スケルトン天井がおしゃれ。カフェに学ぶインテリアと内装デザイン

更新日:

家づくりの参考に!カフェに学ぶ内装デザインの方向性
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

「カフェと住宅では内装デザインが大きく異なる」と思われるかもしれませんが、実はそうでもありません。

提供する商品やサービスに応じてデザインを決めるカフェと、住まう人のライフスタイルに合わせて家づくりをするその工程には、共通するポイントが多々あります。
ヨコヤム

内装デザインはカフェなら売上げ、住宅なら居心地に直結する

内装デザインはカフェなら売上げ、住宅なら居心地に直結する

札幌にあるOFF-GRID CAFE Physical(オフグリッドカフェ フィジカル)

家を建てるときやリフォーム、リノベーションをする際、多くの人はモデルルームを内覧したり、施工を依頼する会社の事例を見ますよね?

ヨコヤム
これはこれで必要な工程ですが「住宅」以外にもぜひ目を向けてみてください。

カフェの内装デザインには家づくりのヒントが満載

一見すると、「住宅以外の場所を見て何に役立つの?」と思われるかもしれません。

ですが、カフェやアパレルなどインテリア性の高い店舗の内装は、家づくりの参考になるアイデアやヒントが満載です。

次項では「カフェ」を例に、家づくりのデザインを左右する「内装デザイン」のポイントを見ていきましょう。

カフェに見るインテリアと内装デザインの種類

全国どこにでもあるカフェ。身近な存在ながら、その内装デザインは実に様々です。
ヨコヤム

ここでは大きく5つの種類に分け、それぞれの特徴を解説します。

  • スケルトン系カフェ
  • 隠れ家系カフェ
  • 自然派系カフェ
  • ポップ系カフェ
  • 高級路線派カフェ

1. スケルトン系カフェ

今、急増中のスタイルといえば「スケルトン」を活かした事例です。

スケルトンとは、壁、床、天井をそのまま露出させること。

コンクリートの天井や床、木造であれば梁をむき出しにするなどが、これにあたります。

2. 隠れ家系カフェ

「隠れ家」とある通り、街中よりも郊外に多く見られるスタイルで、木をベースにした造りが多いです。

3. 自然派系カフェ

人工的なものではなくナチュラルな素材を取り入れるスタイル。

木や石、植物を多く取り入れたり、家具やインテリアも見た目に優しい印象に仕上げます。

4. ポップ系カフェ

ポップ系は丸みを帯びたデザインや、原色をはじめとする明るい色使いが特徴的な内装デザイン。

5. 高級路線派カフェ

落ち着いた色味を採用し、家具やインテリアもそれなりのグレードを求めるスタイル。

木やタイルなどの素材はもちろん、壁は塗り壁にするなど通常の内装とは違う差別化が必要です。

カフェに学ぶインテリアと内装デザイン

ここからは実店舗の事例も交えながら、前述した5つの内装デザインについてもう少し詳しく見ていきましょう。

スケルトン系カフェ

「インダストリアル」というテーマで例えられることの多いスケルトン系カフェ。

天井を表しにする手間や配管の施工が必要となり、二重天井をそのまま活かす住宅に比べ費用がかかります。

天井の高さによっては空調効率にも影響しますが、ラフで無機質な空間がお好きな方におすすめのスタイル。

特に、マンションなどのコンクリート造と相性抜群です。

参考カフェ|MORIHICO.STAY&COFFEE

MORIHICO.(モリヒコ)は、札幌の人気珈琲ブランド。

古い木造民家を改装した「森彦」や、元倉庫の「Plantation」をはじめ、札幌市内に数店舗を構えるモリヒコですが、ここ最近は出店スピードが加速しています。

その中からわたしがピックアップするのは、カフェとホステルが一緒になった「HOTEL POTMUM STAY&COFFEE」。

下記の記事では実際に泊まってみた感想も含め、イマドキデザインの全貌がお分かりいただけると思います。

隠れ家系カフェ

マンションには向かない隠れ家スタイルは、古民家をリノベーションするなどいづれも「木」をベースにする造りが特徴的です。

眺望や周辺環境に独自性を持たせられる立地であるほどオリジナル性が高まるため、郊外に家を建てる方や自然の中に住みたいという方との相性が良いデザイン。

参考カフェ|けんちくとカフェkanna(かんな)

けんちくとカフェkanna(かんな)

けんちくとカフェkanna(かんな)

「かんな」は、設計事務所KANNA DESIGN(カンナデザイン)に併設されているカフェ。

木造ならではの温かみや、戸建ならではのエクステリアは戸建リノベーションの参考になるはずです。

自然派系カフェ

自然派は、無垢材や石、タイルなどを多用し「カラダに優しい住宅」を目指す人にぴったりのスタイル。

大量生産や人工的な素材を使うことで安く購入できる資材とは違い、入手コストも施工の手間も掛かりますが、素材や質感にこだわりのある人ほどナチュラル志向な傾向にあります。

参考カフェ|35stock(サンゴーストック)

自然派系カフェ

35stock(サンゴーストック)

35stock(サンゴーストック)は、札幌の老舗工務店が手掛けるカフェ。

「家づくりを間近に感じてもらいたい」というテーマで作られているため、住宅に使われる素材や質感をカフェに居ながら体感できる飲食店です。

ポップ系カフェ

ポップ系カフェ

ICETACHE(アイスタッシュ)|出典:twitter

アメリカンポップなどに見られる明るい色味を中心としたスタイルは、内装工事にも幅があり、仕様によって掛かる費用を調整しやすいのが特徴です。

ただし、安過ぎる内装材を使えば見た目もそれなりになってしまうため、クロスや床材など面積の多い部分は慎重に素材選びする必要があります。

高級路線派カフェ

高級感を演出するには良い素材を使うことが重要ですが、それだけで良いのかと問われると、決してそうではありません。

既製品であっても見た目のグレードや質感が変わらなければ、それを代用することでコスト削減も可能です。

ただし、家づくりの際は「良質な素材とは何か」を知らない限り、この選別は難しいため施主にもある程度の知識が必要です。

参考カフェ|SOMOZA(そもざ)

SOMOZAは築150年の古民家を移築したカフェ。

趣のある外観と、ギャラリー併設の店内はため息が出るほど素敵です。

参考カフェ|茶舗茶問(ちゃほさとい)

高級路線派カフェ

札幌「茶舗茶問(ちゃほさとい)」

「シノワズリー」という世界観は、日本の住宅にはあまり見られないスタイルですが、それゆえに世界観があります。

木とコンクリートを調和させる内装デザインは多々あるものの、それを高級感や落ち着きのある雰囲気へ昇華させる術が「茶舗茶問(ちゃほさとい)」には隠されています。

カフェに学ぶインテリアと内装デザインまとめ

今回はカフェを例に、住宅デザインの方向性をまとめましたが、インテリアデザインによく言われる「北欧系」「モダン系」「クラシック系」なども全て、ご紹介した5つのどれかに当てはまります。

また、「住宅以外の事例を見て欲しい」とわたしがおすすめする一番の理由は、多くのインプットがあってこそ家づくりのイメージは膨らむという点にあるからです。

住宅と店舗では、その用途が明らかに異なりますが、空間デザインという点に置いて大切なポイントは、ほぼ共通しています。

「住宅だから」「店舗だから」と決めつけず、様々な事例からイメージを膨らませ、それを家づくりに落とし込むほうがきっと、満足のいく内装デザインに仕上げられるのではないでしょうか。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入しフルリノベ。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。

-リノベーションの事例
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2021 All Rights Reserved.