【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内容は公平さを心がけています

ドラム式洗濯機に水が残るのはなぜ?原因と対策方法を紹介

更新日:

ドラム式洗濯機 水 残る
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

「キューブル」のドラム式洗濯機を購入してから、1年くらい経った頃でしょうか。

ある日、ゴムパッキンの溝に水が溜まるようになってしまい、「これって故障?」と疑問と思ったことを覚えています。

そこでこの記事では、ゴムパッキンに水が溜まる原因と、その対策方法をご紹介します。

ヨコヤム

ドラム式洗濯機に水が溜まる(残る)原因は、排水口の穴が詰まっているから

ドラム式洗濯機の排水口

パッと見ただけでは分かりませんが、ゴムパッキンの内側に水が溜まります

洗濯と乾燥が終わったあと、洗濯機のドアを開けると、ゴムパッキンに水が残っていることがあります。

ヨコヤム
こうして水が溜まる原因はズバリ、排水口の詰まりです。

使っているのはパナソニックのドラム式洗濯機「キューブル」

2021年発売のキューブルNA-VG2600ホワイト

2021年発売の「NA-VG2600」を使っています

キューブルを買って以来、実は洗濯が終わるたびにホコリを拭き取っていた我が家。

にも関わらず……排水口が詰まるという事実!
ヨコヤム

ドラム式洗濯機は便利な半面、手入れを怠ると、かえって厄介なことになるのかもしれません。

ゴムパッキンにある小さな穴が排水口

ゴムパッキンにある小さな穴が排水口

ヨコヤム
ゴムパッキンのフチを手前に引っ張ると見えますが、内側に小さな穴があります。

ここが、排水口です!

洗濯中、ゴムパッキン側に溜まる水は、本来この穴を通って排水されます。

ホコリや髪の毛が排水口に詰まることで、ゴムパッキンに水が溜まる

排水口を詰まらせてしまうのは主に、「ホコリ」や「毛」などです。

「乾燥をしているのに、仕上がりが生乾き」のときや、「乾燥時間が以前より増えた」と感じる場合は、水が溜まり残っている可能性があります。
ヨコヤム

排水口の詰まりを取り除く方法

ドラム式洗濯機の排水口の詰まりを取り除く方法

用意するものと手順

step
1
ブラシを買う

step
2
ブラシを穴に差し込む

step
3
ブラシを何度か抜き差ししてゴミを取り除く

ヨコヤム
ゴムパッキンに水が溜まってしまったときは、小さな排水口のほこりやゴミを取り除く必要があります。

それぞれの手順を見ていきましょう。

1. ブラシを買う

排水溝お詰まりを取るブラシ

ゴムパッキンにある排水口は、非常に小さな穴です。

肉眼で覗くのは難しく、爪楊枝などでゴミを書き出そうとしても、うまく作業できない可能性が高いです。
ヨコヤム

そのため、まずは上記のようなブラシを用意してください。

2. ブラシを穴に差し込む

ブラシで排水口のゴミを取る

次に、洗濯機の手前から排水口に向かってブラシ差し込み、ゴミをかき出します。

ヨコヤム
ブラシの先は3cm程度しか入りませんが、ゴミが取れるまで何度か同じ作業を続けてみてください。

3. ブラシを何度か抜き差ししてゴミを取り除く

  • 排水口の中のゴミ
  • 排水口を詰まらせていたホコリや髪の毛
ブラシの抜き差しを繰り返すと、少しずつゴミが取れてきます。
ヨコヤム

量としては多くないですが、この程度であっても排水口が詰まってしまいます。

専用ブラシがないときの応急処置

ポイント

  1. 綿棒を用意する
  2. 綿棒を半分に割って、穴に差し込む
  3. 綿棒を何度か抜き差ししてゴミを取り除く
ヨコヤム
詰まりを取るためのブラシが手元にない方は、応急処置として綿棒を使う手もあります。

ただし、綿棒を洗濯機の中に落とさないよう、注意しながら作業をしてください。

綿棒を使うときの注意点

綿棒を使うときの注意点

綿棒を使う場合、そのままでは排水口に差し込みにくいため、二つに折って使います。
ヨコヤム

前述したブラシに比べると、作業しにくいため……綿棒を穴の中に落とさないよう、慎重に動かしながらゴミを書き出します。

爪楊枝を使うのはNG

注意ポイント

爪楊枝は、絶対に使用しないようにしてください。

ポキッと折れやすく、洗濯機の中に残してしまうと故障の原因になりかねません。

ヨコヤム
繰り返しになりますが、排水口は非常に小さい穴のため、人の手では落としてしまった爪楊枝を取り出せません。

洗濯機が故障すると、業者を呼ばなくてはならない状況になってしまうため、注意が必要です。

ドラム式洗濯機に水が残るのはなぜ?まとめ

ドラム式洗濯機のゴムパッキンに水が残る

ゴムパッキンに溜まった水を初めて見たときは驚きましたが、そもそも日頃から手入れしていれば、おそらく詰まることはありません。

また、ゴミがうまく取り出せないときや、あまりにもひどい状態の場合は無理をせず、サポートセンターに相談してみてください。

YouTube動画


リショップナビ【公式】にて我が家のリノベーション事例が公開されています

\買ってよかったものをまとめています/

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京から札幌へ移住。2016年中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。夫と二人で暮らす自宅をブログで公開しています。趣味はサウナとバイクとインテリア。住まいに関する記事の寄稿、監修もしています。

-家電のこと
-,

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2023 All Rights Reserved.