yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

スケルトンリフォーム6日目。これぞスケルトンの醍醐味!vol.1


スポンサーリンク

これぞスケルトンリフォーム 

養生がパワーアップ。これまでは、エレベーター内と、部屋の入口付近だけでしたが、マンションのエントランスもしっかり養生されています。工事が本格的に進み始めた証拠なのかも!

リノベーション工事のため養生されたマンションの入口

解体作業が加速。室内も綺麗に
天井からビロンビロンしていた配線も、ほぼ無くなってスッキリしてます。
壁に何やら文字が書かれていたり。

リノベーションで解体されコンクリートが露になったリビングの天井玄関とリビングの間の壁に解体の文字

リビングのビフォーアフター

リビングを見て、ひとりでニヤリとしちゃいました。
天井が高いので、圧迫感がなく広々と感じられるのが嬉しい!

画像の中央、床に線のようなものが見えますが、ここに壁があったんです。もともと2部屋に分かれていて、隣接するキッチンも独立していましたが、全ての壁を撤去。ここは約18帖のLDKに変身します。

解体後のリビングスケルトンリフォーム前のリビング

※解体前のリビング

表情豊かな⁈コンクリート天井

現しにしたリビングの天井。同じく現しにするダクトの雰囲気もこれを見てイメージが湧きました。
2本のダクトも、もちろん新調します。アルミホイル?のようなもので巻かれ、おそらくピッカピカのダクトがここに登場すると思います。

スケルトンリフォームで露になったキッチン天井のダクト

スケルトンリフォームだからこそ見ることができる場所


普段は見ることのできない柱や梁、配管や断熱材などを見られるのがスケルトンリフォームの醍醐味。
部分的なリフォームの場合、ここまで見られる機会は無いと思います。

『開けてびっくり・・壊してびっくり・・。』な、何かがナイことを祈りながら、残り数日の解体を見届けていこうと思います。to be continued!

RECOMMENDこちらの記事も人気です