ掃除機のスペック

  • 総重量:約2.3㎏(スタンド含む)
  • バッテリー:リチウムイオン電池
  • 充電時間:6時間
  • 連続使用時間:「ハイパワー」約20分|「強」約30分|「標準」約70分

※2016年に購入した「A020」のスペックです。現在は販売終了しており、上位モデルとなる「B021」「Y010」「C030」は更に高機能な掃除機へと進化しています

ヨコヤム
プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーの良さは、「軽い」「おしゃれ」「メンテナンスが楽」の3つ。

反対に「ハイパワーにすると音が気になる」点がデメリットです。

次項で詳しく解説します。

プラスマイナスゼロの掃除機は軽い

出典:プラスマイナスゼロ公式サイト

プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーは、とにかく軽いです。
ヨコヤム

はじめのうちは「ヘッドが小さ過ぎでは?」と感じましたが、このコンパクトさが掃除しやすい理由だと実感します。

また、プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーには隙間ノズル用のホルダーがあり、掃除機の頭に付け替えればハンディクリーナーとしても使用可能。

ヨコヤム
壁と家具の間はもちろん、車の掃除にも役立ちます。

また、隙間ノズルは掃除機本体にセットしたまま収納できるため、別の場所で保管する必要や無くす心配もありません。

なお、別売りで「ブラシノズル」や「布団圧縮袋用」のアダプターもあります。

プラスマイナスゼロの掃除機はおしゃれ

プラスマイナスゼロの掃除機はおしゃれ

出典:plusminuszero

プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーは、ご覧のとおりとてもシンプルなデザイン。

ダイソンのような派手さがないため、リビングや玄関に置いても悪目立ちしません。
ヨコヤム

カラーも豊富にあり、インテリアに合わせて好みの色を選べます。

プラスマイナスゼロの掃除機はメンテナンスが楽

プラスマイナスゼロは紙パックレス。

ヨコヤム
洗って繰り返し使えるサイクロン式という点も、この掃除機を選んだ理由です。

メンテナンスは簡単。

上記画像にある「EPAフィルター」を水で洗ってしっかり乾かすだけでOKです。

プラスマイナスゼロの掃除機はハイパワーにすると音がうるさい

プラスマイナスゼロ・コードレスクリーナーのバッテリー

バッテリーは手の平サイズでコンパクト。本体にセットしたまま充電できるほか、取り外した状態でも可能です

標準モードであれば音はそれほど気になりませんが、ハイパワーにすると少々「うるさい」です。
ヨコヤム

しかしながらこれは、プラスマイナスゼロに限った話ではないはず。

自宅以外の場所でダイソンを使ったことがありますが、音はやはりそれなりに出ます。マキタも同様です。

プラスマイナスゼロの「コードレスクリーナー」を4年使って思うこと

強力な吸引力が必要だとは限らない

無垢の床とプラスマイナスゼロのコードレスクリーナー

我が家は初期モデルのブラックを愛用中

床がカーペットのお宅や、ペットを飼っている人であれば「吸引力」にこだわりを持つのも理解できます。

ヨコヤム
しかしながら全ての部屋がフローリングで、ペットや子供が居ない場合は、ハイエンド掃除機でなくても問題ないはず。

もちろん、吸引力があるに越したことはないですが「価格に見合う機能と納得のいくデザイン」で掃除機を比較してもいいのでは? というのがわたしの意見。

一見、オモチャのようみ見えるプラスマイナスゼロの掃除機ですが、購入を後悔したことはありません。

「吸引力が劣る」と感じたことはなく、4年間壊れることもなかったため引き続き愛用したいと思っています。

使っているうちにヘッドが取り外しにくくなったのは残念

プラスマイナスゼロ コードレスクリーナー

出典:plusminuszero

プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーを使いはじめて4年。

総じて便利なのですが、一つだけ不満があります。

それはヘッドの付け替えが大変という点。
ヨコヤム

と言いますのも……画像のようにヘッドに「隙間ノズル」を付け替えて掃除したいとき、ヘッドが硬くてなかなか外れない……のです。

これは困った困った。

わたし一人ではどうにもならず、夫になんとか外してもらっていますが、毎回これでは不便。

わたしの使い方のせいでしょうか……。はじめはスルっと外せていたので不思議です。

新しいモデルでは、その点が改良されている……?といいのですが。

プラスマイナスゼロ「コードレスクリーナー」の口コミ

出典:楽天

楽天を見ると数百件以上の口コミがあります。

なかには「高級感がない」「突然壊れた」などの口コミも見られましたが、デザイン性や小回りの良さを評価するコメントが多いです。

高評価の口コミ

※現行モデル「C030」の口コミです

軽くてコンパクト、吸引力もそこそこあって1Kや1Rのお部屋にはかなりお勧めです。
見た目もゴツゴツしてなくて可愛い。
何より軽い、フローリングの滑りが良い、おしゃれ、小回りが利く、四隅のゴミを綺麗に吸う、ソファの下が掃除しやすい、充電池が外せて別で充電できる、音が大きくない、ボタン操作が楽。
届いた箱を持ち上げた瞬間に軽っ!!と驚きました。軽いだけあり素材の高級感…はありませんが、お洒落でそこにあるだけで絵になります。イエローグリーン購入しましたが、とても柔らかい緑色でオススメです。

引用:楽天

低評価の口コミ

本体と長いノズル等を装着する時、ただねじ込むだけなので少し安っぽい。取付できたらカチッと音がするような「ちゃんと取付けできた感」のあるドッキング方法だと尚良いのかなと思います。
デザイン代とかもあるのかもしれませんが、正直あまり金額が適正な感じはしませんでした。
気になる事もありましたが、他のコードレスクリーナーよりも、軽くて音も(通常モードなら)静かなので、総合的には満足です。
ヘッド部分が小さいので田舎の一軒家のリビングには不向きかも。二階の個室や階段はちょうどいいです!

プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーまとめ

繰り返しになりますが、プラスマイナスゼロのコードレスクリーナーはとにかく軽いです。

掃除機が重くては、掃除自体が嫌になり兼ねないため……掃除が苦手な方は特に「軽くて使いやすい」プラスマイナスゼロが一番だと感じます。

つい最近「エレクトロラックス」の最新ハイエンド掃除機を使う機会がありましたが、「重い」と感じてしまい、「わたしにはやっぱりプラスマイナスゼロ」だと思ったことがありました(笑)

エレクトロラックスに比べると高級感は劣りますが……使いやすさの面では勝るとも劣らない優秀掃除機と言えます。

タグ

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー「ヨコヤムヤム」です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで全て公開しています。趣味はサ活。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-買ってよかったもの
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.