yokoyumyumのリノベブログ

リノベーション・住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

スケルトンリフォーム1日目|解体前の部屋

スポンサーリンク

工事初日の様子をリポート


始まりました、わたしたちのリノベーション!
「どんな風に進めるんだろう?」と考えながら、ドキドキしつつマンションに入り、
エレベーターを上がると、玄関前は養生が。
工事前の大事な作業ですもんね、とても綺麗&丁寧に養生されていた気がします。

リノベーション工事初日の玄関前の様子

引っこ抜かれる電線


玄関に入ると、ブレーカーがこんな感じに。
家中のコンセントやダウンライトが引っこ抜かれていました。

リノベーション工事初日の玄関リノベーション工事初日のリビング天井の様子

キッチンの解体準備


わたしたちのマンションは築31年。
この通り「ザ・昭和」なキッチンです。

今では対面式が主流だと思いますが、位置はこのままで大改造します。
あえての壁付け!(その理由はまたどこかで)

リノベーション前のキッチン

これはガス栓⁉︎(その向こうにはユニットバスがあります)

リノベーション前のキッチンの様子

解体前の和室と押入れ活用法


和室は洋室に変更しますが、押入はこのまま残す予定(分かりにくいですが、中板には引出しが付いてます)。

リノベーション前の和室

「洋室に押入れ?」と突っ込まれそうですが、
ふすまの代わりにアイアンで造作したレールを設置&カーテンで隠します。
北に面しているせいか、結露の跡があったので、この方法であればそれも防げそうです(設計士さんからのご提案!)

おわりに

自分の家だというのに、現場視察はなんだかソワソワしちゃいます。
工事が始まるまでは、営業の方や設計士さんとの打ち合わせがメインでしたが、
これからは現場にいらっしゃる大工さんや、現場監督さんとのコミュニケーションが主なので、どんな方が担当くださるのか、お会いするまでちょっぴりドキドキします。

栄養ドリンクを手に、緊張しながら現場に行きましたが、残念ながら今日はお会い出来ず。
でもまだ始まったばかり!約2ヶ月間のリノベーション工事、これからも楽しみながら視察に行きたいと思います。
to be continued!

RECOMMENDこちらの記事も人気です