ニトリのウッドシェルフを簡単リメイク!初心者も安心の3ステップDIY術

投稿日:2019年2月1日 更新日:

ヨコヤム
リーズナブルで組立ても簡単なニトリのウッドシェルフ。そのまま使うもアリですが、パイン材(ナチュラルな風合い)ゆえ「部屋の雰囲気にマッチしない」ということもありません? ということで今回は、ヴィンテージ&インダストリアルな部屋に合う簡単リメイク術をご紹介。こうすればニトリだとは気付かれまい!

ニトリのパイン材ウッドシェルフを購入した理由

かれこれずっと、リビングに置くためのラックを探していますが「これ!」というものが見つからず、困った困った。

細々としたアイテムをフェローズのバンカーズボックス に収納しているため、出来ればこのボックスごと置けるオープンラックが欲しいのですが……無い(笑)

という状況のため、欲しいラックが見つかるまでの間、ニトリのウッドシェルフで代用することに!
無印にもパイン材のユニットシェルフがありますが、金額はニトリのほうが安いです。

パイン材の色味が部屋の雰囲気に合わない

リメイク前のニトリのウッドシェルフ3段

塗装をしたナラ無垢材のフローリングや、ウォルナットのテレビボードなど、床の色味も部屋に置いた家具も、全体的に色が濃い我が家。

「ナチュラル」な雰囲気とは真逆なため、パイン材で出来たニトリのウッドシェルフは、このままだと浮いてしまいます(泣)

代用品とはいえ「かっこ悪い」のでリメイクすることに!
シェルフの側面をペイントし、棚板はヴィンテージワックスで色を変えるという作戦です。

3ステップの超簡単リメイク術

ステップ1. 塗装

オールドヴィレッジバターミルクペイントブラック

まずはペイントから。面倒なのでサンドペーパー(紙やすり)なしでそのまま塗ります。
使ったのはOld Villageのバターミルクペイント。

マットな質感がお気に入りです(自然塗料なので家の中でも作業OK。おすすめです)。
最低でも2回、重ね塗りしてください。あとは仕上がりを見て調整します。

ステップ2. ワックス

  • ニッペヴィンテージワックスウォルナッ
  • 細かい部分のワックス掛けは歯ブラシで

脚を乾かす間、棚板にワックス掛けします。
使ったのはニッペのヴィンテージワックス(色はウォルナット)。

布を使ってひたすら擦り込みます。細かいところは歯ブラシが便利。

ステップ3. 乾燥

リメイク後の男前ウッドシェルフ

あとはしっかり乾燥させて組み立てるだけ!作業自体は簡単ですが、ワックス掛けが一番疲れます(笑)

リメイクして正解!ウッドシェルフのビフォーアフター

  • バンカーズボックスとリメイク前のウッドシェルフ
  • バンカーズボックスとリメイク後のウッドシェルフ

バンカーズボックスを仮置きしてみました。

ヴィンテージワックスだけを使って、ウォルナット一色にすることも考えましたが、脚をブラックにして正解だった気がします。
黙っていればこれがニトリだとは気付かれまい!

メディアに掲載されました

2017/6/8追記

GO OUT Livin' Vol.9」 に我が家が掲載されました。リメイクしたウッドシェルフも載っています。

2017/8/30追記

smartインテリア別冊「 部屋改造&DIY最強マニュアル 」にリメイクしたウッドシェルフが掲載されました。

リメイクは面倒……という方におすすめのオープンシェルフ

リメイクは面倒……という方におすすめのオープンシェルフ

出典:LOWYA公式

「DIYは手間……」「リメイクするのは面倒」とお考えの方には、はじめから気に入るシェルフがあれば一番ですよね!
「リメイクしないで済むなら、多少高くても良い」と、わたしも思います(笑)

そこでおすすめなのが、ニトリではなく……LOWYA(ロウヤ)!
ウッドタイプからスチール製まで、ニトリには無いデザイン性がロウヤの魅力です。

わたしも度々、ロウヤで家具を購入しています。

出典:LOWYA公式

LOWYA(ロウヤ)で人気のオープンシェルフ

ニトリに関するおすすめ記事と簡単リメイク特集

ヨコヤム
ニトリデコホームとニトリエクスプレスの違いや、ニトリのベストバイアイテムについても記事にまとめています。「ストーンディフューザーロレ」は特に反響のあった記事です。

ヨコヤム
また、誰でもできる簡単リメイクやDIYについての記事も人気です。どれも実用的なアイデアだと思うので気になる方はぜひ、各記事を参考にトライしてみてください。



リノベーションの資料請求おすすめ3社

【第1位】マイリノ

異業種とのコラボで知られるグローバルベイスの「マイリノ」。都心でマンションリノベーションをお考えの方におすすめです。デザイン性の高いオーダーメイドリノベーションの世界を、資料でぜひご覧ください。

【第2位】リノベる。

資料のクオリティが高い!と評判の「リノべる。」も無料で請求可能です。多くの施工事例を見られるほか、具体的な費用も掲載されているため、参考になること間違いなし!

【第3位】リノデュース

20年以上の施工実績があるリノデュースでは「リノベーションのことがよく分かる資料」として、パンフレット、スタイルブック、サービスブックの3つを無料で配布しています。リノベ初心者におすすめです。

  • この記事を書いた人

ヨコヤムヤム

ライフスタイルリフォームアドバイザー・ヨコヤムヤム(38歳♀)です。2012年結婚を機に東京→札幌へ移住。中古マンション購入&フルリノベーションの実体験をもとに自宅の全てを公開中。現在はフリーライターとしても活動しています。

いま一番読まれてます!

1

インスタでお馴染み、そして大人気の「Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)」は、タイトルにあるとおり定期的にお花を届けて貰えるサービスのこと。この記事では、初回無料クーポン載せています♪

2

自分の住むマンションの給水方式を「知っています」という方は、意外と少ないように感じます。

【洗面台DIY】ダサいミラーキャビネットをインダストリアルにリメイク 3

新品に交換されたユニット洗面台でしたが日に日に嫌だという気持ちが強くなり…ならば自力でやるっきゃない!とプチリフォームを決意。

-DIY
-

Copyright© yokoyumyumのリノベブログ , 2019 All Rights Reserved.