yokoyumyumのリノベブログ

ファッション系広告代理店を経て2012年東京→札幌へ移住。2016年7月、築31年の中古マンションを購入&フルリノベ。管理人ヨコヤムヤムが書く住まいと暮らしのキュレーションブログです。

『Pコン(ピーコン)』と言うのか!コンクリートに残る穴の謎

スポンサーリンク

リビングのみ、天井も梁も現しにしたわたしたちですが、今までずっと気になってたことがあるんです。
それは、梁に残るパテ埋めしたような丸い穴の跡と、天井に残る直径10ミリくらいの穴のこと。

現し梁に残る丸模様

現しにした梁に残るこの丸い模様(画像右下)。
何かで埋めたような穴ですが、これは『Pコン』と呼ばれるものの跡だそう。インスタのフォロワーさんが教えてくださいました。

f:id:yokoyumyum:20170331115931j:image

Pコンって何⁈


マンションってコンクリート造ですもんね。
鉄筋を組み、型枠をハメてコンクリートを流し込むわけですが、そのときに必要な道具のひとつを「Pコン」と呼ぶそうです。

流し込まれたコンクリートの圧力に対抗できるよう、型枠を補強するための部品と言えばいいのでしょうか。Pコンを含めて3つのパーツが必要になるみたい。

  • Pコン
  • セパレーター
  • フォームタイナット

セパレーターはコンクリート内に残りますが、Pコンは撤去されます。
コンクリート打ちっ放しの壁によく見られるあの丸い模様の正体は、Pコンを取り除いた後に残る穴をモルタルで埋めたもの、というわけです。

f:id:yokoyumyum:20170331111237j:plain
出典:http://www.asahi21.co.jp/blog/ootakuchuoh/2011/11/

Pコン跡をどう見せるか


あえて残し、それを活かして何かを掛けられるようにすることもあれば、我が家のように、穴を浅く埋めて跡を見せることも多いそう。平滑にして壁一面を丸ごと平面にするパターンもあるみたいです。

必ず残る跡なので、RC造の建築物は、型枠の木の種類やPコンのピッチなどを決める『割り付け』が大事ということと『Pコンの補修をどう見せるか?もデザインのひとつ』ということを初めて知りました。

天井を吊るための穴


今は、ただの「穴」ですが、

image
↓天井をブチ抜いたばかりのときは、こんな状態だったんです。穴のまわりから釘が飛び出てます。
当時は、これが何なのかも分からず「この釘、綺麗に取ってもらえますよね?」としか言えませんでしたが、天井から天井を吊るため(二重天井)に必要な部品の一部だったんですね。

f:id:yokoyumyum:20170331114421j:plain
出典:http://www.hands-a-design.jp/myhome/construction/208.html

ようやく分かってスッキリ

リノベーションの工事中、毎日現場に行っていたと言うのに・・今の今まで分からなかった穴の謎。
しばらく経ってようやく理解出来ました。あー、スッキリ!
コンクリート打ちっ放しの建物を見たら、Pコン跡がどうなってるのか、これからはチェックしてしまいそうです(笑)

RECOMMENDこちらの記事も人気です