【PR開示】当ブログはアフィリエイトプログラムに参加しています。記事内にプロモーションを含む場合があります。

リフォーム工事への差し入れは何が良い? タイミングや頻度も解説

ヨコヤム
ヨコヤム
こんにちは!ライフスタイルリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。

この記事では、「大工さんへの差し入れは何がいい?」と疑問を抱く方に向け、実際に自宅をフルリノベーションしたわたしが、実体験をもとに詳細を解説します。

結論からお伝えすると、差し入れが必要が悩む人は、一度だけでも持参すると良いです。

渡すタイミングや、具体的な差し入れについてもまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

ヨコヤム
ヨコヤム

「差し入れはどうしますか?」というアンケート結果を紹介

Instagramのストーリーズでアンケートを実施

Instagramのストーリーズでアンケートを実施

ヨコヤム
ヨコヤム
まずは、インスタグラムで行った、差し入れに関するアンケート結果をご紹介します。

92%が「差し入れを持って行く」と回答

アンケート結果

「現場見学の際、差し入れはどうしますか?」という問いに対し、

  • 持って行く:83人
  • 持って行かない:7人

と回答いただきました。

※閲覧者数540人。うち90人の方にご回答いただきました

インスタグラムで行ったアンケート結果は、上記のとおりです。

ヨコヤム
ヨコヤム
「大切なのは気持ち」という意味から、持って行かないと回答した人も居ましたが、「手ぶらでは申し訳ない」「大したものでなくても、何か持って行きたい」という方が大半でした。

また、実際に大工として働く方から、下記のようなコメントもいただきました。

「差し入れは嬉しい」という大工さんの声

「差し入れは嬉しい」という大工さんの声

内容が何であっても差し入れは嬉しいです。

より「きちんと仕事しよう」と思います。

現場で働く大工さんや業者の方々は、差し入れがあってもなくても、予定通りに仕事を進めます。

そのため、「差し入れがない」からといって手を抜くことはないでしょう。

しかしながら、相手も人間です。

差し入れを貰って、嫌な気がする人は居ません。

ヨコヤム
ヨコヤム

繰り返しになりますが、差し入れが必要が悩む人は、一度だけでも持参すると良いでしょう。

差し入れするタイミングは休憩時間がポイント

リノベーション中の我が家の様子

リノベーション中の我が家の様子

リフォーム工事は、おおよそ9時〜17時の間で行われます。

多くの大工さんは、12時と15時のタイミングで休憩を取るため、差し入れのタイミングはこの時間帯を狙うと良いでしょう。

ヨコヤム
ヨコヤム
不安な方は、休憩時間が何時頃なのかを事前に伺っておくとベストです。

リフォーム工事で差し入れする頻度は週に一度で充分

リフォーム工事を毎日見に行く場合でも、差し入れは週に一度で充分です。

「それでは少ない」と感じる方は、三日に一度でも良いでしょう。
ヨコヤム
ヨコヤム

仮に毎日、差し入れを持って行けば、現場の方々に気を遣わせることになります。

ヨコヤム
ヨコヤム
ただし、週に一度 or 三日に一度 というのは、あくまで目安の話です。

あなたの無理のない範囲で、持って行けば問題ありません。

リフォーム工事に最適な差し入れ

リフォーム工事に最適な差し入れ

最適な差し入れ

  • ペットボトルのドリンク(コーヒー、お茶、お水、スポーツドリンク)
  • 蓋つきの栄養ドリンク
  • 個別包装されたお菓子(飴など)

差し入れするなら、季節に合った飲みものが良いです。

できれば、ペットボトルなどの「蓋つき」を用意してください。

ヨコヤム
ヨコヤム
缶コーヒーがNGではないものの、その場でうっかりこぼしてしまう可能性もあるため、蓋があると安心です。

また、おしぼりを一緒に差し入れるのも良いでしょう。

特に、手で直接食べるお菓子などを差し入れする際は、あると親切です。

避けたほうが良い差し入れ

避けたほうがよい差し入れ

  • カップコーヒー
  • 食べるとき、手が汚れるお菓子
  • 小分けされていない食べ物
例えば、温かいカップコーヒーを差し入れても、現場の方が飲むタイミングがズレてしまっては冷めてしまいます。
ヨコヤム
ヨコヤム

暑い日に、アイスクリームを差し入れするのも同様です。

また、カットされていないロールケーキやカステラなども控えましょう。

ヨコヤム
ヨコヤム
差し入れは、個々に直ぐ食べられるもの(もしくは飲めるもの)が良いです。

差し入れを出すときの声の掛け方

リノベーション工事で無垢床材を貼る様子

リノベーション中の我が家の様子

差し入れする際は、相手の手を止めないようにするのがベストです。

「差し入れです。休憩の時にでも食べてください」

と一声かけて、作業の邪魔にならない場所に置くようにしましょう。

状況によっては、「休憩どころではない」場合もあります。

差し入れを食べる食べないも含めて、あくまで相手の判断に任せることがポイントです。
ヨコヤム
ヨコヤム

リフォーム中の現場見学で気を付けたいこと

ヨコヤム
ヨコヤム
差し入れに続き、「工事中は何に注意すればよい?」に関するポイントを3つご紹介します。

1. 子供はなるべく連れて行かない

子供はなるべく連れて行かない

リノベーション中の我が家の様子

工事現場には、釘やビスなどの金物はもちろん、危険な工具もあります。

目を離した隙に、子供が触れば怪我をすることもあるでしょう。
ヨコヤム
ヨコヤム

大人であっても、足元や周囲の道具類に注意が必要なため、見学にお子さんを連れて行くのは避けたほうが良いです。

2. 職人さんの手を止めない

あなたが話しかければ、職人さんは快く対応してくれるはずです。

しかし、話が長くなれば、そのぶん手を止めることになり、工事に支障が出るかもしれません。

ヨコヤム
ヨコヤム
コニュニケーションは程々にしつつ、職人さんが仕事しやすいよう心掛けることも必要です。

3. 仕様変更や設備追加は職人さんに直接依頼しない

リノベーションの打ち合わせ前に自分たちで作った資料

わたしが実際に作った資料の一部です

現場に見学しに行くと、「やっぱり◯◯を変更したい」「予定していた工事と違う」ということもあり得ます。

そんな時は、職人さんに直接依頼するのではなく、現場担当者や施工会社の担当者へ連絡をしましょう。
ヨコヤム
ヨコヤム

多くの場合、職人さんは現場で判断できない場合が多いからです。

リフォーム工事への差し入れは何が良い?まとめ

「差し入れは持って行ったほうがいい?」と悩むときは、あなたが「差し入れを持って行きたいか?」で考えてみてください。

感謝の気持ちは、言葉でも十分に伝わります。

しかしながら、「気持ち良く仕事をしてもらいたい」という意味で、わたしは差し入れ持参をおすすめします。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

こんにちは!LSリフォームアドバイザーのヨコヤムヤムです。2012年東京から札幌へ移住。2016年に中古マンションを購入し、フルリノベーションしました。リノベと暮らしとインテリアに役立つ情報を更新中。専門誌やWeb媒体への寄稿・監修もしています。

-リノベーションの注意点