住宅ローンはみんな不安!でも……バイタリティあるうちに家を買おう

投稿日:

ヨコヤム
家を買う理由は人それぞれですが「住宅ローンを組めるうちに家を買う。そして、バイタリティがあるうちに手を打つ」というのがわたしたちの出した答えでした。全360回の支払いをどう乗り切るか……不安な気持はどうしたらいいの? に対するわたしの持論をまとめます。

住宅ローンに抵抗を感じていた賃貸時代

住宅ローンに抵抗を感じていた賃貸時代

車ならまだしも、住宅ローンはその額が違います。
住宅ローンを組むことに躊躇しない人のほうが少ないですよね?

何百万・数千万単位の頭金がある、または親からの援助がある、あるいはキャッシュで支払える……などの条件が前提であれば状況は異なりますが、どれにも該当しないわたしたち夫婦にとって(苦笑)住宅購入は当初とても大きな壁のように感じました。

住宅ローンを組んでまで家が欲しいとは思わなかったのに……

「結婚は人生の墓場。ましてや何千万もする家なんて必要ない」と思っていた20代でしたが(笑)

31歳のときに結婚。そして34歳で中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。

結婚の話はともかく、「30年や35年のローンを組んで家を買うなんて嫌!」と長年思っていたわたしが、30年の住宅ローンを組んだわけです。
あの頃の思いは何処へやら?ですが、この選択に今はとても満足しています。

住宅ローンを組みマンションを購入した理由

ヨコヤム
住宅ローンを組み、中古マンションを購入した理由は簡単明瞭。
「人生は一度きり。自分たちだけのオリジナルの家に住んでみたかった」ことと、それだけの現金がなかったからです(笑)

1. 中古マンションを購入しリノベーションしてみたかった

中古マンションを購入しリノベーションしてみたかった

わたしたちが、家に求めた条件は以下の通り。
札幌にお住まいの方以外にはピンとこないかもしれないですが、この条件では「戸建」はほぼ不可能。

また、将来的に見ればマンションのほうがメリット大と判断し、マンション一択で物件探しをしました。

  • 札幌市の中央区
  • 地下鉄東西線沿線で駅徒歩5分以内
  • すすきのからタクシーで1,000円以内の距離

予算に照らし合わせるとなかなか厳しい条件でしたが、これにプラスして、「中古マンションを買うならリノベーションをしないと意味がない」と思っていたため、予算配分には苦戦しました(笑)

2. 「買うなら今でしょ!」という勢い

「買うなら今でしょ!」という勢い

「勢い」も理由の一つです。

住宅ローンを組めるか否かの審査(住宅ローンを組む方は事前の仮審査が必須)をまだしていない段階から、物件の内覧をはじめてしまったせいか、見れば見るほどその気になってしまい……(笑)

潤沢な資金もなく、買うタイミングはもう少し先のほうが……と悩んだ時期もありましたが、数年後確実に買えるかどうかは誰にも分かりません。

結局のところ、「買えるうちに買ってしまおう」という勢いに? 後押しされた気がします。

3. バイタリティあるうちに手を打つ

バイタリティあるうちに手を打つ

住宅ローンを組んだのは夫39歳・わたしが34歳のときでした。名義人は夫。

マンション購入の理由は、夫が40歳目前だったことにも関係します。
住宅ローンを組むという前提においては決して若くない年齢。

30年の住宅ローンを組めば完済するのは単純計算で70歳……。

ただし今は元気。そして働き盛り。
「バイタリティあるうちに手を打とう!」こう感じたことも購入に至った理由の一つでした。

夫婦共働きなので頑張り次第で繰上げ返済も可能です。
ローン控除を活かして貯金をしたり、財テクにまわしてみたり、やり繰り上手な方なら予想よりも早く完済できるかもしれません。

【実体験】中古マンションの購入費とリノベーション費用のダブルローン

【実体験】中古マンションの購入費とリノベーション費用のダブルローン

マンションの購入費用と、リノベーション費用を合わせて一つのローンを組めればベスト。
な・の・で・す・が……わたしたちはそれぞれで組んでいます。

借り入れた銀行も条件も同じですが、実際は二つのローンを返済しています。

リノベーションを前提とした中古マンションの購入は、物件探しからリノベーションの施工まで全てを1社にお任せできるパートナーを見つけるほうが、手間もコストも省けます。

ダブルローンは借り換えも手間が掛かる

ダブルローンは借り換えも手間が掛かる

住宅ローンの金利アップを阻止すべく、わたしたち夫婦がトライした金利据え置きの方法を下記に書いています。

記事内には特に書いていませんが、住宅ローンが2本あるため、ここにある交渉も2回繰り返しています(笑)
かなり面倒でした……!

賃貸のほうがお得かどうかは住まい手の考え方と物件のスペックによりけり

賃貸のほうがお得かどうかは住まい手の考え方と物件のスペックによりけり

持ち家 vs 賃貸。
自分がどれだけ生きられるのか、あらかじめ寿命が分かっていれば別ですが……損得だけで決められることでもないですよね、住宅というのは。

持ち家であれ賃貸であれ、どちらに住もうがお金はかかります。

家賃をとにかく低く抑えられれば、結果的に賃貸のほうが得になる人も居れば、立地やスペックにこだわって高い家賃を払う人なら、結果的に家を買えたのでは……? という人も居ると思います。

収入のどこまでを居住費にかけられるか、そして、家に何を求めるかも人それぞれなので損得だけでは図れないはずです。

住宅ローンはプレッシャー?

ヨコヤム
プレッシャーがないと言えば嘘になりますが、言い換えれば「不安のない人生なんて無い」ですよね?

家族・仕事・老後・貯蓄。考えたらキリがありません。

住宅ローンはその額が大きいゆえプレッシャーに感じやすいですが、賃貸であっても毎月支払わないといけない点では同じです。

360回支払うかその回数を減らせるかのゲームと捉える

30年の住宅ローンであれば、支払いは全部で360回。

この数字が減れば減るほど完済に近付き、支払が終われば家は資産になります。
賃貸はただひたすら支払うのみ。

返済額が順調に減っていくのを見届ける、スピードアップしてがんがん減らす、ローン控除の終わりを待って一気に減らす。
方法は人それぞれですが、360回という数字に置き換えると、なんだかゲーム感覚で楽しめるような気がしません?(笑)

なにはともあれ人生は一度きり。
家を買っても買わなくても人生にリスクはつきものです。

何より、住宅購入は買い物ではなく人生のプロジェクト。
無理はせず、楽しく前向きに進めていきましょう。

これから住宅ローンを組む方の不安な気持ちが少しでも軽くなりますように……!

おすすめ

住宅ローンの仮審査は一度に複数を申し込むのが効率的です。
まずはシミュレーションから


【既にマンションを購入された方限定】
アンケートに答えるだけで5,000円分のギフトカードがもらえます




リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-マンション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.