yokoyumyumのリノベブログ

住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

スケルトンリフォーム4日目|現しのコンクリート天井

スポンサーリンク

解体が一気に加速

もう少し、時間がかかると思っていた解体作業(1週間くらいかかると思ってました)は、2日間で一気に加速。
今回は、深夜の視察。照明が何もない中、パシャパシャ収めてきました。

リノベーション工事のために養生されたエレベーターの中の様子
↑エレベーターの中もしっかり養生されています

変更できないお風呂とトイレ

ユニットバスも、すっかり無くなってました。
リノベーション後は、位置もサイズも変更なしで、新しいUTが設置されます。

マンションリノベーションの場合、風呂・トイレの間取り変更は「まず無理」と思っておきましょう。(変更できないことがほとんど。キッチンは変更できる可能性あり)

リノベーション工事で古いユニットバスを撤去した後の様子スケルトンリフォームで見えたキッチンとお風呂場の境目
↑キッチン側から見たお風呂場

楽しみにしていた現し天井

続いてリビングに入ると・・天井があらわに。嬉しい!(夫婦で歓声)
コンクリートむき出しの天井は、リノベの絶対条件のひとつ。リノベ前の天井は確か、2.2メートルくらいで低かったんです。

高くしたいのはもちろん、内装やインテリアを考えると「現し以外ない!」と思っていたのが、天井撤去の理由。むき出しにすることで、40センチ以上高くなってます。

リビングと和室の解体

リビングや和室の壁も、ほとんど取り壊された様子。
解体作業は、どのくらいの音が出るんだろう・・なんて考えながら、何事もなく無事に工事を終えられるよう祈るばかり。

スケルトン状態にしたリビングスケルトンしたリビングと元和室

取り壊せないかも・・と言われていた壁

画像には写ってないですが、工事前に「もしかすると壊せないかもしれません・・」と言われていた、リビングの中の壁も、綺麗に無くなってました(ホッ)。

壊してみないと分からないことがあるのもリノベーション!それならそれで、代替え案を用意しておくことも、時には必要だったりします。

どこを見るのも興味津々なわたしたち

どんな風に工事が進められるのか、間近で見られるって楽しいです。
今回の視察は真夜中になってしまいましたが、あちこちライトで照らしては、いちいち歓声を上げていたと思います。わくわくは止まりません。
to be continued!

RECOMMENDこちらの記事も人気です