洗面台DIY|ダサいミラーキャビネットを交換してリメイクする方法

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

自宅(中古マンション)を購入した際、新品に交換されていた我が家の洗面台。

何の変哲も無い地味なタイプの洗面台ゆえ、日に日に「嫌だ」という気持ちが強くなり……ならば自力でDIYするしかない!とプチリフォームを決意。

ダサいミラーキャビネットをヨコヤム流にカスタムしたその全貌を公開します。

ヨコヤム

マンションをリノベーションした際、本当は造作したかった洗面台

新品に交換された洗面台

左側に写るのが新品に交換された洗面台

わたしたちが購入したマンションの売主は、個人ではなく買取再販業者。

※中古マンションを不動産会社が一旦買い取り、リフォームして個人に再販するというもの

ヨコヤム
そのため部屋の一部はリフォームされ、その分の金額も上乗せされた状態での売り出しでした。

フルリノベーション前提の購入だったため「いくらリフォームされようと全て壊すつもり」ではいましたが、新品に交換されたユニット洗面台は、そのまま使うことに……。

コストダウンを理由に諦めたのは失敗だった

洗面台を造作しなかったのは、ありものを使うことで予算を他に回せると考えたから。

ですが、これが失敗でした。

実際に入居して以降、日に日に「嫌だ」という気持ちが強くなり……。
ヨコヤム

これは自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

洗面台DIYはミラーキャビネットを交換するだけでOK

ミラーキャビネット(洗面パネル)は撤去できる

リメイク前のLIXIL(リクシル)の洗面化粧台

リメイク前の洗面パネル(LIXIL)

ヨコヤム
意外と知らない方が多いですが、上記のような洗面化粧台は洗面ボウルを境に上下で分かれています。

今回のカスタムは、下半分(洗面ボウルと収納部分)を残して、洗面パネルだけを外し、鏡や照明などを好きなものに付け替えるという内容です。

※全てを好きなものに取り替える場合は、配管の交換も必要になるため造作と変わらない予算が必要です

洗面台ミラーキャビネットのリメイク手順

洗面台ミラーキャビネットのリメイク手順

step
1
ミラーキャビネットを撤去。ただし配線工事はプロに任せる

step
2
水はね防止タイルを貼る

step
3
鏡を取り付ける

step
4
鏡からはみ出た場所にビス跡がある場合はクロスを補修する

step
5
照明を取り付ける

洗面台DIYの流れは大きく分けて5つの工程に分かれます。

次項で詳しく見ていきましょう。

step1. ミラーキャビネットを撤去。ただし配線工事はプロに任せる

洗面パネルに接続された配線

洗面パネルに接続された配線

画像は、壁裏の配線と洗面パネルを繋ぐコンセント類。

これらは有資格者でないと触ってはいけない部分のため、必ず業者にお願いしましょう。
ヨコヤム

ご自身でトライする方も少なくないようですが、とても危険なので……おすすめしません(わたしも一部の部品を取ろうとしてショートさせた経験あり……。)

ブラケットライトを付ける場合

ブラケットライトを設置する場合は、事前にその工事も必要です。

コンセントを増設したい場合もこの時に。

step2. 水はね防止タイルを貼る

ミラーキャビネット(洗面パネル)を外した後の壁

ミラーキャビネット(洗面パネル)を外した後の壁

画像は洗面パネル撤去後の壁。

クロスに黄ばみや汚れはないもののビスの跡が見事に残っています。

ビスの跡は石膏ボード用のパテで補修できますが、クロスの汚れが気になる場合は貼り替えるor 糊付きのクロスなどを上から貼ってみてください。

わたしはモザイクタイルシールを使いました

水はね防止タイルの仮貼りと配線工事で設置したコンセント

水はね防止としてモザイクタイルシートを設置

一枚一枚タイルを貼るのは面倒なため(失敗も許されない)下記を使ってクロスに直接貼ります。とっても簡単。

画像は配線工事でコンセントを好きな位置に設置してもらい、タイルを仮貼りした様子です。

step3. 鏡を取り付ける

下地センサーを使って印を付けた壁

下地センサーを使って印を付けた壁

ここで厄介なのが下地問題。

軽いものであれば、それほど気にすることはないですが鏡の重さは5キロ。

ヨコヤム
壁裏にベニヤや木の下地があれば別ですが、何も考えずにビスを打ったりフックを掛けるわけにはいきません。

我が家の場合、この場所は軽量鉄骨+石膏ボードの造り。

鏡を掛けるためのフックは石膏ボード用をチョイスしたため、軽量鉄骨の下地を避けて付けなければいけません。

※軽量鉄骨に打つことも可能ですが、その際は専用のビスが必要

石膏ボード用フックで取り付けた5キロの鏡

石膏ボード用フックで取り付けた5キロの鏡

下地センサーで何度も確かめ、印を付けたら鏡の取り付け位置を決め、水平も確認します。

step4. 鏡からはみ出た場所にビス跡がある場合はクロスを補修する

鏡で隠れた部分は放置!それ以外のネジ穴だけパテで埋めています。

step5. 照明を取り付ける

洗面台リメイクのために用意したシザーランプ

洗面台リメイクのために用意したシザーランプ

予算削減のためブラケットライトはやめて(専用の配線工事が必要なため)シザーランプをチョイス。

これなら好きな位置に照明を動かせますし、電源もコンセントから取れます(そしてわたし好み)

好みに応じて洗面台の下もリメイク

洗面台下収納と目隠しのリメイク

収納ボックスは無印良品

1. 我が家は洗面台下の収納扉を撤去

洗面台の下にあると便利な扉ですが、既製品丸出しなので我が家は撤去。

外さずにカッティングシートを貼る方も多いですが、どうもしっくりきません……。

見せる収納=生活感が気になりますが、それを防ぐために考えたのが、なんちゃってロールカーテンです。

2. 収納扉の代わりになんちゃってロールカーテンを設置

なんちゃってロールカーテンの作り方

  1. 厚手のヴィンテージリネンをキャビネットのサイズに合わせてカット
  2. ホームセンターで売っている丸棒をビンテージワックスで塗装
  3. キャビネットの両サイドにS字フックを掛ける

リネンは一旦、垂らします(垂らすものが無ければ突っ張り棒などで代用してください)

垂らしたリネンの裾を丸棒に巻きつけて、あとはS字フックに掛けるだけ。

くるくるっと巻いておけば、収納したものを取り出しやすいですし、リネンを垂らせば、収納部分を隠すこともできるので一石二鳥です。

電気の配線工事を含め、プロに任せるのも一つの手

電気の配線工事

洗面台をDIYするにあたり、「照明を追加したい」あるいは「コンセントを増やしたい」という人は配線を業者に依頼する必要があります。

ヨコヤム
前述のとおり電気工事は素人NG。わたしのようにショートさせるのは大変、危険です。

そのため配線工事のついでに、部分リフォームをプロに任せるのも一つの手。

いくら掛かるか心配という人は、下記にある無料の見積サービスを使ってみてください。

おすすめはタウンライフリフォーム

タウンライフリフォームをおすすめする理由

  • 気に入ったリフォーム会社を選べる
  • 複数社のプランを比較検討できる
  • 利用が全て無料

「タウンライフリフォーム」は、全国500社以上のリフォーム会社が登録しているリフォームの比較サイト。

ヨコヤム
小さなリフォームから全面改修まで、全てのリフォームに対応しています。

評判が悪いと判断された業者は登録を削除される仕組みになっているため、安心して使うことができる点も魅力の一つ。

洗面台のリフォームプランを全て無料で作ってもらえる

タウンライフリフォームでは、無料で複数の工務店から見積もりを取り寄せられるとあって、利用者数は現在30万人を超えています。

あなたもぜひ、気軽に相談してみてください。

洗面台のリフォームプランを無料で作成

 

洗面台DIY。ミラーキャビネットを交換してリメイクする方法まとめ

  • ダサいミラーキャビネット(洗面パネル)を取り外してリメイクした洗面台・洗面所
  • リメイク・DIYした洗面台まわ

まだもう少し手を加える予定ですが、以前の状態に比べればマシになったはず。

ヨコヤム
多少のお金と手間は掛かりましたが、やってよかったと思っています。

「我が家もどうにかしたい」とお考えの方が意外と多い洗面台問題。

賃貸でもできなくはないため(原状回復できるようご注意ください)参考になれば幸いです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションの事例
-,

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2022 All Rights Reserved.