ルンバはいらない!必要ないと思う3つの理由とコードレス掃除機のすすめ

投稿日:2019年11月30日 更新日:

ヨコヤム
「掃除機をかけるのが面倒」「ペットや子供のために部屋をいつも綺麗にしておきたい」と、ルンバの購入を検討する方は年々増えていると思います。しかしながら、気になるのがその使い勝手と機能性。そこで今回は、実際にわたしがレンタルして感じた「ルンバ必要なし」の理由をまとめます。

モニターとしてルンバをレンタル

モニターとしてルンバをレンタル

実際にレンタルした「ルンバe5」

わたしも数年、気になっていたロボット掃除機「ルンバ」。
なんと先日「RoomClip(ルームクリップ)」のモニター募集に当選し、遂にルンバをお迎えする日がやってきました。

今回、使用したのは「e5」というモデル。

ルンバには、廃盤品も含めると数多くのモデルが存在します。入れ替わりも激しいですが、現在アイロボット公式サイトに掲載されているのは以下のシリーズです。

製品ラインナップ/出典:irobot

ルンバは月々1,200円からレンタルも可能

「いきなり購入するのは気が引ける」という方におすすめなのが、月々1,200円からルンバをレンタルできるサブスクプランです。

レンタル可能なモデルは3種類あり、月額料金はそれぞれ1,200円/2,800円/3,800円(税別)。無償保証は3年間、解約は13か月目以降から可能です。

出典:irobot

ルンバのメリットデメリット

「一度ルンバを使ったら……もう手放せない」という口コミを見掛けますが、わたしは正直、手放したくないと思うほどのメリットは感じません。

わたしが思うルンバのメリットデメリットは以下の通りです。

ルンバのメリットデメリット

メリット

  • 掃除する範囲を縮小できる

デメリット

  • 床に物があると掃除できない
  • 効率良く動けない
  • 音がうるさい
  • 家具にバンバン衝突する

音は想像以上にうるさいため、ルンバを使うのは家を留守にするとき以外おすすめしません。

また、家中の部屋全てを掃除できる機種もありますが、価格の安い機種は基本的に1部屋しか掃除できないのも改善して欲しいポイントです。

ルンバに向く人と向かない人

ロボット掃除機ゆえ、一台あれば便利と思われがちなルンバですが、万人受けするとは限りません。

わたしは「ルンバに向かない人」と自覚しましたが、その理由は「隅々まで掃除できないため物足りない」ことと「外出中に動かすと、どこまで掃除できたか確認できない」の2点にあります。

ルンバに向く人

  • 掃除が苦手(嫌い)な人
  • 仕事や家事・育児で時間がない人
  • 広い家に住む人

ルンバに向かない人

  • 部屋の隅々まで綺麗にしたい人
  • 神経質な人
  • 部屋にものが多い人

高機能で安価なルンバ「e5」の特徴

「ルンバe5」は、2018年10月発売開始のeシリーズに属するハイ・エントリーモデル。

従来のルンバ 900・800・700・600・500シリーズとは違い、上位機種並みの機能を持ちながら、価格は5万円前後という安さが人気の機種です。

ルンバe5の特徴

  • ダストボックスが水洗いできる
  • バーチャルウォール・ヘイローモードで侵入禁止を設定できる
  • スマホ・スマートスピーカーと連携できる
  • 稼働時間90分と充電が長持ち

ルンバe5のここに注意

「地図機能」が欲しい方はご注意ください。

誤解を招くような書き込みがあるようですが、この機種e5にはスマホ上でルンバの走行軌道を地図のように表示する機能は付いていません。現行モデルでその機能が付いているのは最上位モデルの980と960のみです。(私自身この機種e5を購入して地図機能がないことを確認しているので間違いありません)
公式サイトで各モデルが備えている機能をしっかり比較確認してから購入して下さい。
引用:amazon

【レンタル体験談】実際にルンバe5を使って感じたこと

【レンタル体験談】実際にルンバe5を使って感じたこと

我が家のルンバ基地

「部屋の隅まで掃除できない」「段差を乗り越えられないかもしれない」と、はじめから信用していなかったせいか(笑)、実際に使ったときは「意外と優秀」と感じた点もあります。

ポイント

  • ドアの敷居(段差)を乗り越えられた
  • 玄関から落ちなかった
  • 自力で基地に帰った

我が家はマンションのため階段もなく、ドアの敷居と言ってもその段差はほんのわずかですが、ルンバは問題なく作動。玄関の框(かまち)から落ちることもありません。

また、基地にうまく戻れないルンバがあると聞きましたが「e5」は問題ありませんでした。

ただし、あらかじめ床に置いてあるものを移動させるのは面倒ですし、家具にバンバンあたるのも許せません(笑)大切にしているヴィンテージの家具なら尚更です(泣)

「ルンバe5」の口コミ

段差、畳、カーペット、全く問題なくて素晴らしいです。いつも、床がきれいになっていて気持ちいいです。コードも絡む事がないので良いです。
引用:amazon

約45㎡の1LDKの部屋で毎日使用しています。
スマホでスケジュールを組んで、仕事中に掃除をしてくれるので非常に助かっています。

どこから持ってきたんだって位にホコリやごみを吸い取ってくれます。
たまに充電ドッグにたどりつけない事もありますがそこも含めて可愛い存在です。

ルンバが通れるようにと床に物を置かない癖もつき、一石二鳥です。
引用:amazon

ルンバ780からの買い替えです。
780の時と同様に毎朝6時に稼働させています。
780でもカーテン下に吸い寄せられる事は有ったのですが、
e5はカーテンに嵌まります。
見ていると、カーテンの下でグルグルと自転しているだけで、
10分、20分抜け出せない。
ほぼ毎朝そのカーテンの下に吸い寄せられ、
酷いとき(その方が多いかも)はカーテンの下に直行し、
グルグルと数十分自転した後にホームに直行するだけということが判明。
なんだこりゃ?

ルンバが動いてた筈なのに、ゴミが残ってる事が(780の時より)増えたので、
不思議に思っていましたが、残念です。
引用:amazon

wifiが家でとんでないと使えないです。
音は大きいので人がいない時間に使いましょう。
動いているのをみると愛くるしいですし、ごみもたまってると偉い偉いと思います。

多くの人が言っていますが、ルンバが物を巻き込まないように部屋を片付けるようになるのが一番大きいかなと。
引用:amazon

\ 全ての口コミをAmazonで見る /

「ルンバはいらない」と感じた3つの理由

「ルンバはいらない」と感じた3つの理由

転倒防止のため植物はテレビボードに避難

前述したメリットデメリットとも重複しますが、実際にルンバをレンタルし「必要ない」と感じた3つの理由は下記のとおりです。

  • ルンバ一台で家中を掃除できない(一部の機種は可能)
  • 部屋の隅や家具と壁の隙間など、結局は人の手が必要
  • 床に置いてあるものや家具を動かすのが手間

「ルンバに完璧は求められない」わけですが、決して安くはない家電ですから、自分がどこまでルンバに合わせられるかが購入の分かれ目だと感じます。

その点、わたしは「コードレス掃除機があれば問題ない」と思っています。

ルンバが掃除できない場所をコードレス掃除機で補うのも一つの方法ですが、それならはじめからコードレス一台で掃除したほうが早いです。

ルンバを使うときは事前対策が大切

ルンバのデメリットは、事前の対策次第で問題を解決することもできます。例えば……

床に物があると掃除できない
→物を減らす(床になるべく物を置かない)

掃除した場所を確認できない
→上位モデルのルンバを購入する

音がうるさい
→外出中にルンバを動かす

迷子になる
→上位モデルのルンバを購入する

段差で落ちる
→デュアルバーチャルウォールで進入を防ぐ

家具や壁への衝突
→緩衝材をつけるまたは進入禁止に設定する

ペットと共存できるか不安
→レンタルサービスでお試し

「要る要らない」で賛否が分かれるルンバだけに、購入を前向きに検討すべきか否か悩ましい……という方は多いと思います。

「購入したものの手放した」というユーザーも少なくないため、不安に感じる方は先ず、レンタルしてみてはいかがでしょうか。

リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤムです。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

【リノベーション失敗談】ちょっと後悔!諦めた造作洗面台と冷蔵庫問題 1

2016年に中古マンションを購入&フルリノベーションしたわたしたち夫婦。今回は、リノベーションで後悔したことや失敗談をまとめます。みなさんが同じ経験をしないで済むよう……是非この記事を参考にしてください。

独身女性 2

独身女性が住宅購入を考える主な理由は、老後の不安解消、そして家賃とローンの総額を考えた結果だと思います。「独身女性は家を買うべきではない」というおかしな見方は、どうかと思うと強く言いたい。

3

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

-暮らし
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.