リノベーションはどこまでできる? 知っておきたい5つのこととよくある質問

投稿日:2019年10月16日 更新日:

ヨコヤム
「マンションの間取り変更はどこまで可能?」「キッチンの位置は変えられる?」など、住みたい家のイメージ通りに工事が出来るか不安に感じる方は少なくありません。いざという時「リノベーションには不向きだった!」なんてことのないよう、事前に知っておきたい5つのポイントを解説します。

マンションリノベーションには変えられない場所がある

マンションリノベーションには変えられない場所がある

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションをしたわたしたち夫婦。

当時は、物件探しをしながら少しづつ「中古マンションとは?」「リノベーションとは?」を勉強しましたが、所詮は素人。

「あれをしたい」「これをしたい」というアイデアは思い付いても、それが可能か否か、そのデメリットやリスクについてはなかなか分からず、その都度、不動産業者や施工会社の方に質問していたことを覚えています。

リフォーム済みの物件を買い、そのまま住むことが前提であれば、さほど気にすることもなさそうですが、フルリノベーション前提の場合は、物件によって出来ない工事や管理規約によってNGとされているルールをしっかり確認しておきましょう。

フルリノベーション(スケルトンリフォーム)の6大リクエスト

リノベーションを機に、叶えたい(であろう)リクエストを予想すると、その多くが下記に当てはまると思います。

リノベーションの6大リクエスト

大空間のLDK
対面式/アイランドキッチンへの変更
無垢フローリング
床暖房
現し天井
バリアフリー

ヨコヤム
この6大リクエストが全てクリア出来れば問題ありませんが……そうはいかないのがリノベーション!(笑)ここからは、「リノベーションはどこまで出来るの?」についてと、それを確認するために必要なチェック項目をご紹介します。

リノベーションの範囲は物件のスペックと管理規約が肝

1. 従来の工法/アウトフレーム工法/逆梁アウトフレーム

従来の工法/アウトフレーム工法/逆梁アウトフレーム

出典:スマイティ

マンションに住んだことがない方にとってはイメージしにくいかもしれないですが、マンションは「梁と柱の組み方」によって居住空間に違いが現れます。

簡単に説明すると、「部屋の中に梁と柱が張り出すかどうか?」が大きな違い。

古いマンションほど従来の工法(梁や柱が張り出す)が多く、築浅マンションにはアウトフレーム工法(梁や柱が張り出さない)が増えています。

アウトフレーム工法には二つのタイプがありますが、空間を最大限に有効利用できるのは「逆梁アウトフレーム」です。

2. 壁式構造なのかラーメン構造なのか

マンションの壁式構造とラーメン構造

出典:ひかリノベ

壁式構造とラーメン構造の違いは以下のとおり。

  • 壊せない壁がある=壁式構造
  • 壊せない壁がない=ラーメン構造

壁式構造は「壁」で建物の構造を支え、ラーメン構造は梁と柱で建物を支えます。

壁式構造の場合は、取り壊せない壁があることも多いため、ラーメン構造のほうがフルリノベーション向きですが、物件によっては必ずしもそうとは限りません。

3. コンクリートの現し天井が不可能なケース

コンクリートの現し天井

フルリノベーションで我が家も実現させたコンクリートの現し天井と現しの梁。
マンションなら問題なく出来るはず、と思われがちですが……以下の2つに該当する場合はNGとなることもあります。

  • 最上階の部屋
  • 断熱材の状態

4. フローリング禁止の有無

無垢フローリングを希望する人は年々増えていますが、ここで厄介なのがマンションの管理規約。

この管理規約に「フローリング禁止」があれば、たちまちアウトです……。

床暖房を採用したい場合も同様、事前の確認は必須です。

5. 対面式キッチンは底上げの必要があるかもしれない

リノベーションによって、キッチンの向きを変更できたとしても、配管の関係で床を高くしなければならないケースが多々あります(配管に勾配が必要なため)。

パイプスペースまでの距離や、水まわりの間取りによっては、バリアフリーにすることも難しいケースがあるため、希望する際は事前によくよく確認しておきましょう。

リノベーションによくある質問

Q. 築古マンションほどリノベーションに不安を感じる

築古マンションほどリノベーションに不安を感じる

築年数が古ければ古いほど、配管などの共有スペースやマンションの耐震が気になると思います。

マンションの規模や管理状態にも左右されますが、その点に関する不安はこちらにまとめています。

Q. 築古マンションでも住宅ローン減税を受けられますか

築古マンションでも住宅ローン減税を受けられますか

「築25年を超えるマンションは住宅ローン減税を受けられない」と言われますが、そんなことはありません!

我が家は築31年の中古マンションを購入しましたが、ローン減税が適用になっています。
ただし、旧耐震のマンションはNG……。

詳細は下記の記事をご覧ください。

Q. フルリノベーションの工事の流れを知りたい

フルリノベーションの工事の流れを知りたい

「フルリノベーションとは、一体どんな工事から始まるの?」という素朴な疑問。
その一部始終はこちらにまとめています。

マンションリノベーションまとめ

中古マンションの購入とリノベーションを成功させる鍵は、「マンションの構造」「管理規約」「周辺のロケーション」、そして「リノベーションの希望プラン」にあります。

物件探しとリノベーションのプランニングは、必ずこの4つに注意しながら進めてください。

聞きなれない言葉も多くあり、面倒に感じることもあるとは思いますが、どれも避けては通れないマンションならではの問題です。

はじめはなかなか理解しにくいため、ノートにまとめながら、あとで比較できるようにしておくことをおすすめします。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.