住宅ローンはみんな不安!でも大丈夫。バイタリティあるうちに家を買おう

投稿日:2019年3月29日 更新日:

住宅ローンに抵抗を感じる

車ならまだしも家はその額が違う。ローンを組むことに躊躇しない人のほうが少ないですよね?

何百万・数千万単位の頭金がある、親の援助がある、キャッシュで払える。どれにも該当しないわたしたち夫婦にとって、住宅購入は当初とても大きな壁のように感じました。

loan

結婚は人生の墓場&何千万もする家なんて必要ない。と思っていた20代でしたが(笑)31歳のときに結婚&34歳でマンションを購入したわたし。

結婚の話はともかく、30年や35年のローンを組んで家を買うなんて嫌!と長年思っていたわたしが、30年の住宅ローンを組んでマンションを購入。そしてフルリノベーションしたわけです。あの頃の思いは何処へやら?ですが、この選択に今はとても満足。

住宅ローンを組んだ理由

理由は簡単明瞭。それだけの現金がなかったからです(笑)

マンションの購入費とリノベーション費用のダブルローン

マンションの購入費用とリノベーション費用を合わせて一つのローンを組めればベスト。

な・の・で・す・が・わたしたちはそれぞれで組んでいます。借り入れた銀行も条件も同じですが、実際は二つのローンを返済しています。

リノベーションを前提とした中古マンションの購入は、物件探しからリノベーションの施工まで全てを1社にお任せできるパートナーを見つけるほうが、手間もコストも省けます

住宅ローン減税申告1年目。住宅ローン2本立ての場合に必要な控除書類まとめ

物件購入費とリノベーション費用、それぞれで住宅ローンを組んだわたしたち。「住宅ローン2本立て」の場合に必要な控除書類(確定申告)について。

続きを見る

住宅ローンを組みマンションを購入した理由

[1]マンションを購入しリノベーションしてみたかった

端的に言うとこのとおり。

札幌市の中央区/地下鉄東西線沿線/駅近/すすきのからタクシーで¥1,000以内のマンション。

予算に照らし合わせるとなかなか厳しい条件でしたがこれにプラスして、マンションを買うならリノベーションしないと意味がないと思っていたんです。意味がないというより面白くないと言うのが正しいでしょうか。

[2]勢い

これも理由の一つです。

住宅ローンを組めるか否かの審査(住宅ローンを組みたい方は事前の仮審査が必須)をまだしていない段階から、物件の内覧をはじめてしまったせいか、見れば見るほどその気になってしまい・・(笑)

潤沢な資金もなく買うタイミングはもう少し先の方が・・と悩んだ時期もありましたが、数年後確実に買えるかどうかは誰にも分かりません。結局のところ「今買えるなら買っちゃおう」という勢いに?後押しされた気がします。

[3]バイタリティあるうちに手を打つ

住宅ローンを組んだのは夫39歳・わたしが34歳のときでした。名義人は夫。

マンション購入の理由は、40歳目前ということにも関係します。住宅ローンを組むという前提においては決して若くない年齢。30年の住宅ローンを組めば完済するのは単純計算で70歳・・ですもの。

ただし今は元気。そして働き盛り。バイタリティあるうちに手を打とう!こう感じたことも購入に至った理由の一つでした。

夫婦共働きなので頑張り次第で繰上げ返済も可能です。ローン控除を活かして貯金をしたり、財テクにまわしてみたり、上手な方なら予想よりも早く完済できるかもしれません。

賃貸のほうがお得かどうかは住まい手の考え方と物件のスペックによりけり

持ち家 vs 賃貸。あらかじめ寿命が分かっていれば別ですが(笑)損得だけで決められることでもないですよね、住宅というのは。

持ち家であれ賃貸であれ、どっちに住もうがお金はかかります。

家賃をとにかく低く抑えられれば結果的に賃貸のほうが得になる人も居れば、立地やスペックにこだわって高い家賃を払う人なら結果的に家を買えたじゃん…という人だって居ます。

収入のどこまでを居住費にかけられるか&家に何を求めるかも人それぞれなので損得だけでは図れないはず。

住宅ローンはプレッシャー?

プレッシャーがないと言えば嘘になりますが、言い換えれば不安のない人生なんて無いですよね?

家族・仕事・老後・貯蓄。考えたらキリがありません。住宅ローンはその額が大きいゆえプレッシャーに感じやすいですが、賃貸であっても毎月支払わないといけない点では同じです。

360回支払うかその回数を減らせるかのゲーム

30年の住宅ローンであれば全360回の支払い

この数字が減れば減るほど完済に近付き、支払が終われば家は資産になります。賃貸はただひたすら支払うのみ。

返済額が順調に減っていくのを見届ける、スピードアップしてがんがん減らす、ローン控除の終わりを待って一気に減らす。方法は人それぞれですが360回という数字に置き換えると、なんだかゲーム感覚で楽しめるような気がしません?しないか(笑)

なにはともあれ人生は一度きり。家を買っても買わなくても人生にリスクはつきものです。

そして、住宅購入は買い物ではなく人生のプロジェクト。無理はせず楽しく前向きに進めていきましょう。これから住宅ローンを組む方の不安な気持ちが少しでも軽くなりますように・・!

 

\ 更新情報をLINEでお届け /

友だち追加
  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(37歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

「住宅購入は買い物ではなく人生のプロジェクト!」リノベーションも同様です。その第一歩となる情報収集はその後を左右する非常に大切なステップと言えます。そこで今回は、無料で資料請求できるおすすめのリノベーション会社をご紹介したいと思います。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

4

63平米・築31年の中古マンションをスケルトンリフォーム(フルリノベーション)した我が家。その工事の一部始終を一挙大公開。

独身女性 5

独身女性が住宅購入を考える主な理由は、老後の不安解消&家賃orローンの総額を考えた結果、だと思います。「独身女性は家を買うべきではない」というおかしな見方はどうかと思う、と強く言いたい。

-ライフスタイル
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.