リノベーションはどこまでできる? 知っておきたい5つのこととよくある質問

更新日:

ヨコヤム
「マンションの間取り変更はどこまで可能?」「キッチンの位置は変えられる?」など、住みたい家のイメージ通りに工事が出来るか不安に感じる方は少なくありません。いざという時「リノベーションには不向きだった!」なんてことのないよう、事前に知っておきたい5つのポイントを解説します。

マンションリノベーションには変えられない場所がある

マンションリノベーションには変えられない場所がある

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションをしたわたしたち夫婦。

当時は、物件探しをしながら少しづつ「中古マンションとは?」「リノベーションとは?」を勉強しましたが、所詮は素人。

「あれをしたい」「これをしたい」というアイデアは思い付いても、それが可能か否か、そのデメリットやリスクについてはなかなか分からず、その都度、不動産業者や施工会社の方に質問していたことを覚えています。

リフォーム済みの物件を買い、そのまま住むことが前提であれば、さほど気にすることもなさそうですが、フルリノベーション前提の場合は、物件によって出来ない工事や管理規約によってNGとされているルールをしっかり確認しておきましょう。

フルリノベーション(スケルトンリフォーム)の6大リクエスト

リノベーションを機に、叶えたい(であろう)リクエストを予想すると、その多くが下記に当てはまると思います。

リノベーションの6大リクエスト

大空間のLDK
対面式/アイランドキッチンへの変更
無垢フローリング
床暖房
現し天井
バリアフリー

ヨコヤム
この6大リクエストが全てクリア出来れば問題ありませんが……そうはいかないのがリノベーション!(笑)ここからは、「リノベーションはどこまで出来るの?」についてと、それを確認するために必要なチェック項目をご紹介します。

リノベーションの範囲は物件のスペックと管理規約が肝

1. 従来の工法/アウトフレーム工法/逆梁アウトフレーム

従来の工法/アウトフレーム工法/逆梁アウトフレーム

出典:スマイティ

マンションに住んだことがない方にとってはイメージしにくいかもしれないですが、マンションは「梁と柱の組み方」によって居住空間に違いが現れます。

簡単に説明すると、「部屋の中に梁と柱が張り出すかどうか?」が大きな違い。

古いマンションほど従来の工法(梁や柱が張り出す)が多く、築浅マンションにはアウトフレーム工法(梁や柱が張り出さない)が増えています。

アウトフレーム工法には二つのタイプがありますが、空間を最大限に有効利用できるのは「逆梁アウトフレーム」です。

2. 壁式構造なのかラーメン構造なのか

マンションの壁式構造とラーメン構造

出典:ひかリノベ

壁式構造とラーメン構造の違いは以下のとおり。

  • 壊せない壁がある=壁式構造
  • 壊せない壁がない=ラーメン構造

壁式構造は「壁」で建物の構造を支え、ラーメン構造は梁と柱で建物を支えます。

壁式構造の場合は、取り壊せない壁があることも多いため、ラーメン構造のほうがフルリノベーション向きですが、物件によっては必ずしもそうとは限りません。

3. コンクリートの現し天井が不可能なケース

コンクリートの現し天井

フルリノベーションで我が家も実現させたコンクリートの現し天井と現しの梁。
マンションなら問題なく出来るはず、と思われがちですが……以下の2つに該当する場合はNGとなることもあります。

  • 最上階の部屋
  • 断熱材の状態

4. フローリング禁止の有無

無垢フローリングを希望する人は年々増えていますが、ここで厄介なのがマンションの管理規約。

この管理規約に「フローリング禁止」があれば、たちまちアウトです……。

床暖房を採用したい場合も同様、事前の確認は必須です。

5. 対面式キッチンは底上げの必要があるかもしれない

リノベーションによって、キッチンの向きを変更できたとしても、配管の関係で床を高くしなければならないケースが多々あります(配管に勾配が必要なため)。

パイプスペースまでの距離や、水まわりの間取りによっては、バリアフリーにすることも難しいケースがあるため、希望する際は事前によくよく確認しておきましょう。

リノベーションによくある質問

Q. 築古マンションほどリノベーションに不安を感じる

築古マンションほどリノベーションに不安を感じる

築年数が古ければ古いほど、配管などの共有スペースやマンションの耐震が気になると思います。

マンションの規模や管理状態にも左右されますが、その点に関する不安はこちらにまとめています。

Q. 築古マンションでも住宅ローン減税を受けられますか

築古マンションでも住宅ローン減税を受けられますか

「築25年を超えるマンションは住宅ローン減税を受けられない」と言われますが、そんなことはありません!

我が家は築31年の中古マンションを購入しましたが、ローン減税が適用になっています。
ただし、旧耐震のマンションはNG……。

詳細は下記の記事をご覧ください。

Q. フルリノベーションの工事の流れを知りたい

フルリノベーションの工事の流れを知りたい

「フルリノベーションとは、一体どんな工事から始まるの?」という素朴な疑問。
その一部始終はこちらにまとめています。

マンションリノベーションまとめ

中古マンションの購入とリノベーションを成功させる鍵は、「マンションの構造」「管理規約」「周辺のロケーション」、そして「リノベーションの希望プラン」にあります。

物件探しとリノベーションのプランニングは、必ずこの4つに注意しながら進めてください。

聞きなれない言葉も多くあり、面倒に感じることもあるとは思いますが、どれも避けては通れないマンションならではの問題です。

はじめはなかなか理解しにくいため、ノートにまとめながら、あとで比較できるようにしておくことをおすすめします。

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.