サウナ嫌いは損!正しい入り方とおすすめの入門書「サウナーブック」

投稿日:

ヨコヤム
こんにちは!サウナスパ健康アドバイザーのヨコヤムヤムです。今回は、サウナの正しい入り方と、サウナで得られる効果、そして初心者におすすめの入門書をご紹介します。
ほんの少し前まで「サウナは苦手」と感じていたわたしが、サウナの虜になったきっかけについても書いています。
ヨコヤム

「サウナ」「水風呂」「外気浴」の3つがサウナに入るということ

「サウナに入る=サウナ室に入る」と思われがちですが、サウナの醍醐味は「水風呂」であり、究極のディープリラックス、つまり「ととのう」を体感するには「外気浴」が必要です。

わたしもしょっ中、サ室(サウナ室)を出たあと水風呂に入らず、またサウナ室へ戻る女性、または水風呂後に休憩をせず、すぐサ室へ戻る方を見かけますが、毎回心の中で「あの人は損をしている」と思っています(笑)

「サウナ=熱い=疲れる」は間違い

サウナは確かに熱いです。

湿度が低い乾燥サウナは特に、鼻や喉が痛くなる、という感覚も理解できます。

しかし、熱くなった身体を水風呂で締め、その後の休憩で得られる「多幸感」を味わえば、その熱さはむしろ有難く、最高の体験を得るために欠かせないプロセスだということが分かるはず

特に女性は、「サウナより岩盤浴が良い」「水風呂なんて無理」と仰る方が多いですが、サウナは女性にこそぴったりだとわたしは思っています。

サウナをスルーしていた過去の自分に後悔

ヨコヤム
ちなみにわたしも、ほんの少し前までは「サウナなんて無理」と思っていたうちの一人です(笑)

しかしある時、何気なく見た「YouTube大学」をきっかけに、「サウナには自分が知らない世界がある」と気付かされ、サウナに詳しい友人にお願いをして、とある施設へ連れて行ってもらったのがサウナに目覚めた経緯。

残念ながらその日は「ととのう」という感覚が分かりませんでしたが、「プールで泳いだあとと同じような爽快感」があり、全身から「むくみ」が消えていたのには、かなり驚いたことを覚えています。

案内してくれたサウナ好きの友人に「身体が軽くなりスッキリした」と伝えると、「そうそう。それがサウナだよ」と言われ、これも一つの正解なのだと何故だか嬉しくなったことも記憶しています(笑)

初めてととのうを経験した「産湯」が今はホームサウナに

ヨコヤム
初めてととのうを体験した施設のことを、サウナ用語で「産湯」と言います。

わたしのサウナーとしての原点は、下記の記事でご紹介している札幌の「極楽湯」でした。

「これがととのうという感覚か……」と、分かったときは実に気持ちが良く、身体も心もスカっとし「なにこれ!最高!」と、ひとりで突っ込んだほど、脳天を何かが突き抜けました。

以降サウナにどっぷりハマったことは言うまでもありません(笑)

サウナの良さをどれだけ伝えても、サウナに興味がなければ、ただの雑音に過ぎませんが、それでもやはりわたしは「女性にこそサウナに入って欲しい」と強く思っています。

サウナの良さ(効果)は科学的にも証明されている

後述する「サウナー・ブック」から、サウナの効能について引用すると、サウナには下記の効能があるとされています。

サウナの効能

  • 運動後と同じリフレッシュ効果と爽快感がある
  • 幸福感が高まる
  • ぐっすり眠れるようになる
  • 免疫力が高まる
  • 美肌になる
  • 優しくなれる
  • 最高のコミュニケーションがとれる

ホルモンバランスが乱れやすい女性にサウナが効果的な理由

「サウナ=おやじ」というイメージが定着している日本ですが、サウナは男女問わず効果があります。

女性は特に、男性に比べホルモンバランスが乱れやすく、それによって情緒不安定になったり、何かと不調を引き起こしがち。

心当たりのある女性は少なくないのではないでしょうか?

  • 生理周期によるイライラ
  • 疲れやすくてやる気がでない
  • 肌の調子が悪くなる

ホルモンバランスを整える方法は、「食事」「睡眠」「ストレス解消」と言われており、サウナはこの3つのうち「睡眠」と「ストレス解消」に役立ちます。

サウナに入ると血流は安静時の2倍近く亢進(こうしん)するため、乳酸が排出され疲労回復しやすくなります。

また、水風呂とサウナの交代浴を反復することとで血圧を正常に戻すだけでなく、交感神経と副交感神経を短時間で切り替えるため、徐々に自律神経が鍛えられ、結果、メンタルの安定にも繋がります。

なお、サウナに入ることでオキシトシンやセロトニン(幸せホルモン)が上昇することも科学的に証明されています。

  • サウナは疲労回復に効果あり
  • 温冷交代浴(サウナ→水風呂)によって血圧が正常に戻る
  • 温冷交代浴(サウナ→水風呂)によって自律神経が鍛えられる

サウナ初心者の入門書「サウナー・ブック(松尾大(ととのえ親方)著)」

サウナーであれば、知らない人はいない「ととのえ親方」こと松尾大さん。

ととのえ親方のプロフィール

出典:GOETHE

ととのえ親方は、福祉施設やフィットネスクラブを経営する実業家にしてプロサウナー。

サウナーに人気の専門ブランド「TTNE PROSAUNNER」を立ち上げるほか、2019年には医師とともに「日本サウナ学会」も設立。

札幌を訪れる経営者や著名人をサウナに案内し、「ととのう」状態に導いてきたことから「ととのえ親方」と呼ばれるようになったそう。

「サ道」と「サウナーブック」をセットで読めば必ず整える

サウナの入門書といえば、タナカカツキさんの漫画「サ道」を思い浮かべる人も多いです。

ドラマ化されたことで更にファンが増え、昨今のサウナブームに拍車をかけています。

サウナの入り方や効果については「サウナー・ブック」、実在するサウナについて深堀するなら「サ道」というように、2冊セットで読むことをおすすめします。

そうすればきっと、サウナに入りたくなり、ととのってみたいと感じるはずです。

そして必ずや、ととのうでしょう!

サウナの正しい入り方とおすすめの入門書まとめ

サウナのことになると、つい熱が入ってしまいますが「サウナの良さを知らないのは損」だと今は本気で思っています(笑)

サウナの聖地「フィンランド」が、世界幸福度ランキング1位となった理由とサウナに、深い関係があることも「サウナー・ブック」を読むと理解できます。

「サウナは幸福感が高まる」と前述したとおり、サウナには人を元気にする力があり、サウナのあとは実際に、何をしても楽しいです。

ビールはもちろん、ご飯も美味しい。

ついさっきまでプンプン怒っていた人も、サウナに入れば必ず「ご機嫌」になります。

あなたもぜひ、サウナでととのってみてください!

今月の人気記事TOP3

LOWYAテレビボード 1

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

パクチスト必見。パクチーが入ってないのにクセになるLOVEパクチーSAUCE 3

「世界一パクチーに合う」をコンセプトに作れられたLOVEパクチーソースをヨコヤムヤムおすすめのラブパクレシピとともにご紹介します。

-サウナのこと
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.