室内窓のメリット・デメリットとは? 目的別活用事例を徹底解説

投稿日:

ヨコヤム
フルリノベーションを機に、コンクリートの現し天井やDJブース、天井から吊ったアイアンラックなど、リビングに複数のアクセントを盛り込んだ我が家ですが、少しでも空間を広く明るく感じられるよう考えたのが、今回ご紹介する「室内窓(インナーウィンドウ)」でした。

室内窓のメリット

中古マンション購入&フルリノベーションを機に、我が家も取り入れた室内窓。

デザイン性が高く機能面でも優れているため「やってよかったこと」の一つに入る室内窓ですが、「デメリットが気になる」という方は少なくないと思います。

メリットもデメリットも、そのポイントは室内窓の素材に関係します。

室内窓のメリット

光や風が抜ける
家族の様子が分かる
インテリア性が高い

木製と鉄製で異なる室内窓のデメリット

ヨコヤム
室内窓を取り入れる際、木製か鉄製(アイアン製)で悩みますよね?
我が家は当初、アイアンを希望しましたが、予算の関係で「木製」にしています(笑)

室内窓のデメリット

  • 木製の室内窓は枠の太さに制限がある
  • 鉄製の室内窓は錆びやすい
  • スイング開閉式の窓を取り付ける場合はその位置に注意(頭をぶつけるなど、怪我をすることもある)

木製の室内窓は鉄製に比べ価格を抑えられますが、窓枠を細くした場合は強度に影響するため注意が必要です。

また、アイアン製は錆びやすいため、設置場所や日々のメンテナンスを考慮したうえで採用することをおすすめします。

ヨコヤム
質感や強度にこだわるならアイアン。コスト面を優先する場合は木製、という選び方でも問題ないかと。
設置する位置にもよりますが、パッと見はどちらも似たり寄ったりです。

目的別に見る室内窓の活用事例

室内窓を取り入れることで得られるメリットは前述のとおりですが、機能面や実用性をもう少し具体的に見てみましょう。

室内窓に求めること

  • 採光(明かりとり)
  • 空間のアクセント
  • 開放感/圧迫感の軽減

1. 窓のない玄関に採光の役割を持たせる(明かり取り)

  • 玄関の室内窓(インナーウィンドウ)

出典:Pinterest

マンションは集合住宅ゆえ、角部屋を除くと、玄関に窓がない住戸は多いはずです。

この場合、玄関はどうしても暗くなりがちですが、室内窓があれば大丈夫!
開閉式にすれば風も通りやすくなります。

2. 空間のアクセントとして設置する

リビングの室内窓(インナーウィンドウ)

わたしたちが室内窓に求めたのは抜け感とインテリア性

FIX窓にしているため、当然「風通し」の機能はないですが、空間のアクセントとしてはばっちりだと思っています。

3. プライバシーを確保しながら圧迫感を軽減させる

壁の高い位置に設置した室内窓(インナーウィンドウ)

設置する場所を限定しない室内窓ですが、取り付ける部屋が寝室などの場合は、プライバシーが気になりますよね?

その場合は、「天井に近い位置」に設置することをおすすめします。
風通しが目的の場合も同様です。

4. 室内窓で間取りに開放感を持たせる

  • 開放感のある室内窓(インナーウィンドウ)
  • たくさんの光を取り入れられる室内窓(インナーウィンドウ)

出典:Pinterest

空間の開放感は、室内窓の大きさに比例します。

窓枠のサイズが大きいほど当然、ガラス面が増えるため壁に比べると開放感を持たせられます。

また、家族の気配を感じたいときや、コミュニケーションを取りやすくしたい場合にも効果的です。

室内窓は目的に合わせて開閉式またはFIX窓をチョイス

室内窓は目的に合わせて開閉式またはFIX窓をチョイス

素材選びと合わせて悩ましいのが「開閉式にするかFIX窓にするか」ですよね?

この選択は、室内窓の使い方と目的がポイントです。

風通しを求める場合は当然、開閉式がベスト。採光だけで良いという場合はFIX窓で問題ありません。

FIX窓は「開かない窓」のこと。「はめ殺し窓」とも言います。

我が家の室内窓は木製そしてFIX窓

  • リノベーション工事中のリビング
  • リノベーションで造作した室内窓(インナーウィンドウ)

本当はアイアンを希望していましたが……コスト削減のため木製&FIX窓にした我が家。

窓枠を黒に塗装してあるため、見た目にはほとんど分かりません。
やったー!(笑)

現し天井(高さは約2.7メートル)のおかげでリビング全体に圧迫感は感じませんが、それでも室内窓を作ることで空間が更に垢抜けたと思います。

また、高めの位置に設置してあるため、リビングに居ても寝室に居ても目線は気になりません。

現し天井のリビング

室内窓の向こう側は寝室

おわりに

最近では、オフィスでもよく見掛ける室内窓。
室内に設ける窓のため、建物の構造を問わないのも魅力の一つだと思います。

また、マンションの場合は特に窓の数や位置が限られるため、明かりとりや圧迫感の軽減に役立ちます。

そのため、結果的にデメリットは気にならないのでは……? というのがわたしの意見です(笑)

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

リノベーションの基礎知識

1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。この記事では、リノベーションに関する工事の流れや必要な費用相場、また、資料集めに役立つおすすめの施工会社をまとめています。

cost 2

「中古マンションを買ってリノベーションしたい。でも、リノベーションに必要な費用がどれくらいなのか? これがイマイチ分かりにくい」というリノベ希望者のために! 今回はマンションリノベーションの費用相場と実際の施工事例をご紹介します。

3

「リノベに適したマンションの条件とは?」という切り口で、過去記事もミックスしながら各ポイントをまとめています。この記事を読めばマンションリノベーションの全てがお分かりいただけるはず!

築30年以上でも大丈夫!マンションリノベーションは新耐震基準を目安に 4

「築30年以上の中古マンションをリノベーションしても大丈夫?」という疑問にお答えすべく、旧耐震基準と新耐震基準の違い、地盤や住宅性能表示制度について参考にすべきポイントをまとめています。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.