男前インテリアはダサい。そう言われる3つの理由と言わせないためのコツ

更新日:

ヨコヤム
時に、「インダストリアルはダサい」と耳にしますが、ダサいのは「男前インテリア」であって、インダストリアルではありません。
今回は、男前インテリアがダサいと言われる理由、インダストリアルの本来の意味、そして「ダサい」と言わせないコツをまとめます。
ヨコヤム

男前インテリアがダサいと言われる理由

男前インテリアの関連キーワード

「男前インテリア」と検索すると、表示される関連キーワードの中に「ダサい」が含まれています

男前インテリアがダサいと言われる理由

  • アルファベットを乱用しているから
  • ◯◯風のリメイクシートが悪目立ちするから
  • 物が多くごちゃごちゃしているから

「男前インテリア」と検索すると、Googleにも表示される「ダサい」の言葉。

ヨコヤム
なぜダサいと感じてしまうのか、先ずはその原因を解説します。

理由1. アルファベットを乱用しているから

出典:CAMPANELLA

男前インテリアのことを「インダストリアル」と混同する人が居ますが、実は全く違います(詳細後述)

ですが、100均やニトリで売られる雑貨を見ると「インダストリアル風」を表現するためか、やたらとアルファベットが使われていませんか?
ヨコヤム

ヴィンテージ好きに人気のバスロールサインも、今では安っぽい商品が溢れ、正直「かっこ悪い」と思ってしまうものが多いです。

理由2. ◯◯風のリメイクシートが悪目立ちするから

DIYに便利なリメイクシートは、手軽に貼れるうえ、賃貸住まいの方でも使いやすいアイテム。

ですが、これも選び方を間違えるとダサいです。

ヨコヤム
特に、レンガ風、コンクリート風、木目調には注意が必要。

リメイクシートの表面はビニールなので、どうしても光沢が目立ってしまい、本物とは程遠い見た目になってしまいます。

悪目立ちさせないためには、質感を感じさせない柄ものや無地を選ぶほうが無難です。

理由3. 物が多くごちゃごちゃしているから

「ダサい」「貧乏くさい」と感じてしまうインテリアには、「一様にごちゃごちゃ」しているという共通点があります。

これは、物の多さが問題なのではなく、置き方に問題があるということ。
ヨコヤム

家具も雑貨も、置いて楽しむには計算が必要です。

男前インテリアと「インダストリアル」は似て非なるもの

インダストリアルは「工業的」「産業的」という意味

ヨコヤム
インダストリアルなインテリアは度々、「男前インテリア」と一緒にされがちですが、この二つは似て非なるスタイルです。

インダストリアルは本来、「工業的」「産業的」という意味。

  • 男前インテリアもインダストリアルも何となく似ている
  • どちらもメンズライスな雰囲気

と言われれば、広義の意味では同じかもしれないですが、正確には違います。

インダストリアルと男前インテリアは似て非なるもの

「男前インテリア」は、RoomClip(ルームクリップ)から生まれた言葉。
ヨコヤム

今では聞き慣れた言葉ですが、そのスタイルは正直好きになれません。

どんなインテリアスタイルにも言えますが、人を惹きつける空間には必ずセンスと計算が隠されています。

フェイクを多用したり、似たようなアイテムを雑多にディスプレイする方法に、その要素は感じられません……。

男前インテリアを「ダサい」と言わせないコツ

男インテリアを「ダサい」と言わせないコツ

  • 素材にこだわる
  • 本物を取り入れる
  • 節約し過ぎない

素材にこだわる

インテリアとして使うものはなるべく「◯◯風」を避けるのがベスト。

前述したように、リメイクシートがダサく見える原因は「本来の質感と違い過ぎる」からです。

例えば家具にも「エイジング加工」がありますが、こちらも本当のヴィンテージには無い質感がどうしても見た目を悪くしてしまいます。

木やレザー、アイアンなどをインテリアに取り入れる場合は特に「なんちゃって」を避けましょう。

本物を取り入れる

前項の「素材」と共通しますが、フェイクを多用すればするほど「かっこいい」からは遠のきます。

例えば、木製の家具。

価格が安い家具は、そのほとんどが合板のため「木」本来の風合いが無く、どこか味気のない見た目になります。

ソファやダイニングテーブルなど、面積の大きい家具ほど「本物」を取り入れてみてください。

節約し過ぎない

男前インテリアを好む人の多くが、DIYで「◯◯風」を再現しますが、使う材料を節約し過ぎると安見えします。

100均がその代表例。

全てを100均で揃えるのではなく、DIYする中でポイントとなるパーツには質の良いものを使うなどすると、チープ感を無くせます。

安かろう悪かろう、というのが見た目を通して伝わってしまっては、結局「ダサい」を脱却できません。

男前インテリアはダサい。まとめ

男前インテリアはダサい

男前インテリアのルーツは、インダストリアルでメンズライクなスタイルにありますが、その解釈を間違ったことから「ダサい」が生まれたのでは? と感じます。

中古マンションを購入し、フルリノベーションをした我が家は「インダストリアル」をテーマにしましたが、男前インテリアと一緒にされてしまうことがあり、それが正直「嫌」でたまりません(苦笑)

「違いがイマイチ分からない」という人も居ると思いますが、違いを分かってくださる方もきっといらっしゃるはず……。

そう願って、この辺りで終わりにします。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

リノベる。

資料のクオリティが高いと評判の「リノべる」。資料では多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため参考になること間違いなしです。実績豊富な施工会社をお探しの方におすすめ。

マイリノ

とにかくおしゃれにリノベしたい人へおすすめなのが、アパレルとのコラボで知られる「マイリノ」。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご確認ください。

ひかリノベ

「ひかリノベ」は、シンプルモダンにリノベしたい人向き。物件探しからリノベーションの施工までワンストップで提供しています。定額制プランもあり、価格の透明性に定評があります。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。 趣味はサ活とバイク。2020年サウナスパ健康アドバイザーも取得しました。現在は、某フィットネスメディアの編集長としても活動するパラレルワーカーです。

-リノベーションの基礎知識

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.