【CIC・JICC】住宅ローンを組む前に信用情報を調べてみよう

投稿日:2019年8月24日 更新日:

ヨコヤム
これから家を建てる or 購入する方を待ち受ける住宅ローンの事前審査。「審査に通るのか不安……」と感じる方は少なくないと思います。そんな時に便利なのが「CICとJICC」。今回は、知っておいて損はない信用情報についてまとめます。

住宅ローンの事前審査(仮審査)にハラハラドキドキ

住宅ローンの事前審査(仮審査)にハラハラドキドキ

これから家を建てる or 購入する方を待ち受ける住宅ローンの事前審査。

キャッシュで買う方には関係のない話ですが、住宅ローンを組む方の大半はこの経験がおありかと!(※事前審査通過後、本審査へと進みます)。

審査に落ちたらどうなるの?!

審査に落ちたらどうなるの?!

「借金は無い。だから住宅ローンは問題なく組めるはず」と思っていても、実はうっかりクレジットカードの支払を忘れてしまった……なんて経験が、過去にあったしませんか?

携帯電話も同様、「うっかり」が原因で住宅ローンを組めなかった……ということが実際にはあるようです。

事前審査では本来、下記の二つを保証会社が確認できれば審査は通ると言われています。

  • 個人信用に問題がない
  • 年収と返済額のバランスに問題がないこと

ですが、審査に落ちてしまう理由としては、下記のようなケースが考えられます。

  • 車などのローンの返済や、クレジットカードのリボ払いなどに滞りがある
  • 申告内容に間違いがある
  • 資料の提出ができない

なお、事前審査には通ったものの本審査で落ちてしまった場合に考えられる理由は、下記のような時です。

  • 事前審査の申告内容に間違いがあった
  • 事前審査から本審査の間に新しくローンを組んだ
  • 団体信用生命保険に加入できない(健康状態に問題がある)

一生に一度?の経験。自分の信用情報を調べてみよう

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関)

信用情報を調べる主な機関は上記の二つ。

銀行側もCICとJICCを調べます

当然ですが、住宅ローンを申し込んだ銀行では必ず、信用情報を調べられます。

「車などのローンの返済や、クレジットカードのリボ払いなどに滞りがあると、審査に落ちるかもしれない」と前述しましたが、実際は、過去にクレジットカードの支払遅延があったとしても、その回数や時期によっては問題がないと判断されることもあります。

その分かれ目はどこなのか……? こればかりは何とも言えませんが、否決の理由を教えて貰うことは出来ないため、審査結果に不安を抱くときは、ご自身でも予め調べてみることをおすすめします。

仮に審査に落ちた場合、事前に信用情報を調べておけば、その理由がなんとなく分かるかもしれません。

スマホでの開示申し込みも可能

手続きは簡単!スマホでサクッと開示申し込みが可能です。手数料はCICI・JICCともに1,000円。

実際に開示して感じたこと

ヨコヤム
生まれて初めて目にする自分の信用情報。本当に存在するんだ……と当たり前の事実に驚きながら(笑)見ていてあまり気持ちの良いものではない、と感じました……。

信用情報開示で住宅ローンの審査に影響はあるの?

「自分で情報開示したことが銀行に知られたら……?それはデメリットにならないの?」と気になる方もいらっしゃるはず。
わたしもそう思いましたが、どうやら関係ないようです。

考えてみれば、関係あるほうがおかしいですもんね。自分の信用情報を自分が見て何が悪い!(笑)

ただし、手数料と手間に関してはデメリットと言えそうです。

転職まもない状態でローン審査は通るのか?!

転職まもない状態でローン審査は通るのか?!

わたしたち夫婦が中古マンションを購入したのは2016年7月。

住宅ローンの名義は夫のみですが、わたしも含めて夫婦で情報開示の手続をしました。

夫は転職まもない状態だったため、住宅ローンの事前審査が通るのか不安で不安で仕方ありませんでした(笑)

「マンションを買ってリノベしたい!」という気持ちが強かったため、否決だけは避けたい……と、結果が出るまで落ち着かなかったことを今でも覚えています。

年齢・年収・ローンの返済比率・頭金の有無・勤続年数・借金の有無など、ありとあらゆる情報から判断される住宅ローンですが、転職からたったの2ヶ月で審査に通ったことには正直、驚きました。

ハウスビルダーと銀行との関係値など、幾つかの要因も相まっての結果だっと思いますが、転職を理由に住宅ローンが心配 or 不安……という方は、こちらの記事も合わせてお読みください。

勤続年数半年未満でも通る⁈ 住宅ローンの事前審査と本審査

気になる住宅ローンの審査基準。勤続年数は3年以上が必須⁈ いやいや諦めないで!半年未満でも承認されたわたしたちの事前審査(仮審査)について。

続きを見る

住宅ローンの一括仮審査は「住宅本舗」がおすすめ

住宅ローンの一括仮審査は「住宅本舗」がおすすめ

出典:住宅本舗

わたしたちが仮審査をしたのは、たったの一行でしたが(珍しいかも……(笑)
銀行によって金利や保証サービスが異なるため「複数の銀行で審査をしたい」という時には、下記の「住宅本舗」がおすすめです。

住宅ローン一括審査申込

住宅ローンのシュミレーションも出来ますよ!

\【住宅本舗】まずはシミュレーションから /

借換えには「住宅ローン借り換えセンター」を

借換えには「住宅ローン借り換えセンター」を

出典:住宅ローン借り換えセンター

住宅ローンを組んで数年……金利アップのタイミングや、家計の見直しのために「借換えをしたい」という時には、「住宅ローン借り換えセンター」が便利です。

住宅ローン借り換えセンターは、成功報酬型の借換え代行サービス!(なんと業界初)。
借換えが成功しない場合も、費用は発生しないため安心です。

住宅ローンの金利が低い昨今、借換えすることで負担を軽減できるかもしれません。

業界初!成果報酬型ローン借り換えサービス

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.