yokoyumyumのリノベブログ

住まいと暮らし・人・モノ・アート発信中 by ヨコヤムヤム

スケルトンリフォーム20日目|チョークペイントの質感

スポンサーリンク

どんどん部屋らしくなってきています。ドア枠も登場! ここまで約3週間。あっという間ですね。

リビングと寝室の間の壁に設けた室内窓チョークペイントで塗った新設するドアの枠

メインカラーは『ブラック』

分かりにくいですが、手前のガラス戸が玄関とリビングの間に新設するドア。その後ろが寝室と仕事部屋のドアです。チョークペイントで塗装済み。

そして、リビングのドアのみ、このあと更に手を加えてもらう予定(サインペインティングするんです)。
思っていたよりドアが大きくて嬉しい。この質感と色も好み!

リノベーションで新設するリビングのガラス戸

光の当たり具合で表情が違う⁈

暗めの照明なら上の画像のようにマット、明るい照明で照らすと刷毛で塗られた表面が表れてヴィンテージな風合いに。

チョークペイントで塗られヴィンテージ感のあるリビングのドア
この段ボールは足場板⁈

軽く1000枚を超える我が家のCD。これまでは背の高いラックに収納していましたが、新居ではリビングの壁に長い長い足場板を設置してCDを収納します。

正直、見せる収納は好きではないですが、背の高い家具を置くのも嫌・・。
DJブースをリビングに置く予定なので(これは夫婦共通の絶対条件)ならばCDもリビングに、と考えました。

長い長い足場板

新しいダクトを発見

NEWなダクトも付いてました。2本のダクトが、リビングの天井に真っ直ぐ伸びていきます。
今はまだ細いですが、最後にはもっと太い状態に。これもある意味インテリア!

リノベーションで剥き出しにするダクトリノベーションで新品へ交換されたダクト

少しづつ、
でも着実に、工事は進んでいきます。次はどんな感じなんだろう・・!to be continued

RECOMMENDこちらの記事も人気です