【リノベーション失敗談】ちょっと後悔!諦めた造作洗面台と冷蔵庫問題

投稿日:

ヨコヤム
2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションで後悔したことや失敗談をまとめています。改善策についても書いていますが、みなさんが同じ経験をしないで済むよう……是非この記事を参考にしてください。

はじめに……100点満点のリノベーションは不可能!?

100点満点のリノベーションは不可能!?

そもそも……マンションリノベーションには「制限が付きもの」です。

玄関は勝手に交換出来ないですし、バルコニーもカスタム不可。
窓の交換も基本的にはNGです(内側サッシなどはOK)。

パイプスペースの位置によっては「水まわりの移動が難しい場合あり」ということも少なくありません。

※詳細はマンションの管理規約を確認ください

ヨコヤム
ときには諦めも必要……!場合によっては苦しい選択を迫られる場合もありますが、そこを工夫とアイデアでカバーするのもリノベーションの醍醐味。それでもNGな場合は潔く諦めましょう(笑)

【失敗1】予算オーバーをしても造作洗面台にすればよかった

出典:pinterest

<後悔ポイント>水まわりは必要最低限に……と考えたのが失敗の原因

内装のすべてを全て解体する「スケルトンリフォーム(フルリノベーション)」をした我が家では、システムキッチン・お風呂・トイレなどの水まわりも全て交換しています。

で・す・が……こだわりをリビングダイニングに注力すべく、水まわりに関しては「必要最低限の設備」と決め、実際にそうしました。

ここが失敗の原因!
この配分をもう少し考え直せば良かった……と今になって思います。

特に「洗面台」。これはもう本当に後悔しています(泣)

<後悔ポイント>好きになれないユニット洗面台

入居当時の洗面台がこちら。
賃貸・分譲を問わずよく見掛ける洗面台ですよね。

わたしたちが購入した中古マンションは「リフォーム済み」として売り出されていたため、新品に交換されてはいたものの「素敵」とは到底思えない設備です(苦笑)

洗面台を「造作」するとなると、設備の交換以外にタイルの施工や配管工事など、それなりの費用が掛かります。
コスト削減を理由に「そのまま使う」と決めた洗面台でしたが……。

<改善策>ユニット洗面台をDIYでリメイク

ユニット洗面台をDIY

リメイク後の洗面スペース

リクシルのユニット洗面台を一部DIY

洗面部分は残し水はね防止のタイルを貼っています

リノベーションが終わり、入居後しばらくはこのままユニット洗面台を使いましたが……やはり嫌なものはイヤ。
「ならば自分で変えるしかない!」と思い、洗面台の一部をカスタムしました。

ミラーキャビネットを処分し、洗面収納を一部変更しただけですが雰囲気は随分変わったかと!

こうして見ると実験用シンク的(?)デザインが際立ち、悪くはない収まりに(笑)

【失敗2】予定した場所に置けなくなった冷蔵庫

<後悔ポイント>冷蔵庫の開く方向を事前に確認していなかった……のが失敗の原因

<後悔ポイント>冷蔵庫の開く方向は要チェック

当初の予定では、壁付けキッチンのガス台の背面(画像・赤の囲み部分)に置くはずだった冷蔵庫でしたが、右開きのためここに置くとかなり開けにくい……。

設計段階では全く気が付かず、工事の途中で気が付いてしまい時すでに遅し……という状態でした。

家を建てるときやリノベーションをする際はもちろん、引越しをするときも冷蔵庫のサイズや「開く方向」は、必ず事前にチェックしておくことをおすすめします。

<後悔ポイント>システムキッチンとカウンターまでの距離にも原因あり

システムキッチンとカウンターまでの距離にも原因あり

もとは壁があり独立型のキッチンだった我が家。

リノベーションで壁を取っ払い、造作カウンターを設置しましたが、システムキッチンからこのカウンターまでの奥行きをもう少し広く取るべきだったと感じています。

今更どうにもなりませんが、冷蔵庫をカウンター内に置くと、かなり狭くなってしまい圧迫感が生まれます……。
冷蔵庫を置かなければ、特に困ることはないのですが(笑)

<改善策>袖壁の横に冷蔵庫を配置

壁付けキッチンと同じ並びに配置した冷蔵庫

造作したキッチンカウンター内に置けず、シンクの左側(袖壁の横)に設置した冷蔵庫。

リビングで思いっきり丸見えなのが当初は嫌でしたが、こうして見ると他の家具とも馴染んでるような(笑)

また、ここに冷蔵庫があるほうが動線的には良かったのかもしれないと感じています。

たとえ失敗しても工夫次第でなんとかなる

冷蔵庫に関して当初は「あれほど考えたのに……」とかなり凹みましたが、今では全く気にしていません(笑)

洗面台に関しても、DIYしたことで以前よりは満足出来ています。

幸い、「その程度の失敗だった」という事なのかもしれませんが、これから家づくりをする方、もしくは冷蔵庫を買う方(笑)はご注意ください。

ヨコヤム
また、今回は我が家の失敗例でしたが他にも具体的な事例をご紹介しています。いづれもわたしが直接取材させていただいたお宅です。きっとお役に立てるはず!

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.