室内窓のメリットデメリットとは? 目的別活用事例を徹底解説

投稿日:

ヨコヤム
フルリノベーションを機に、リビングに複数のアクセントを盛り込んだ我が家ですが、少しでも空間を広く明るく感じられるよう考えたのが、今回ご紹介する「室内窓(インナーウィンドウ)」でした。
この記事では、メリットばかりではない室内窓のデメリットと具体的な活用事例について徹底解説します。
ヨコヤム

室内窓のメリット

室内窓のメリット

  • 光や風が抜ける
  • 家族の様子が分かる
  • インテリア性が高い

中古マンションを購入し、フルリノベーションしたのを機に、我が家も取り入れた室内窓。

デザイン性が高く機能面でも優れているため「やってよかったこと」の一つに入る室内窓ですが、「デメリットが気になる」という方は少なくないと思います。

メリットもデメリットも、そのポイントは室内窓の素材に関係します。

木製と鉄製で異なる室内窓のデメリット

室内窓のデメリット

  • 木製の室内窓は枠の太さに制限がある
  • 鉄製の室内窓は錆びやすい
  • スイング開閉式の窓を取り付ける場合はその位置に注意(頭をぶつけるなど、怪我をすることもある)
ヨコヤム
室内窓を取り入れる際、木製か鉄製(アイアン製)で悩みますよね?
我が家は当初、アイアンを希望しましたが、予算の関係で「木製」にしています(笑)

木製の室内窓は鉄製に比べ価格を抑えられますが、窓枠を細くした場合は強度に影響するため注意が必要です。

また、アイアン製は錆びやすいため、設置場所や日々のメンテナンスを考慮したうえで採用することをおすすめします。

ヨコヤム
質感や強度にこだわるならアイアン。コスト面を優先する場合は木製、という選び方でも問題ないかと。設置する位置にもよりますが、パッと見はどちらも似たり寄ったりです。

目的別に見る室内窓の活用事例

室内窓に求めること

  • 採光(明かりとり)
  • 空間のアクセント
  • 開放感/圧迫感の軽減

室内窓を取り入れることで得られるメリットは前述のとおりですが、機能面や実用性をもう少し具体的に見てみましょう。

1. 窓のない玄関に採光の役割を持たせる(明かり取り)

  • 玄関の室内窓(インナーウィンドウ)

出典:Pinterest

マンションは集合住宅ゆえ、角部屋を除くと、玄関に窓がない住戸は多いはずです。

この場合、玄関はどうしても暗くなりがちですが、室内窓があれば大丈夫!

開閉式にすれば風も通りやすくなります。

2. 空間のアクセントとして設置する

リビングの室内窓(インナーウィンドウ)

わたしたちが室内窓に求めたのは抜け感とインテリア性

FIX窓にしているため、当然「風通し」の機能はないですが、空間のアクセントとしてはばっちりだと思っています。

3. プライバシーを確保しながら圧迫感を軽減させる

壁の高い位置に設置した室内窓(インナーウィンドウ)

設置する場所を限定しない室内窓ですが、取り付ける部屋が寝室などの場合は、プライバシーが気になりますよね?

その場合は、「天井に近い位置」に設置することをおすすめします。

風通しが目的の場合も同様です。

4. 室内窓で間取りに開放感を持たせる

  • 開放感のある室内窓(インナーウィンドウ)
  • たくさんの光を取り入れられる室内窓(インナーウィンドウ)

出典:Pinterest

空間の開放感は、室内窓の大きさに比例します。

窓枠のサイズが大きいほど当然、ガラス面が増えるため壁に比べると開放感を持たせられます。

また、家族の気配を感じたいときや、コミュニケーションを取りやすくしたい場合にも効果的です。

室内窓は目的に合わせて開閉式またはFIX窓をチョイス

室内窓は目的に合わせて開閉式またはFIX窓をチョイス

素材選びと合わせて悩ましいのが「開閉式にするかFIX窓にするか」ですよね?

この選択は、室内窓の使い方と目的がポイントです。

風通しを求める場合は当然、開閉式がベスト。採光だけで良いという場合はFIX窓で問題ありません。

FIX窓は「開かない窓」のこと。「はめ殺し窓」とも言います。

我が家の室内窓は木製そしてFIX窓

  • リノベーション工事中のリビング
  • リノベーションで造作した室内窓(インナーウィンドウ)

本当はアイアンを希望していましたが……コスト削減のため木製&FIX窓にした我が家。

窓枠を黒に塗装してあるため、見た目にはほとんど分かりません。
やったー!(笑)

現し天井(高さは約2.7メートル)のおかげでリビング全体に圧迫感は感じませんが、それでも室内窓を作ることで空間が更に垢抜けたと思います。

また、高めの位置に設置してあるため、リビングに居ても寝室に居ても目線は気になりません。

現し天井のリビング

室内窓の向こう側は寝室

室内窓に関するよくある質問

ここでは、室内窓についてよくある質問にヨコヤムヤムがお答えします。

Q. 室内窓とは何ですか?

ヨコヤム
室内窓とは、屋内にある二つの部屋の間仕切り壁に設ける窓のことを指します。採光や換気のために採用するほか、最近ではインテリアとして取り入れる方も増えています。

読んで字のごとくですが、意外と知られていない室内窓。

賃貸物件にはあまり見ないですし、注文住宅やリフォームであっても施工会社が提案しないケースも多々。

マンションはもちろん、既に家を建てた方であっても、室内であればあとから窓は増やせるため、気になる方はぜひ施工を検討してみてください。

Q. 室内窓を設置したい。おすすめ素材は何ですか?

ヨコヤム
強度を優先するならアイアン、コスパ優先であれば木製をおすすめします。

詳細は前述の見出し「木製と鉄製で異なる室内窓のデメリット」をもう一度ご覧ください。

Q. 室内窓を採用して後悔していることはありますか?

ヨコヤム
我が家は、リビングと寝室の間に室内窓を設置しましたが、後悔は全くしていません。採光だけでなく、インテリア性を兼ねることができ、とても満足しています。

後悔しないためには、下記の二点に注意しましょう。

  • 室内窓を設置する場所
  • 室内窓を設置する高さ

室内窓を設置することで「家具を置けない」「壁面収納のスペースが減った」などが考えられるため、リビングや子供部屋に設置する場合は特に注意が必要です。

また、室内窓は採光に役立ちますが、かえって目線が気になることもあります。

普段の生活や家族構成を考慮のうえ、設置する際の高さを決めましょう。

室内窓のメリットデメリットまとめ

最近では、オフィスでもよく見掛ける室内窓。

室内に設ける窓のため、建物の構造を問わないのも魅力の一つだと思います。

また、マンションの場合は特に窓の数や位置が限られるため、明かりとりや圧迫感の軽減に役立ちます。

そのため、結果的にデメリットは気にならないのでは……? というのがわたしの意見です(笑)

今月の人気記事TOP5

1

「安くておしゃれなテレビ台が欲しい」「脚付き脚なしのメリットデメリットは何?」この記事では、テレビ台の正しい選び方とともに、我が家も愛用している家具とインテリアのブランド「LOWYA(ロウヤ)」から、今おすすめのテレビ台をまとめています。

2

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

3

低価格で機能的。それでいてデザイン性の高さにも定評のある『 LOWYA(ロウヤ)』。正直「安かろう悪かろう……」というイメージがありましたが、ロウヤユーザーとなった今、その不安はどこへやら。実際に購入したテレビーボードをヨコヤムヤムが徹底レビューします。

【比較あり】家具のサブスク「subsclife(サブスクライフ)」体験談 4

実際にレンタルを体験した「サブスクライフ」の特徴と競合他社5社との比較も合わせ、サブスク家具の全容をまとめています。この記事を読めばサブスク家具の全てをお分かりいただけるはず。

5

「テレワークを猫に理解させるのは不可能に近い」です(苦笑)であれば、猫も楽しめるテレワーク環境を作ってみてはいかがでしょうか? と思い今回は、ロウヤの猫家具おすすめ6選をご紹介。LOWYA(ロウヤ)の猫家具は実に秀逸です。

-リノベーション
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2020 All Rights Reserved.