yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

スケルトンリフォーム14日目。広がる木の香り・・待ってました無垢の床!


スポンサーリンク

広がる無垢の木の香り


待ってました、待ってましたよ、無垢の床!
大工さんが黙々と作業する中、あちこち見て回ってはひとり歓声をあげてしまいました(ヤッホーイ!)

木の表面はまだ毛羽立ちが目立ちますが、この後またすぐ養生されてしまうので、工事の終盤に手直しされるのかと。「おーおー!」といちいち歓声をあげていると「湿気には注意してくださいね」と、普段は殆ど声を発しない寡黙な大工さんから一言。

本物の木ですもんね、やっぱり縮んだり反り上がったりするんでしょうか。 とはいえ、経年変化も楽しみのひとつです。

リノベーションで無垢の床にしたリビングリビングの床に使う無垢材

新しいユニットバスも登場

何度見ても狭い。ですが、キッチンを除いた水まわりには、始めからあまり期待していないので、機能的で使い易ければそれでいいや!
本音を言えば『追焚き機能』は欲しいところでしたが、元々マンションにその機能がない場合は難しいようです。我が家にもその機能はない・・。これもマンションリノベあるあるのひとつ。

リノベーションで交換した新しいユニットバス

室内窓を造ります


リビングと寝室を隔てる壁に、室内窓を設けます。求めるのはインテリア性と抜け感。
もちろん、採光の意味もあります。この場所にこの室内窓があれば、部屋の中のアクセントにもなるはず!

そして、室内窓の隣には(画像向かって右側)チョークペイントで塗装されたドアが2つ並びます。塗り壁とドアの色合い、オーダーメイドした家具達との調和を早く見たい。

リノベーションで新設するリビング室内窓

わくわくが加速!

解体の工程を見るのもわくわくでしたが、少しづつ出来上がっていく我が家の様子を見るのは、もっとわくわくします。大工さんや、現場監督さんとお話できることも視察の楽しみのひとつになってきました。to be continued!

RECOMMENDこちらの記事も人気です