【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

六花亭ポテトチップスの販売店は?北海道でしか買えないポテチまとめ

ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

六花亭といえば、全国にファンが多いお菓子ブランドの一つですよね!

なかでもここ数年は、「ポテトチップス」がお土産として大人気です。

そこでこの記事では、北海道でしか買えないプレミアムなポテトチップスについて、販売店などの詳細をご紹介します。

ヨコヤム
ヨコヤム

2018年に誕生!六花亭のポテトチップスは当初「六花の森」限定のお土産だった

ヨコヤム
ヨコヤム
発売から数年が経ち、今では広く知られる六花亭のポテトチップスですが、当初は「六花の森(帯広市)」限定のお土産でした。

Instagramで火がついた六花亭のポテトチップス

六花亭ポテトチップス

2018年当時、六花亭のポテトチップスは「六花の森」限定の商品でした

ポテトチップスの誕生から数年。

今では、帯広に行かずとも札幌や新千歳空港で購入できるようになり、更に人気のお土産として定着しています。

ヨコヤム
ヨコヤム

六花亭のポテトチップスとカルビーのポテトチップスを比較

カロリー1gあたりのカロリーと食塩
六花亭325kcal1gあたり5.42kcal 食塩は0.0083g
カルビー477kcal1gあたり5.61kcal 食塩は0.0094g

六花亭のポテトチップスとカルビーのポテトチップスを、カロリーで比較してみました。

六花亭のポテトチップスは、カルビーのポテトチップスよりもカロリーが低く、油もたれする感じがありません。

ヨコヤム
ヨコヤム
また、見た目だけでなく「添加物なし」という点も嬉しいポイントです。

「素材が良いからこそ、シンプルが美味しい」という、まさに北海道らしいお菓子といえます。

六花亭ポテトチップスは一袋180円(税込)

花柄でお馴染みの六花亭ポテトチップス

ポテトチップスの値段は税込180円

少し前までは、一袋150円でしたが、現在は180円に値上がりしています。

購入できる店舗は増えつつも、通販では買えないというのが、少々残念です。

ヨコヤム
ヨコヤム
ちなみに、六花亭のポテトチップスは、ダンボールごと買う人も多いため、店頭では箱ごと山積みされていることも少なくありません。

六花亭のポテトチップスは札幌本店と新千歳空港で購入可能

2019年以降、六花亭のポテトチップスは、六花亭の札幌本店と新千歳空港でも購入できるようになりました。
ヨコヤム
ヨコヤム

販売店は「スカイショップ小笠原」

出典:新千歳空港ターミナルビル

新千歳空港で購入できる店舗は、国内線ターミナルビル2Fのフロア内にあります。

ヨコヤム
ヨコヤム
お店の名前は、スカイショップ小笠原です。

出典:新千歳空港ターミナルビル

「六花の森(帯広市)」は遠くても、空港なら買いやすいため、気になる方はぜひ立ち寄ってみてください。

また、ポテトチップスは札幌本店でも購入できます。

喫茶スペースもあるため、観光の合間に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ヨコヤム
ヨコヤム

スカイショップ小笠原
TEL:0123-46-2021

六花亭 札幌本店
https://www.rokkatei.co.jp/shop/sapporo/

六花亭は帯広に本社を構える名菓

ヨコヤム
ヨコヤム
言わずと知れた「マルセイバターサンド」は、昔も今もお土産として人気のある定番商品です。

みなさんも一度は、食べたことがあると思います。

そんな「六花亭」は、創業85年を超える老舗の菓子メーカーです。

道内には六花亭の直営店がずらり

六花の森(中札内)にある花柄ソファベット

六花の森の店内の様子

わたしが札幌に移住するまで、「六花亭はお土産として人気なだけ」だと思っていました。

しかし、「実はそれだけではない」ということを、北海道に住んでみると実感します。

帯広本店や札幌本店以外に、小樽や函館、釧路に旭川など、店舗数の多さにもびっくり!

それでいて帯広や札幌などの直営店でしか買えない限定商品があるとなると、今では地元人となったわたしも気になります。
ヨコヤム
ヨコヤム

あの花柄の包装紙は坂本直行さんによるイラスト

六花亭のシンボルともいえる花柄の包装紙は、北海道出身の自然画家「坂本直行(さかもとなおゆき)」さんによるイラストです。

なんと、坂本龍馬の子孫なんだそう!

ヨコヤム
ヨコヤム
あの花々は、北海道にゆかりのある野草や花をモチーフに描かれています。

六花亭にはオリジナルグッズも多数あり

六花亭には、お菓子だけでなくメモ帳やボールペン、マスキングテープやクッションカバーなど、ファンをキュンとさせるオリジナルアイテムも多数あります。
ヨコヤム
ヨコヤム

オンラインショップでも購入できるため、気になる方は一度、見てみてください。

六花亭ファンに人気の「六花の森」

六花の森限定「キャラメルアイス最中」

六花の森限定「キャラメルアイス最中」

敷地面積100,000平方メートルという六花の森は、帯広駅から車で約40分の中札内(なかさつない)という場所にあります。

ヨコヤム
ヨコヤム
「包装紙に描かれた景色を具現化しよう」というテーマのもと、六花の森では四季折々の草花を見ることができ、散歩するのにもってこいな場所です。

札幌からは遠いものの、「六花亭の世界観を味わいたい」という方にはおすすめのスポットといえます。

六花亭ポテトチップスの販売店まとめ

ご紹介したポテトチップスは、発売から人気が絶えないお土産とあって、いつかは「マルセイバターサンド」のように王道の北海道土産になるのかもしれません。

価格もリーズナブルなので、北海道にお越しの際はぜひ、チェックしてみてください。

  • この記事を書いた人
yokoyumyum

ヨコヤムヤム

こんにちは!LSリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年東京から札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。リノベと暮らしとインテリアに役立つ情報を更新中。専門誌やWeb媒体への寄稿・監修もしています。

-暮らしと趣味