六花亭ポテトチップスの取扱店は? 北海道でしか買えないポテチまとめ

更新日:

ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。
全国にファンが多い六花亭のお菓子たち。なかでも人気なのが「六花亭のポテトチップス」です。
ヨコヤム
ヨコヤム
発売から3年。北海道でしか入手できないプレミアポテチについて、当時書いた記事を大幅リライトしました。

2018年|六花亭のポテトチップスは当初「六花の森」限定のお土産だった

Instagramで火がついた六花亭ポテトチップス

六花亭ポテトチップス

2018年当時、六花亭のポテトチップスは「六花の森」限定の商品でした

今や大人気の六花亭ポテチは当初、十勝にある「六花の森」でしか買えないお土産でした。

あれから数年、今では帯広に行かずとも札幌や新千歳空港で購入できるようになり、更に人気のお土産として定着しています。
ヨコヤム

カルビーのポテトチップスとカロリーを比較

カロリー1gあたりのカロリーと食塩
六花亭325kcal1gあたり5.42kcal 食塩は0.0083g
カルビー477kcal1gあたり5.61kcal 食塩は0.0094g
ヨコヤム
六花亭のポテチは見た目だけでなく「添加物なし」という点も嬉しいポイント。

素材が良いからこそシンプルが美味しい、という北海道ならではのコンセプトです。

カルビーのポテトチップスと比べてもカロリーが低く、無添加のおかげで油もたれする感じもありません。

六花亭ポテトチップスは一袋税込150円

花柄でお馴染みの六花亭ポテトチップス

ポテチの値段は税込150円

ヨコヤム
六花亭ポテチはダンボールごと買う人も多いそう。価格は一袋150円。

SNSの影響もあり、「北海道でしか買えないポテチ」として年々人気が増しています。

わたしは札幌に住んでいますが、六花の森(中札内)までは車で約3時間かかるため……札幌で購入できるようになったのは嬉しい限り。

2019年|新千歳空港と札幌本店でも「六花亭ポテトチップス」が購入可能に

販売店は「スカイショップ小笠原」

出典:新千歳空港ターミナルビル

「帯広まで行かないと買えないお土産」だったポテトチップスは現在、六花亭の札幌本店と新千歳空港でも購入可能。

場所は国内線ターミナルビル2Fのフロア内です。

ヨコヤム
お店の名前はスカイショップ小笠原

国内線ターミナルビル2Fの中心近く、分かりやすい場所にあります。

六花の森は遠くても空港なら買いやすいため、気になる方はこの機会にぜひお買い求めください。

出典:新千歳空港ターミナルビル

ヨコヤム
ポテトチップスは札幌本店でも購入できます。喫茶スペースもあるため、観光の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

スカイショップ小笠原
営業時間:7:00 ~ 20:30
TEL:0123-46-2021

六花亭 札幌本店
https://www.rokkatei.co.jp/shop/sapporo/

六花亭は帯広に本社を構える名菓

ヨコヤム
上記は、昔も今もお土産リクエストが多い六花亭の定番商品「マルセイバターサンド」。みなさんも一度は食べたことがありますよね。

そんな六花亭は、今年で創業88年を迎える老舗の菓子メーカー。

道内には六花亭の直営店がずらり

六花の森(中札内)にある花柄ソファベット

六花の森の店内

わたしが札幌に移住するまでは「お土産として人気なだけ」だと思っていましたが、「実はそれだけではない」ということを北海道に住んでみると実感します。

帯広本店や札幌本店以外に、小樽や函館、釧路に旭川など、店舗数の多さにもびっくり。

それでいて帯広や札幌などの直営店でしか買えない限定商品があるとなると、今では地元人となったわたしも気になります。
ヨコヤム

あの花柄の包装紙は坂本直行さんによるイラスト

六花亭のシンボルとも言えるあの花柄の包装紙は、北海道出身の自然画家「坂本直行(さかもとなおゆき)」さんによるイラスト(坂本龍馬の子孫なんだそう)

ヨコヤム
あの花々は、北海道にゆかりのある野草や花をモチーフに描かれています。

六花亭にはオリジナルグッズも多数あり

メモ帳やボールペン、マスキングテープやクッションカバーなど、六花亭ファンをキュンとさせるオリジナルアイテムも沢山あります(オンラインショップでも購入可)

六花亭ファンに人気の「六花の森」

六花の森限定「キャラメルアイス最中」

六花の森限定「キャラメルアイス最中」

敷地面積100,000平方メートルという六花の森は、帯広駅から車で約40分の中札内(なかさつない)というところにあります。

ヨコヤム
「包装紙に描かれた景色を具現化しよう」というテーマのもと、六花の森では四季折々の草花を見ることができ、散歩するのにもってこいな場所。

散歩の前にいただいた六花の森限定「キャラメルアイス最中」とコーヒーが、上記の画像です。

札幌からは遠いですが、六花亭の世界観を味わいたい方にはおすすめの場所。

自然豊か、そしてお土産も購入できるため時間のある方はぜひ一度、足を運んでみてください。

六花亭ポテトチップスの取扱店まとめ

ご紹介したポテチは発売から人気が絶えないお土産とあって、いつかは「マルセイバターサンド」のように王道の北海道土産になるのかもしれません。

価格もリーズナブルなので、気になる方はぜひ新千歳空港、札幌、帯広のいづれかでゲットしてください。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-雑貨のこと
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.