yokoyumyumのリノベブログ

マンションリノベ・住まいと暮らし・人・モノ・アートなキュレーションブログ by ヨコヤムヤム





ヴィンテージとNEWなモノ。インダストリアルインテリアは新旧ミックスが面白い!

この記事をシェアする

お題「愛用しているもの」

インダストリアルとは無縁だった賃貸時代


中古マンション購入&フルリノベーションしたわたしたち。賃貸時代はどちらかというと、ミニマル&持たない暮らしを意識していたんです。賃貸ゆえ「いずれはこの場所から引っ越す」という気持ちが強く・・

  • モノは必要最低限
  • インテリアもシンプルに

ってな具合に「住まい」に関して前のめりになれない自分が居ました。

 

居心地の良さとモノの数


賃貸時代とは打って変わって、リノベーション後の我が家はきっとシンプルでもなくミニマルにも見えないと言われそう(笑)ですが、それでも無駄なモノはないんです。

ミニマルは「最小限の」という意味ですが、実際のところ「どこまでが多くどこからを少ないと言うのか」その定義は人それぞれですよね?

カオスな部屋が落ち着くという人も居れば、モノは少ないほうが心地良いという方も居ます。居心地の良さとモノの数というのは、インテリア同様「正解も不正解もない」と思っています。

マテリアルミックスな家づくり


はじめから、マンション一択だったこともあり「どんな家にするか?」を考えたとき、時間はそれほどかかりませんでした。

いろんな素材をミックスしながらインダストリアルをデザインテーマにリノベーションしましたが、シンプル以上コテコテ未満にとどめておくことも心がけたことの一つです。内装のデザイン性は大切ですが、そこに置く家具やインテリアも重要!

家もインテリアも新旧ミックス


そもそも、我が家は家自体が中古です。在るものを活かすリノベーションを選択したことで、それまでとは家具やインテリアを選ぶときの意識も変わったように感じます。

ヴィンテージにしかない奥行き


中古では嫌なもの、中古でも良いと思うもの、これも人それぞれですが、消耗品とは異なる家具やインテリアには「古物(フルモノ)だからこその魅力」があると思うんです。

ヴィンテージのアイアンワゴン

↑こんなに錆びてるなんてヤだ、という声も聞こえてきそうですが、これぞ味だと思いません?(笑)

エイジング加工で再現させることは可能でも、それってやっぱり「経てきた時間」を超すことはできません。これがヴィンテージの持つ良さなんじゃないかと。

お気に入りのフリソ・クラマー


ただ置いてあるだけなのに、存在感あるこの佇まい。画像では伝わりにくいと思いますが・・ピッカピカの新品にはない雰囲気がたまりません。

フリソクラマーのヴィンテージスツール

新品だからこその良さ


も、もちろんありますよね。なんでもかんでも古けりゃ良いとは思いませんもの!

例えばソファ。我が家はNEWにこだわりました。その理由は・・

育てる楽しみ


が、あるから!です。

同じく新品をチョイスしたLYON社のロッカーも、あと5年・10年と使っていくうちに味が必ず出てきます。これもまた楽しみの一つなんじゃないかと。

LYON社のスチールロッカー
おわりに

新しさと古さ。リノベーション同様、家具もインテリアも「新旧ミックスで良いとこ取り」すると、住空間により奥行きが増すんじゃなかろうか?と思います。

RECOMMENDこちらの記事も人気です